年齢が30歳までならワーキングホリデーのビザにメリットが


今回のテーマは、

年齢が30歳までなら
ワーキングホリデーのビザにメリットが

について紹介します。

自由にお金の心配がなく
海外移住ができると言う…

恵まれた人はほとんどいないでしょう。

できれば働きながら
収入源を確保して、

海外生活を送りたいというのが
本当の所でしょう。

しかし、一般的に、

外国人が現地で働く
というのはハードルが高いです。

ここでメリットを享受できるのが、

ワーキングホリデーのビザです。

ただし、年齢に制限があります。

この制度のメリット、デメリット、
特徴などを見て行きましょう。

年齢が30歳までならワーキングホリデー

ワーキングホリデーは
1年間(一部の国は2年間)

働きながら自由に生活できる
国際協定制度です。

30歳まで(一部の国は25歳)が
対象となり、

1980年にオーストラリアとの間に
ワーキング制度の取り決めを行い
スタートしたのですが、

85年にニュージーランドと
86年にカナダとの間でスタート、

現在では13カ国(うち2カ国は姉妹制度)で
実施され、

自由に働き得ることが
最大のメリットになっていrます。

これは

「特別に優遇された」制度であるため、
ワークングホリデー渡航をする多くの人が、

「定められた期間を働いて
過ごすだけではもったいない」

と思っているのも事実で、

この制度を活用すれば、

将来の日本脱出、
本格的な海外移住のための

「貴重なステップ」

にする事も出来るので、

海外移住を目論む30歳までの人にとって
大変メリットのある夢のような制度です。

ワーキングホリデーで海外生活

観光ビザなら短期間しか
滞在できないですし、

学生ビザであれば学校に
通う事が前提となるので、

仕事をして収入を得る事は
許されていないです。

しかしワーキングホリデーの場合
いくつか制限がありますが、

1年という長い滞在期間が許可されており、

現地で仕事をして収入を
得る事も可能です。

そして余暇を使って観光はもちろん、

仕事、勉強、ボランティア、
スポーツ、資格取得など

さまざまなことにチャレンジ
できるのです。

こう言う制度だからこそ、

目的に応じてそれぞれが
海外生活を楽しむ事ができます。

しかし、現地で仕事が出来るとは言え、

同一雇用主のもと
3ヶ月以上働いては行けない、

という条件があったり、

特別なスキルがある人なら別ですが、

普通の人が制限のもと
就ける仕事は限られています。

さらに現地の時給は日本より
低いのが一般的です。

大きなお金が必要ではないですが、

滞在資金としてやはり
ある程度の費用は必要です。

また本格的に語学の勉強がしたい人は
留学をした方が良いです。

ワーキングホリデーでは
語学学校に通う期間に制限がある
国も多いので、

この制度を使って語学を習得しよう
という場合、難しい事が多く、

もしやるならそれなりの努力が必要です。

ワーキングホリデーのビザのメリット

さらに覚えておきたいのは、

ワーキングホリデー査証では

1つの国に1回限り
(オーストラリアは条件付きで二回)

しか行くことができませんが、

異なる国にはワーキングホリデーで
行くことができると言う点です。

つまり実施しているすべての国に
各一回はいけると言う事です。

帰国してから次の国へ、

それが終わればまた次の国へと言う風に
出来るのも海外移住希望者にとっては
嬉しいメリットです。

なお姉妹制度を除いた11カ国は
「相互協定制度」のために、

相手国の若者もワーキングホリデー査証を
取得して来日、

働きながら滞在していますが、
日本語の壁もあるので、

日本各地の語学インストラクターの
多くはワーキングホリデー滞在者が
占めることになっています。

ワーキングホリデーのビザの実施国

この制度は、長い間

カナダ、オーストラリア、ニュージランドの
3カ国で実施されていたものの、

2000年ごろには
フランス、ドイツ、イギリスの
ヨーロッパ主要3カ国と韓国が参入してから
環境が激変し、

2007年には同じヨーロッパの
アイルランドとデンマーク、

2009年にはアジアの台湾、
2010年には香港が加わることになりました。

さらには相互協定という形をとっていない
姉妹制度が誕生し、

シンガポールの「ワークホリデー」
スイスの「ヤングプロフェッショナル」

といった新制度が現れ、
移住希望者にとっては
ますますうれしい環境となっています。

30歳までという
年齢制限はあるものの、

ここで様々な経験を積めば、

将来役に立つでしょうし、
楽しく海外生活を送る事ができます。

自由な海外滞在ができるという事は、

ある意味、全て自分で判断し
自分で行動しなければ行けないという事、

自主性と責任感が求められています。

現地の文化の違い、言葉の壁
に悩みながら、問題も起きるかもしれません。

しかし日本にいるだけでは得られない、

自分の価値観を揺さぶられるような

素晴らしい出会いが会ったり、
素晴らしい経験ができるはずです。

世界が大きく広がる
ワーキングホリデービザ制度で
得られるものは大きいでしょう。

興味がある人はぜひ
チェックして積極的に参加してみては
いかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>