海外放浪者が格安で日本を出る方法、目的によって変わる旅の手段


今回のテーマは、

海外放浪者が格安で日本を出る方法、
目的によって変わる旅の手段

について紹介します。

海外放浪者がいかに格安で島国である
日本を出るか、、その方法を
考える事で旅のスタイルは変わります。

目的によって旅の手段は
変わるのです。

通常の飛行機
LCC
フェリー

…日本を出る方法は
いくつか種類がありますが、

訪ねる目的地やコースによって

ルートを決めていくのが
旅の第一歩と言えます。

日本は島国なので
海外に出るためには
海を渡らなければ行けません。

であれば飛行機…と考えるのが
一般的ですが、

日本を出るのはフェリーと言う手もあります。

そこで考えるべきは
まずどの国に向かうかと言う問題です。

特定の目的地を決めず
気分で旅を続ける方法もあります。

最近では安いLCCという
航空会社も出現しており、

それもプランに加えておくと

旅の費用は節約できるだけでなく、
様々な街を訪ねる事もできます。

これから旅の応用をふまえた
日本を出る方法を考えてみましょう。

海外放浪者が格安で日本を出る方法

まず南米アメリカや欧州、
アフリカを回ってみたい人であれば

安い航空券を探す事になります。

日本から北アメリカへは
直行便利用になります。

アジア系航空会社、
アメリカ系航空会社が

運賃競争を続けています。

日系航空会社は
これまでやや高い値段設定でしたが、

日本航空の経営破綻を受け、
その状況も変わってきました。

時期によっては
日系航空会社が安い事もあります。

ヨーロッパへは、

ソウル経由の韓国系航空会社や
台北経由の台湾系航空会社が
安定して安いです。

しかしヨーロッパ系航空会社が
プロモーション的に安い航空券を
出す事も珍しくありません。

日本は
世界一航空券が高く
世界一航空券が安い国

と言われる事があります。

これは正月などの
トップシーズンでは
世界一高くなり、

オフシーズンでは世界一安くなる
と言う意味です。

バックパッカーの旅であれば

航空券が高くなる
トップシーズンは避ける事です。

この時期に飛行機に乗るのは
休みが自由に取れないサラリーマンたちです。

格安チケットを手に入れるには
まず安い時期を狙うのが得策です。

バックパッカーなど海外放浪者が
利用するのはやはり格安航空券と呼ばれる
航空券でしょう。

目的によって変わる旅の手段

海外放浪者が格安で
日本を出る方法として、

最近、急速に路線網を
広げているLCCも良いですが、

この航空会社の路線は
中短距離に集中しており

それを乗り継いで欧米に行き、
再び乗り継いで日本に帰るとなると

実際には格安航空券より高くなります。

LCCの価格的なメリットがあるのは、
中短距離と世界一周のルートと
思った方が良いでしょう。

東南アジアやインド方面であれば
LCCは充実しています。

日本に乗り入れているのは
関西国際空港着のセブパシフィック航空
などがありますが、

関空とマニラ間は片道2万円とやや高く
アジアのLCCが乗り入れている都市まで、

格安航空券で向かう方が
安くなる事もあります。

東南アジアで最も路線数が多いLCCは

クアラルルンプールを
拠点にしたエアアジアです。

日本の付近では
台北、杭州、深圳などに乗り入れ

日本にも2010年に就航しました。

台北、深圳には
タイのエアアジアも乗り入れています。

シンガポールを拠点にした
タイガーエアウェイズも

路線網を広げてきて
選択肢は豊富です。

日本からは台北か杭州まで
旅行会社を通して

安い格安航空券を手に入れれば

日本を出るための
航空券代はだいぶ節約できます。

杭州は上海からバスや
列車を利用しても良いので、

上海まで安い航空券を
手に入れても良いですね。

最近では航空会社が売り出す
割引航空券もかなり安くなっており、

これはインターネットで
買う事もできます。

その値段もチェックしておくといいでしょう。

ただし日本初の格安航空券は
往復でないと安くなりません。

往復での値引きも有効期間が
短いほど安くなります。

半年や一年と言った期間の
旅の計画をしている人には不向きです。

海外放浪者がフェリーで日本を出る方法

それを補うのがフェリーと言えます。

片道切符が安く手に入ります。

関西からは上海まで
フェリーが就航しています。

関西や下関、博多と釜山を結ぶ
フェリーも面白いでしょう。

韓国から中国までの
フェリーも出ているので、

それを使えば良いのです。

残念ながら沖縄と台湾を
結ぶフェリーはなくなってしまいましたが、

今の所安い運賃で日本を出て
中国に渡るのが

アジア型の旅のコツと言えるでしょう。

ロシア方面にもフェリーが就航していますが、

最近、ロシアではビザが
厳しくなってきています。

ロシア国内の移動やホテルなど
すべて手配した後でないと
ビザはとりにくいので、

バックパッカー向きとは言えなくなってきています。

最近では片道のメリットとして
LCCと言う手もありますが、

フェリーで日本を出るというのも、
なかなか趣があります。

日本を出る方法もいくつか手段があります。

以上、目的によって変わる旅の手段を認識し、
海外放浪者が格安で日本を出る方法を
ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>