治安が良く安全で生活費が安い国の町や田舎で海外生活する方法

治安が良く安全で生活費が安い国の町や田舎で海外生活する方法
今回のテーマは、

治安が良く安全で生活費が安い国
の町や田舎で海外生活する方法

について紹介します。

若いうちの海外生活であれば、
多少厳しくてもチャレンジをする
という考え方は大切です。

しかしリタイア後であれば
安全面や快適さを
シビアに考える必要があります。

年金暮らしで海外生活をする場合、

これから日本の年金制度は
どうなるか分からないですが、

厳しくなる見方が主流です。

1995年に65歳以上の
年金受給者1人を支えるおが

4.3人だったのが、

2025年には2人で支える
2050年には1.5人で支える

という計算も出ています。

また日本はまだまだ物価が高いです。

働くうちは高給でもある
という意味では、

良いかもしれませんが、

年金暮らしになれば
非常に暮らしにくいです。

そう言った厳しい状況の中
海外暮らしを考える際、

どんな国を選べば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

生活費が安い国の町や田舎で海外生活

だから日本である程度貯蓄をし、

リタイアしたら物価の安い国で
限られた年金でも

ゆとりある暮らしが可能になる
という事ですが、

海外生活において
やはり考えるべきはお金、

できれば安く抑えたい
という気持ちがあるでしょう。

生活費が安い国で海外生活をする
目安は月10万円で暮らせる国、

これは違う見方をすれば、

庶民が月5万円程度の収入で
暮らしている国とも言えます。

つまり現地の人と同じ水準で
暮らそうと思えば、

5万円で暮らせるのですが、

普通の日本人はちょっと無理でしょう、

生活費が安いという理由だけで

その国の町や田舎で海外生活をする
となると実際には厳しいものがあります。

物価が安い国は
安全性やインフラが整っていない
という事もあります。

生活費が安い国の町や田舎の探し方

でもここで例え庶民の月収が
10万円であっても、

日本人に適合している
生活環境を持つ国であれば、

月10万円で暮らせるという
ことでもあります。

もっと言えば、

見方を少し変えれば、

月20万円で庶民が
暮らしている国で

月10万円で日本人が
海外移住して暮らすのは
厳しいと考えるでしょう。

しかしそう言う国でも、

物価の環境が変化する地方都市や
田舎に行くことで、

月12万~13万円で
暮らして行くことは十分可能です。

先進国でも少し
田舎の町を探せば、

豊かで安全で済みやすい
海外生活を満喫できます。

治安が良く安全な海外生活する方法

日本でも、

東京では月10万で暮らすのは
かなり厳しいでしょうが、

田舎なら何とかなります。

そして時々都会に
遊びに出るようなライフスタイルは
楽しいでしょう。

そう考えれば、

海外生活で月10万円で暮らすことが
実現可能な対象国は

かなり広がります。

とは言え安全性も重要です。

そういう風にして考えてみると、

治安や情勢に不安な国を除いた、
安全な国に絞ってみると、

アジアでは多くの国が対象となります。

太平洋の小さな島国では、
生活物資の多くを輸入に頼っていることから、

海外生活先の対象となはなるものの
物価も高いことは理解しておきましょう。

またEUに加盟していない
ヨーロッパの東欧諸国などは、

物価は安いものの、
日本人にはなじみが薄いのが欠点です。

逆に言えば、日本人が
珍しいだけに歓待されると言う
メリットもあるでしょう。

海外移住の物価や治安以外に考慮する事

安全面だけでなく気候面も
考慮しなければ行けません。

海外暮らしを考える際に

四季の変化がある上に
夏の湿度が高い日本で暮らし
慣れている人ならば、

たいていの国の気候には適応
できるだろうと考える人もいますが、

そうとも行きません。

ウインタースポーツ好きなら
いざしらず、

冬のカナダ滞在は厳しいものがあります。

物価の面、安全面でも
国民性でもカナダは移住先として
メリットがありますが、

冬の寒さは身にこたえます。

若い頃ならともかく、
リタイアしてからの滞在であれば、

温暖な地域を選ぶべきでしょう。

オーストラリアであれば、

温帯に属する東南部や西南部
であればどの季節も過ごしやすいでしょう。

ニュージーランドは
全体的に温暖な気候ですが、

南のクイーンズタウンなどは
北海道の北端とほぼ逆の緯度になり、

夏が短く、長期滞在には
不向きかもしれません。

アジアでは、タイは国土の多くが
高温多湿な熱帯雨林気候に属し、

一年が雨季と乾期に分かれます。

こうして総合的に考えるのが、
海外移住を成功させるポイントです。

生活費が安い国で海外生活する方法

中東は安全性の問題から
海外生活先からは除外するとして、

北アフリカであれば、
モロッコやエジプトが対象と
言えるかもしれません。

意外とおススメなのが、
中米や南米諸国、

欠点は英語が通じない
スペイン語圏が多いことです。

地方に行くと片言の英語も
まったく通じない事もあります。

こうした語学の壁を
乗り越えられるなら、

フレンドリーで安全で
気候の良い国や町はありますし、

欧米先進国も田舎を狙えば
住みやすく生活費も抑えて
暮らす事ができるでしょう。

以上ザッとですが、
安全で生活費が安い国で
海外生活をする方法を紹介しました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>