海外放浪の為の旅行会社、トラベルエージェンシーの賢い使い方


今回のテーマは、

海外放浪の為の旅行会社、
トラベルエージェンシーの賢い使い方

について紹介します。

LCCの航空券や格安航空券など

いまやオンライン上で
航空券の購入が完結する

というのも当たり前になってきました。

インターネットでチケットを買う、
旅のプランを立てるという技術は
当然必要ですが、

やはりまだだま対面にも
メリットがあります。

海外放浪の旅に出る人は
旅行会社、トラベルエージェンシーの
賢い使い方を知っておかねばいけません。

では自分の旅に見合った航空券を
どうやって手に入れていくのか、

航空券をリサーチしたら、
旅行会社に電話をしましょう。

メールのやり取りはお勧めできません。

航空券は条件や日程などによって
様々な料金設定があります。

それをひとつひとつメールで
確認していくと時間ばかりかかってしまいます。

旅行会社に連絡をし、
疑問や要望をどんどんぶつける事です。

それを通じて、航空券の
ルールも分かってきます。

こうしたやり取りが
海外放浪の旅に役に立ち、

海外で航空券を買う時の参考にもなります。

そして、もちろん
納得できる航空券も入手できるのです。

スポンサーリンク

旅行会社、トラベルエージェンシーの役割

基本的に、旅行会社の役割として、

「格安航空券」「割引航空券」

の違いがあります。

値段の設定が自由に決められ
なかった日本では、

格安航空券として
代理店がチケットを売るのが
主流でした。

払い戻しができない、
航空会社の変更ができない、
予約内容の変更ができない、
ピーク時は希望便が確保できない、

などデメリットもありますが、

安いと言う意味では格安航空券には
メリットがあります。

HISやエアーリンクなど
格安航空券を扱う旅行会社は
たくさんありません。

同じ航空会社の格安航空券でも
旅行会社によって、

数千円程度の値段の開きがあるので、
数社に問い合わせて、

同じ日時の同じ便で
値段を比べるのも賢明です。

旅行会社、トラベルエージェンシーのメリット

ところが最近では、

旅行会社を通さず、航空会社が
自ら販売する割引航空券も
かなり安くなっています。

サイトを通じて検討し、
クレジット決算も出来るので、

夜にゆっくり検討して
購入する事が出来ます。

格安航空券よりも安い事もあります。

ただ、逆もある事は
頭に入れておいた方がいいでしょう。

航空会社は自社で販売する一方で、
ホールセラーという問屋を通じ、

旅行会社で販売するチャンネルを
もっています。

自社販売が思わしくないとき、
このルートで安い航空券を販売する事もあります。

予約、購入の前に、
旅行会社にコンタクトをとっておく事が
賢い使い方と言えます。

トラベルエージェンシーの人と
仲良くなっておく事はメリットがあります。

あなたの希望をできるだけ
叶えようとしてくれる、

耳寄りなキャンペーンを
教えてもらえる、

何かあった時に助けてもらえる

など人とのつながりがあれば
いざという時に安心です。

ただ安さや値段だけを追求すると
見えなくなる部分があるので注意が必要です。

またネット情報ですべて
情報収集を済ませるのも考えものです。

生身の人と通じた情報と
ネット上の情報には違いがあります。

そしてなにより、

日本の旅行会社、トラベルエージェンシーの
賢い使い方を知っておけば、

現地で海外でのトラベルエージェンシーを
活用する時にも役立つのです。

現地のツアーに参加したい、
どうしてもホテルを予約しておきたい、
旅のプランの意見が欲しいなど、

彼ら旅のプロのアドバイスを
受ける機会はやはり出てくるものです。

また、専門を絞った旅行会社、
トラベルエージェンシーというのも
興味深いです。

例えば世界一周旅行を専門にする
「世界一周堂」さんであれば、

世界一周の旅をするなら
非常に心強いですし、

ビザやバウチャーが必要な
ロシアへの旅行であれば、

それ専門の旅行者もあります。

南米に強い旅行会社、
アジアに強い旅行会社など、

旅のスタイルによっては
そうした会社を上手く使うのも
賢い使い方と言えるでしょう。

格安航空券の探し方の基礎知識

インターネットであれ
代理店であれ、

また安い航空券を探すとき
以下の点も考慮しておきましょう。

・オフシーズンの方が安くなる

・週末利用は高めの運賃になります。

出来るだけ平日出発で、
平日帰国のパターンを選ぶと
安くなります。

・近距離の場合、

朝出発する便よりも
夕方出発する便の方が安いです。

復路はその逆で、現地を
朝に出発する方が安くなります。

これは短期間の利用者が
現地滞在時間を出来るだけ
長くしたいためです。

バックパッカーの海外放浪者ならば
その逆を狙えば良いのです。

・一概には言えませんが、
直行便より経由便や乗り継ぎ便のほうが
安くなる傾向があります。

経由便と言うのは
飛行機の便名は変わらないが、

途中の都市に寄るものです。

乗り継ぎ便と言うのは、
途中の都市で飛行機を乗り継ぐものです。

便名も変わり
航空券も二枚になります。

これらの事情をふまえ
賢く旅行会社、トラベルエージェンシーを
使いこなし世界へ出ましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 恵比寿 より:

    とても参考になるブログですね。記事を楽しみにしています。

    さて、誤字がありましたのでお知らせします。

    などでメリットもありますが、
    →などデメリットもありますが、

    何か会った時に助けてもらえる
    →何かあった時に助けてもらえる

    現地のツアーに酸化したい、
    →現地のツアーに参加したい、

    よろしくお願いします。

    • admin より:

      恵比寿様、コメント・ご指摘ありがとうございます。
      修正させて頂きました。今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>