1年間の海外移住と言うスタイル、海外ロングステイとビザ


今回のテーマは、

1年間の海外移住と言うスタイル、
海外ロングステイとビザ

について紹介します。

今回は1年間の海外移住と
言うスタイルについて紹介しますが、

なぜ1年間なのでしょうか。

観光ビザや査証免除の
滞在延長の手続きを現地の
移民局に申請した場合、

意外と簡単に許可を取ることができます。

自分で手続きができなくても、

現地の旅行会社で
代行しているケースも多いので、

手続きに悩む必要はまったくないでしょう。

しかし何度も延長できるとは限りません。

国によって1回の手続きで
延長できる滞在期間は異なりますが、

通常30日であったり、
90日であったりする場合が多く、

その期限が満了する前に
再度延長手続きをするわけですが、

その限度は通常1年間とされています。

スポンサーリンク

海外ロングステイとビザ

永住権やリタイアメントビザを
取らない海外滞在は、

案外簡単です。

なので海外移住の練習だと思い、

ここで海外生活の肩ならしを
しておくのは重要です。

海外ロングステイを成功させる
秘訣というのは、

最初から壮大で綿密な
計画を立てない事が重要です。

ロングステイは多くの人に
喜びを与えるものですが、

肌に合わない人もいます。

だから最初は短期の滞在で
試してみるのが良いでしょう。

登山でも最初は半日程度の
ハイキングから始めて、

次に1日、その後に二・三泊、

そして一週間という風に、

徐々に難易度の高いコースに
挑戦するものです。

ロングステイも同じです。

ビザや永住権にとらわれて
我慢して長く住むのはいかがでしょうか?

旅行会社によっては

「ロングステイ視察旅行」

という企画を行っている所も多いので、

こう言うものにまず参加するのも
ひとつの手でしょう。

海外移住と海外ロングステイ成功の秘訣

海外移住を成功させる
大きな要因は住居空間です。

今のインターネット時代なら、

滞在予定先のコンドミニアム
の画像を見ながら、

宿泊を申し込む事ができます。

たとえ1年以内の
数週間や数ヶ月でも、

それなりに長く住む場所です。

実際に決めるのは現地について

実物を見て感じてからの方が良いでしょう。

中にはリタイア先の海外住居を
実物を見ずに決めてしまう人もいます。

これはかなり危険です。

インターネットや人からの情報では
分からない周囲の環境やアラを
発見する事もあるからです。

もちろん最初の数日の宿は
ホテルなどを予約しておく方が、

現地についてから重い荷物を
抱えて右往左往しないで済みます。

1年間の海外移住スタイルと航空券

こうした1年間の海外移住
と言うスタイルの場合、

どういう航空券を買えば良いのでしょうか?

日本と現地を往復する航空券は

フィックスとオープンと言う
二つの種類があります。

フィックスは帰国便も指定されて
変更不可能なもの、

オープンとは航空券だけは
購入しておくが、

帰国便の指定がされていないもの、

つまり、帰りたくなったら
現地の航空会社に行って便を申し込むものです。

そしてこの海外滞在スタイルの場合、

使い勝手が良いのは断然
オープンの方です。

ロングステイのつもりで行ったら
意外につまらなかった、、

飽きてしまった、ストレスで
ノイローゼ気味になった、

或は日本で緊急の用事ができた。

ということが起きた場合、
すぐに日本に帰る事ができます。

こうした時もオープンであれば、

指定された帰国日を待たず、
新たに航空券を買わずに
帰る事ができるからです。

こうしてビザなしで滞在しながら、
気に入ったら徐々に滞在時間を伸ばす
というのは極めて現実的な

海外ロングステイの方法なのです。

1年間の海外移住と言うスタイル

もちろん、国によって
異なる場合もありますが、

特別なビザがいらない際の、

目安として延長を繰り返しても
滞在できるのは

「1年間」となることを知っておきましょう。

海外ロングステイの目安もこの1年です。

延長手続きの申請を許可しない代わりに
一度出国し、再入国すると言う方法を
認めている国もあります。

しかし何度も出入国を
繰り返すことには制限があり、

この場合も、

「1年間の累積滞在期間」を
基準としたルールを適用していることが多いです。

また国によっては時間をおかない
再入国には「3アウト・ルール」と呼ばれる

「続けて3回の滞在は認めるが4回はだめ」

という原則を運用しているケースもあります。

それ以上のロングステイを目指す場合は、

労働ビザや永住権の獲得を
目指す必要がありますが、

自由気ままにロングステイをしたい場合
この方法も可能です。

ひとつの国に長く住む事を
目指すのも良いですが、

こうして国を変えながら
あるいは日本と行き来しながら

気楽に生活するライフスタイルも
良いのではないでしょうか。

ビザを取るのも楽ではない訳ですから。

いずれにせよ、
隣国と陸地で繋がっている場合は、

旅行会社が行っている
陸路国境出入国のための
送迎サービス「ビザラン」もあって便利なのですが、

空路でのアクセスが必要な場合は、
費用的のも大きな負担となってしまいます。

ここが1年間の海外移住と言う
スタイルで注意が必要なポイントです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>