マイレージは「貯める派」「貯めない派」どちらが得か?損か?

マイレージは「貯める派」「貯めない派」どちらが得か?損か?
今回のテーマは、

マイレージは「貯める派」「貯めない派」
どちらが得か?損か?

について紹介します。

「マイルって複雑そうだし」
「面倒そう…」

という人もまだまだいますが、

何万円もする航空券が無料で手に入ったり、

余計な手続きも不要で
貯まれば貯まるだけ確実に
恩恵に預かれるのですから、

入るのはお得と言えます。

しかし、

マイレージ全盛期はもう終わり、
最近では「貯めない派」が多くいるといいます。

マイレージを貯めて
無料航空券をゲットする

果たしてそれは本当にお得なのか?
それとも損なのでしょうか?

マイレージは「貯める派」「貯めない派」
どちらが得かについて実情を探ってみましょう。

スポンサーリンク

マイレージはとは何なのか?

基礎的な知識は知っている
人もいるでしょうが、

簡単に説明すると、

マイルを貯め、さまざまな
特典に変えるサービスが
マイレージプログラムです。

航空会社に登録(無料)すると、
マイレージが送られてきます。

チェックイン時にそれを提示すると、
マイルが貯まっていきます。

それを加算し、一定マイルに達すると
無料航空券などが手に入ります。

成田ーロサンゼルスを往復すると、
1万マイル強がたまります。

航空会社によって違いますが、

日本とアジア往復の
無料航空券をもらうには
3万マイルほどが必要です。

つまりロサンゼルス3往復ほど
貯めれば良いと言う計算です。

ちなみに格安航空券と
正規割引航空券でも

マイルの積算率に差があり、

同じ距離を飛んだとしても、
積算率次第で貯まるマイルには
大きな違いが出ます。

マイレージに関しては
割引航空券の方が条件が良く
値段の差、以上に得したり損したりします。

マイレージはを賢く「貯める派」のやり方

ここで、マイレージカードは
クレジットカードなどとの提携が
進んでいます。

クレジットカードを使うと
マイルが貯まるプランです。

つまり普段の買い物をカードで
済ます事で、自然と参るが貯まり、

ある程度貯まればタダで
海外旅行ができるという事、

もうひとつ知っておきたいのが、

航空会社の提携(アライアンス)が進み、

そのアライアンスに加盟している
航空会社に乗れば、

マイルが貯まるプログラムも
広がっています。

例えば、ユナイテッド航空と
全日空はスターアライアンスに
加盟しています。

全日空に乗っても
ユナイテッド航空のマイレージカードに
加算する事が可能になってきています。

例えば、

ユナイテッド航空であれば
スターアライアンスなので
ANAのマイルに、

ワンワールドのキャセイ
パシフィック航空ならば、

JALのマイルのそれぞれ貯められ、

マイルを使う際も、アライアンス内の
航空会社であれば、

ANAやJALのマイルを使って
特典航空券に変えれます。

他にもデルタ航空が所属する
スカイチームのアライアンスもありますが、

日本の航空会社は参加していないので
マイルを貯めるのはこんなんでしょう。

マイレージは「貯める派」のメリット

細かいマイルを貯める戦略は
たくさんあるのですが、

お得に使う基本戦略としては、

1.特定の航空会社(アライアンス)
に絞って決め打ちし

2.積算率の高い航空券を選び

3.普段の買い物をクレジットカードを使う

という事を続けていれば
自然とマイルは貯まるでしょう。

マイルの最大の強みは、

航空会社の上級会員になれる
と言う点ではないでしょうか、

各航空会社は搭乗率の高いお客、

つまり優良顧客を囲い込む為に
上級会員制度を用意しています。

これはマイレージとは別に
登場ポイントを貯める必要があり、

買い物では貯まらないので
飛行機にのらない限りは
上級会員にはならないのですが、

上級会員になれば
ボーナスマイルが加算されたり、

特典航空券のキャンセル待ちを
優先的に割り当ててもらえたり、

航空会社のラウンジが使用できたり

エコノミー利用であっても
ビジネスクラスのカウンターで
チェックインできたり、

到着後に機内預け荷物が
優先的に出てきたりと、

様々なお得なサービスが受けられます。

旅の快適さと言う点では、
一気に変わるので、

飛行機のヘビーユーザーになるなら
ぜひとも使いこなしたい所でしょう。

マイレージを貯めない派は得か?損か?

しかし最近では、
貯める派と貯めない派に分化
していると言います。

マイルを貯めてもなかなか
無料航空券が手に入らない
と言う実情があるからです。

マイルを貯める人が増え、
無料航空券用の席がいっぱいに
なってしまうのです。

また安い航空券の中には
マイルが貯まらないタイプも登場します。

また、アライアンスに入らない
航空会社やそもそもマイルのない
LCCなどは、

その分チケット代が安いです。

トータルで考えれば、
そうした安いチケットを買う方が
お得という計算にもなります。

人の心理として、

タダでチケットがもらえる特典
ボーナスに魅力を感じますが、

実際には得をしている気分になるだけで
損をしている計算になる事もあります。

だからこそ、

少し高くてもマイルを貯めるか、
或は運賃を優先させるか、

この辺りが判断基準と言えます。

マイレージは「貯める派」にも
メリット、デメリットがあり、

「貯めない派」もメリット
デメリットが存在します。

一概にどちらが得か?損か?は
言いにくいのですが、

旅のスタイルによって変わるでしょう。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>