海外放浪のための航空券の賢い買い方、安く買える仕組みと方法

海外放浪のための航空券の賢い買い方、安く買える仕組みと方法
今回のテーマは、

海外放浪のための航空券の賢い
買い方、安く買える仕組みと方法

について紹介します。

もちろんLCCの安さは魅力ですが、

LCCで行ける国はまだ限られていて、

直航便で行きたいとか、
マイレージを活用したいとなると、

海外放浪の旅であっても
大手の航空会社を使う事になります。

ここで、

航空券の値段は一律ではない、

という事は知っている人は
知っているでしょう。

どんな値段であっても
同じサービスを受けられ、
無事に目的地に着く事が出来る訳ですから、

できるだけ安く買える方が
嬉しいものですね。

その為には、

価格サイトに振り回されない事、

航空券が易くなる構造の理解

が重要となります。

スポンサーリンク

格安航空券と割引航空券の賢い買い方

旅行会社が販売する
格安航空券と

航空会社が提供する
割引航空券が混在する世界ですが、

安くなる原理は共通しています。

そしてそれを教えてくれるのは
旅行会社なのです。

海外放浪の旅に出るにあたり、

日本初の航空券の主流は
やはり格安航空券です。

これは団体割引の応用と言う
形でスタートしたもので、

日本独自の航空券と言って良いでしょう。

これは旅行会社を通じて
販売されます。

その後、日本では航空会社が
自ら割り引き運賃を設定して

自社のサイトなどを通じて
販売する航空券も生まれてきました。

これをこのサイトでは
割引航空券と呼びます。

自社で売り出す割引航空券

日本の航空会社で言えば

「スーパーエコ割」は
ANAの世紀割引航空券で
「エコ割」のひとつです。

航空会社は自社の正規割引券に
オリジナルの商品名を付けて

ANAは

「エコノミークラスの割引運賃」

という意味の「エコ割」が
正規割引航空券の名前で、

JALの場合なら

「ダイナミックセイバー」

という運賃名があり、

空席状況によって料金が変動し、

いずれも予約期間が早いほど
値段は安くなっています。

日本では2008年に、

正規割引航空券の値下げ限度額が
撤廃されました。

この法規制によって、

予約の埋まり具合で
値段が決まる、

「割安な」正規航空券が
登場したという訳です。

さらに、国土交通省は2010年に、

以前は運賃を変更する度に
申請が必要だったものを

事後申告で良いとしました。

これで航空会社は運賃額変更
の旅に届け出をする必要がなくなり、

直前の料金変更など、

格安航空券と同じく、
自由な運賃設定ができるように
なったのです。

こうした割引航空券は、
格安航空券より安いケースもあるのです。

航空券が安く買える仕組みと方法

海外放浪者が航空券を買う場合は、

このどちらかを選んでいくかが
最初の選択肢となります。

しかしこの2種類に航空券は
実際には混在する事があります。

航空会社は割引き航空券の
売れ行きが悪い場合、

航空会社名を伏せて
格安航空券として販売することがあります。

また大手航空会社が仕掛ける
キャンペーン航空券と言うものもあります。

海外放浪の旅に出ようと考えて
航空券を買おうとする場合、

まず見るのは、
インターネットの価格サイトでしょうか。

嬉しくなるほど安い料金が
並んでいます。

しかしその料金で希望通りの
航空券が買えるとは限りません。

多くの飛行機の座席は
ファーストクラス、ビジネスクラス、
エコノミークラスに分かれています。

海外放浪のバックパッカーの旅であれば、
エコノミークラスを選ぶのが普通でしょう。

しかしこの数年で、
エコノミークラスの運賃も
細かく分かれてくるようになっています。

条件面の違いで
分けられる事が基本ですが、

最近では全く同じ条件でも、
料金が違う事も珍しくありません。

海外放浪のための航空券の賢い買い方

こうした航空券はどちらかというと
プローもション的な色彩が強い料金です。

当然そういう安い席は真っ先に売れるので、
航空会社もこの料金の割当座席を
少なくしているので、

すぐに埋まってしまうのです。

しかし満席でもあきらめるのは早いです。

料金が細かく分かれていると言う事は、
もう1000円プラスすれば、
席が取れるかもしれないのです。

価格サイトのネックは、
有効期間にも現れます。

最も安い旅行券ほど、有効期間が短いです。

それは当然の事で、
半年の旅行を計画しても、

検索結果で表示されるのは
10日間有効と言った航空券ばかりです。

でもここでもあきらめては行けません。

航空券にはいろいろな種類があり、
料金は変わってきますが、

1ヶ月有効、半年有効のチケットもあり、
最長で1年あるからです。

市場原理に合わせて
格安航空券も割引航空券も

コロコロ値段が変わるのです。

だから旅の目的に合わせて
しっかり選んで賢く買う事が重要です。

値段だけ安くても、例えば

空港に行くまで自分の席が
どこになるか分からないという状況は
ウェブかの進んだ現代社会では時代遅れです。

正規割引券であれば、
座席指定がしやすかったり、

ANAやJALであれば、
マイレージの加算率がツアー用の
航空券や格安航空券より高かかったり、

ウェブサイトから買う事で
発券手数料も無料になります。

海外放浪のために
航空券を賢く買うためには

安く買える仕組みと方法
を知っておく必要があります。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>