LCCを使った世界一周の空の旅の航空券の費用も格安に時代へ

LCCを使った世界一周の旅のルートで費用も格安に時代へ
今回のテーマは、

LCCを使った世界一周の旅の
ルートで費用も格安に時代へ

について紹介します。

前回王道の世界一周ルートを
紹介しましたが、

あくまで王道は王道、

それなりに費用もかかります。

しかし今の時代は、

世界一周の旅行券も
LCC(ローコストキャリア)を
使う時代に入ってきました。

LCCを使えば、片道切符をつなぎ
各地を転々としながら旅を
する事ができるのです。

旅はもともと自由なものですが、
LCCの誕生で自由はさらに増したのです。

とは言え、

「世界一周はさすがに無理…」

と思う人もいるでしょう。

確かに以前は無理でした。

しかし欧米で発達したLCCが
アジア・太平洋にも広がり、

短距離路線に特化していたLCC
が中距離と線に進出するようになり、

世界一周も可能になりました。

どのようにつないでいけば
LCCで世界を回れるのか、

その費用も格安に周る
ルートを紹介します。

スポンサーリンク

LCCを使った世界一周の旅

前回は陸路を中心とした
世界一周コースを紹介しました。

今回は飛行機を使った
世界一周の話に進みます。

ここ数年でLCCを呼ばれる
格安航空会社がその空路を
急速に広げています。

LCCの効果的な使い方など
また今後紹介していくつもりですが、

LCCを使った世界一周も
十分可能になりつつあります。

これまでの世界一周航空券
といえば、

グループ航空会社を使った
世界一周航空券を購入し、

途中の街で飛行機を
降りていくと言うスタイルでした。

しかしLCCはまったく違う
予約やルートで、自由自在に

世界を回る事ができてしまいます。

LCCはこれまでなじんできた
シンガポール航空やマレーシア航空と言った
航空会社とは全く違う航空会社です。

LCCというだけあって
とにかく安いのが特徴です。

アジアやヨーロッパの運賃相場で言うと、

4時間のフライトで1万円前後です。

LCCを使った空路での世界一周の旅

クアラルンプールーシンガポール間
のように短い距離であれば、
800円と言う事もあります。

バックパッカーであれば、
こういう航空会社を使わない
手はないのです。

ではそのルートを紹介しましょう。

これまでの世界一周航空券は
周遊型の航空券でした。

日本を出発して日本に戻ってくる

そういう条件のもと、
運賃が決められていました。

しかしLCCは全く違います。

それぞれの片道航空券の運賃合計は
世界一周の航空券の金額になります。

世界ではLCCのシェアは
急速に伸びていて、

欧米では既に50%に迫っているとも言われます。

ここで紹介するのは
現時点でのLCCのルートなので、

時代が変わり、新しいLCCや
新ルートも生まれているかもしれません。

世界一周の費用を格安にする

日本から海外に出るなら
例えばジェットスター航空で、

ゴールドコーストを経由し
シドニーに向かい、

同じくジェットスターで
ホノルルに就航し、アメリカ本土に

という経路があります。

東南アジアに向かうなら
まずセブパシフィック航空で
マニラに向かうと良いです。

同じセブパシフィック航空で
バンコクに向かっても良いです。

マニラ近郊のクラーク航空には
マレーシアのクアラルンプールを
拠点としたエアアジアも乗り入れています。

バンコクとクアラルンプールは
アジアのLCCの拠点です。

インド方面に向かうなら、
エアアジアでシンガポールに向かい、

そこからシンガポールのLCCである
タイガーエアウェイズが

チェンナイやバンガロールを
結んでいます。

インドと北アフリカの間に広がる
中東アラブは、

エアアラビアと言うアラブ首長国連合の
LCCがフォローしています。

アラブ首長国連邦では、
エミレーツ航空が有名ですが、

庶民の足はエアアラビアなのです。

LCCを使えば22万円で世界一周

LCCの先進地域である
ヨーロッパ、北アメリカは

選ぶのに苦労するほどの
LCCが就航しています。

既に100社を超えると言われています。

ヨーロッパと北アメリカ間の
大西洋にもLCCが就航しています。

アメリカのLCCは、
南アメリカへの路線も持っています。

時間と資金に余裕があれば
南アメリカでも足を伸ばす事ができます。

世界で今LCCが就航していないのは
太平洋路線だけです。

飛行距離や各国の規制などが
ネックになっていますが、

この区間は一般の航空会社を
利用するしかありません。

それでも実際にLCCを主に利用して
世界一周した人は

運賃総額22万円ですんだそうです。

もちろんLCCの世界は
運賃が常に変わる世界なので、

これからもこの値段で
世界一周できるとは限りませんが、

うまくいけば、
22万円以下で安く回る事もできます。

また、各社のビジネスモデルの変更で、

長距離線を縮小したり…と
固定されたルートはありません。

しかし、充分に活用できるのは
間違いない訳です。

これからのバックパッカー
放浪の旅で世界一周をするなら

LCCと言う新しい航空会社を
利用する事を考えるのが得策でしょう。

そうです。

現代社会は世界一周の旅のルート
で費用も格安に時代になっているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>