王道の世界一周・アライアンスの航空券で効率的な旅のススメ


今回のテーマは、

王道の世界一周・アライアンス
の航空券で効率的な旅のススメ

について紹介します。

一口で世界一周旅行券といっても
色々と種類が存在しますが、

より確実に、より効率的に
世界一周をしたい放浪の旅人や

行きたい場所の多い旅人は
アライアンスのルートによる

世界一周航空券の
利用をお勧めします。

時間のないバックパッカー、

例えば、長めの有給休暇を
使うサラリーマンバックパッカー
からすると、

手配や下調べにそれなりの
時間がかかったり、

かつ帰国日が読みにくい
陸路の旅やLCC利用の世界一周は
少しハードルが高いかもしれません。

そういったタイプにオススメが、

王道の「アライアンスを利用した世界一周」
なのです。

スポンサーリンク

航空会社のアライアンスとは何か?

アライアンスというのは
企業間提携の事で、

自動車業界ではルノーと
日産が有名ですが、

航空業界では現在
3つの大きなアライアンスがあります。

ANAが加盟するスターアライアンス
JALが加盟するワンワールド、

そしてスカイチームという三つです。

マイレージを貯めるマイラーは
この辺りに詳しいでしょうが、

このアライアンスに入っている
航空会社は、

お互いの乗客をお互いの便に
搭乗させる共同運行をして、

効率的な乗客集めや
運行ができるため座席を埋めやすい
などメリットがあります。

また利用者にとっても、

チームごとのマイレージが貯められたり
ラウンジを使えたりと、

メリットがあるのですが、

このシステムを使った世界一周の
手段があります。

アライアンスの航空券で効率的な旅

航空会社の提携(アライアンス)が
進んでいる現在では、

各社の便がある都市をつないで
世界一周ルートを組んで割安で
発見できるようになっています。

「大西洋と太平洋を1回ずつ
渡り出発地に戻る事」

「便がある場所にしか降りられない」

などルールがあるのと、

途中のルート変更が面倒な場合があるのは
デメリットと言えるでしょう。

ある程度の計画性と、
途中でやめない精神力が必要です。

それでもピーク時にも料金が
あまり変わらないなど、

アライアンスは特に
価格面のメリットは大きく、

さらに1度の世界一周で
マイルが大量に貯まると言った
メリットは大きいです。

世界一周堂という旅行代理店は
世界一周券を専門にしている
興味深い会社です。

ここでは専門旅行会社
「世界一周堂」が発見するルートを
二つ紹介しましょう。

スターアライアンスを使った王道の世界一周

ルート1.スターアライアンスの利用

バックパッカーにオススメなのが
この旅行券です。

まずはバンコクに入りカオサンに滞在、

そこからインドに向かい、
バックパッカーの聖地コルカタから
陸路でデリーに、

インドからは一気にイスタンブールに飛びます。

ここからは、バックパッカーに
人気の街を点で結んだフライトになるので、

じっくりと滞在して周囲の街や
国々を見て回ります。

料金も格安でエコノミークラスで
30万円から、

ビジネスクラスでも60万円
ほどで世界を一周することができます。

さらにマイルもいっぺんに増えます。

3万マイルあれば東南アジア行きの
特典航空券が手に入るので、

次の旅への楽しみも増えます。

日本の航空会社はANA(全日空)が
スターアライアンスと提携しています。

ワンワールドを使った王道の世界一周

ルート2.ワンワールドの利用

これは世界遺産マニア向けのルートです。

旅の始まりはオーストラリアの
エアーズロック、

アメリカ大陸に一気に飛んで
ラスベガスからグランドキャニオンへ、

リマから行けるマチュピチュ遺跡を
堪能した後は、

イースター島でモアイ像を見物、

ここからヨーロッパをぐるりと周り
バルセロナに降り立ちガウディの
サグラダ・ファミリア大聖堂を干渉、

アンマンではペトラ遺跡へ、

旅の締めくくりはデリーから
ほど近い白亜の宮殿タージマハル

世界の自然や歴史の見所を
一気に回る贅沢なルートです。

日本の空港会社はJAL(日本航空)が
ワンワールドに提携しています。

世界一周旅行はは案外簡単だ

以上、王道の世界一周・アライアンス
の航空券で効率的な旅が出来ます。

便利なこのチケットですが、

例えば、

同じ都市に滞在できるのは一度だけ、

地域によって行けない地域があったり、
便が少ないエリアがある

などもちろんデメリットも
あります。

色々とあなたの旅のスタイルを
考えて手段を選んで欲しいのですが、

アライアンスチームを活用した方法
以外にも、

この逆に、こうしたアライアンスに

加盟していない独立系の
航空会社を使う方法もあります。

日本発着の航空会社で
アライアンスに入っていない、

エバー航空、マレーシア航空など

こうした独立系の航空会社は

席があまりがちなので、
その余った席が安売りされる事があります。

同じ行き先で飛んでいる
競合他社より

安い航空券をバンバン出すのが特徴です。

またLCCを活用した世界一周など
プランはいくつかあるので、

今後紹介して行きますが、

あなたの旅の目的や予算などに応じて
色々な選択がある事を知っておきましょう。

今回のプランもぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>