海外で暮らす日本人の数、日本人が海外で働くこと、雇用制度


今回のテーマは、

海外で暮らす日本人の数、日本人
が海外で働くこと、雇用制度

について紹介します。

グローバル時代と言われる
現代社会ですが、

自由気ままにどんな国でも
就職して働けるかと言えば…

そんな事はありません。

日本人が海外で働く為には、

現地の企業に就職したり、

その国の労働許可書などが必要です。

まず、日本人が現地で就職をするには、

日本人でなければできない仕事
であることが大原則です。

そのことをまず知っておく必要があるでしょう。

なぜかというと、

「外国人を雇う事は、
現地の人の雇用機会を奪う事」

になってしまうからです。

日本人が海外で働くこと、雇用制度

現地の人でも出来る仕事であれば、

わざわざ複雑な手続きが必要となる
外国人働かせる必要性もなく、

特に不況下の環境では、

外国人よりも自国民の
雇用確保が最優先されるのは
当然のことと言えるでしょう。

こうした事情では日本でも同じ事です。

バブル経済の華やかな時期には
「3K」と言われたきつい職場から
日本人が離れたために、

外国人労働者で穴埋めされましたが、

バブルが崩壊するとともに、
外国人労働者の多くは帰国することになりました。

海外で働き、海外で暮らす

ただし例外もあります。

近年のインターネットの普及とともに
ボーダレス社会となっている中、

大手企業はますます多国籍化しています。

日本の成長企業の
楽天やユニクロでは、

国際企業となるために

雇用制度としても
多くの外国人を採用する戦略をとっています。

このように世界各地の
多国籍大手企業では、

働く人の技術や技能を
優先しているために、

働く人の国籍が問われる
比率が少なくなっています。

では例えば、

日本人が海外で働くこために
日本人でなければできない仕事の
代表例とはどのようなものでしょうか。

海外で働き海外で暮らす日本人の推移

日本経済の衰退と共に、
海外生活にチャレンジする人の数も
増えてきています。

日本も遅ればせながら
世界に出て行くようになった訳ですが、

それでもアジア各国を例にとると、

日本人の海外在留者の数は
圧倒的に少ないと言えます。

お隣の国、韓国は約600万人、
中国に至っては華僑を含めると
約3500万の海外人口を持っています。

外務省の統計を見ると、

2003年の海外在留邦人は
約91万人、

その内訳は永住者が約30万人
長期滞在社が約60万人となっています。

滞在先のトップはアメリカで
20年前は約6割を占めていましたが、

その比率はどんどん下がっています。

また「留学、研修、技術習得」を
目的として出国した日本人の数は、

1992年から見れば
1.5倍に増えているものの

2000年で19万人という数字です。

1億2000万人の人口の割に
世界に出る人の数は相対的に少ない

というのが現状のようですが、

だからこそチャンスが
大きいという事でもあります。

海外で求められる日本人

日本人の労働許可が
どの国でも簡単に取得でき、

日本人が歓迎される職種があります。

それは例えば、和食料理人

中でもすし職人は世界中で
求められる日本人の優先職種です。

世界各地ではすしブームが起こり、
どこの国でも寿司屋さんがあるほど
定着していますが、

本物のすしを握れるのは
日本人職人だけと言った頃から、

日本人の労働許可が
最も簡単に取得できる代表格なのです。

また、ダイビングインストラクターも
日本人の労働許可が簡単に取れる
仕事の代表格です。

海外旅行に行くと、
リゾート地では必ず日本人の
ダイビングインストレクターがいますが、

スキューバーダイビングは
事前の講習が必要な
命にかかわるレジャーです。

そのため言葉が理解できないと
一大事になりかねなきことから、

日本人のインストラクターが
必要になっているのです。

こういった職種であれば

比較的、日本人が
海外で働くことが簡単な仕事です。

各国の雇用制度は多種多様であり
これからも変化が進むでしょう。

そしてこうしたオーソドックな
ものばかりではなく、

創造性豊かな優秀な人物が
どんどん世界に進出して行くでしょう。

海外で暮らす日本人の数

ようやく最近になって

海外で暮らす日本人の数は
100万を超えるようになりました。

これは考えようによっては
大きな数字でもあります。

鳥取県の人口は61万人、
島根県は75万人、

人口100万以下の県は、

高知県、徳島県、福島県、
佐賀県、山梨県

海外で暮らす日本人の数は
それを越しているのです。

人口100万人都市と言えば、

仙台やさいたま市に並ぶ数です。

また日本人が3000人以上
住んでいる都市は40カ所もあるそうです。

海外で暮らす人、海外で働く日本人の
先輩は数多くいて、

仲間もこれから増えているのです。

これだけ数が増えてきたら、

需要や供給も増え、

現地の日本人向けの仕事も
どんどん増えてくるでしょう。

今は英語圏に集中していますが、

様々な世界に出掛けそして活躍する
そんな日本人が増えて行くはずです。

日本人が海外で働くことの環境
雇用制度は今後ますます変わって
くるでしょう。

その為の情報を今後紹介していきますが、

あなたのライフスタイルの
参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>