海外で就労する労働許可証の基礎知識、厳しい不法就労の罰則


今回のテーマは、

海外で就労する労働許可証の
基礎知識、厳しい不法労働の罰則

について紹介します。

海外で働くと聞くとイメージするのは、

「シリコンバレーで最新の
ITサービスを作る天才エンジニア」

「ロンドンで世界ディーラーと
取引するエリート金融マン」

「南米からアフリカまで、
あらゆる国を飛び回る商社マン」

…など、エリートを想像したり、

最近であれば、サッカーや野球など
スポーツ選手が海外で活躍するような
姿をイメージするかもしれません。

「海外で働く」というのは
夢のような話で特別な人しかできない…

と思っている日本人も多いかもしれませんが、

そんなことはないのです。

基本的には私たちは誰でも
世界に活躍の場を広げることができるのです。

日本人が海外で働く、

つまり外国人が現地で働くのに
必ず必要となるのが労働許可証です。

または就労許可証と呼ばれる
「ワークパーミット」が必要ですが、

これがなければ働けないので

海外で就労するための
最大の「壁」と呼んでも良いでしょう。

スポンサーリンク

日本人が海外で働く時の基礎知識

観光ビザや学生ビザでその国に入っても、
「働くこと」は禁止されています。

就職する場合にはもちろんのこと、
会社を作って事業を興す場合、
会社を作らなくても自営する場合、
フリーランサーとして活動する場合でも

これは必要です。

もっと簡単に言えば、

その国で給与や収入を得る場合は、
労働許可証が必要と言う訳です。

ただし、

本人の給与が日本から支払われる
出張時の労働は対象となりません。

海外で働く日本人の会社員は、

大きく分けて

「駐在員」と「現地採用」

の二つがあります。

駐在員は、日本の本社採用で、

給与も本社から
日本円と現地通貨の両方で払われ、

現地での生活をサポートして
もらえるのが必要です。

企業の駐在員については

労働許可証が必要な国があったり
不必要な国があったりと、

様々な形になっています。

海外で求人されると言う場合は、

当然「現地採用」と言うことで、
当然現地通貨のみの給与で、

生活のサポートや福利厚生などは
企業によって様々でしょうが、

この両者ではルールは
まったく異なることは覚えておいてください。

海外で就労する労働許可証の基礎知識

労働許可証の発給に関しては
スキルや業種によって優遇されている
ケースもあります。

代表的なものは、
現地企業の代表者や
役員、患部、専門家など、

もちろん国によって違いは出てきますが、
その国に会社を作って投資してくれた
特典となっている訳です。

特に日本のブランドは高いです。

世界中で「Japan」と言う国名を
知らない人はあまりいません。

好感度調査でも上位に入り、

日本人のイメージは、

「高いテクノロジーを持ち」
「勤勉で」「マジメで」「平和」

と言うイメージを持っています。

また実際に日本企業は世界中に
工場や施設を保有して、

各国の人たちを雇用している事実があるので、

日本人であると言うことで、

海外で就労する労働許可証は
比較的簡単に手に入れることができます。

働き口を探すのは以前も紹介したように

エージェントに登録したり、
面接を受けるのが一般ですが、

特別なキャリアや才能がなくても、

日本人であるだけで海外で
就労できる可能性は広がるのです。

ただし注意が一つあります。

それが、許可無く働く不法就労です。

海外で働く際の厳しい不法就労の罰則

ところで、労働許可証を
所持していないで働くと、どうなるか?

これは「不法就労」といって
高額の罰金、強制送還は当たり前で、

場合によっては、裁判となり
収監される事もあります。

実は、不法就労の罰則は重く、
法律を破った本人だけではなく、

雇った側にも高額の罰金をはじめとした
罰則が科せられることになるので、

「安易な不法就労」は行っていはいけません。

日本のように、不法就労天国と
言われるような国ばかりではないのです。

また気になる労働許可証の
有効期間ですが、

通常は1~2年ごとの更新になりますが、

国によっては更新できるのは
最長5年まで、

または最大5回までと言ったように
永続的に更新ができないように
定めている国もあるので注意が必要です。

海外で就労する際のルールや注意点

またもう一つ気になるのが、

退職した場合に
労働許可証は有効になるのかという点、

これについては、

「所属する会社で取得した労働許可証」

のため、

退職すれば無効となるのが原則ですが、
国によっては期間が満了するまで有効、

転職先での取得手続きを簡略化、

と言ったように転職時の
便宜を図っている国もあるので、

こちらも注意したい所です。

また外国人の労働許可については、

外国人用最低賃金が
設定されています。

国籍によって変動する国もありますが、

物価の安い国ではその国の
管理職クラスの給与が

最低賃金として設定されています。

つまり「日本人を雇うと高い」
と言う労働規則と併せて

日本人の生活水準の高さを
維持させることも目的となっているのです。

以上、海外で就労する
労働許可証の基礎知識、

厳しい不法就労の罰則などを
参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>