海外移住を目指すうえでの永住権の権利や手続きなど基礎知識


今回のテーマは、

海外移住を目指すうえでの
永住権の権利や手続きなど基礎知識

について紹介します。

これから海外移住を目指すひとは
永住権についての基礎知識を
知っておく必要があります。

永住権は日本国籍のままで
現地に永続的に住める権利のことで、

査証の一つでもあることから
永住査証と呼ばれる事もあります。

このため、取得しても
更新手続きが必要で、

査証の規定に違反した場合は
失効したり取り消されたりする事は
知っておきましょう。

海外移住と国籍について

まず永住権を知るためには
国籍の概念について知っておきましょう。

国籍というのは日本人である事を
証明する唯一のよりどころで、

海外で何か事があれば、
保険証や運転免許証でなく、

頼りになるのは国籍だけです。

その国籍はどうすれば証明できるか、

その前に国籍はどうすれば
変わったり消えたりするのでしょうか。

国籍には、

「誰から生まれたか」で定める
血統主義と

「どの国で生まれたか」で定める
出生主義があり、

どちらを基本とするかは
国によって異なります。

日本は血統主義が原則で、

生まれた時に母親か父親の
どちらかが日本人であれば
日本国籍が取得できるという訳です。

ちなみにアメリカは
代表的な生地主義で

アメリカ国内で生まれた子は
全てアメリカ国籍が与えられます。

日本では国籍は戸籍謄本の
登録され明示されています。

この証明が海外生活、海外移住
に関して重要な書類となっています。

そして人権の考え方として、

市民の国籍の選択、離脱、回復は
基本的に個人の自由意志が
尊重されていて、

相手の国さえ認めれば、
どこの国の国籍を取る事も可能です。

ただし二重国籍を日本では
認められていないので、

他国の国籍を取得した場合、
自動的に日本国籍は失われます。

その婆でもまた日本人に
なりたいと思えば再取得はできます。

そして国籍を放棄する事なく
その国に済む権利が与えられるのが

永住権という事です。

海外移住と永住権の権利の基礎知識

また永住権を取得すると、

選挙権を除き、その国の
国民とほぼ同じ権利を有する
ことができます。

細かい違いはありますが、

国会議員や州議会員になれなかったり、

公務員にはなれても、
ある程度の上級職に名慣れなかったり、

大学の授業料が少し違う場合もありますが、

違いはそれくらいのものです。

たとえ職を失っても
強制退去にもならず、

生活保護をしてくれます。

逆に言えば義務として納税、

あるいは兵役がある国においては
兵役の義務も生まれるという事です。

つまり、市民権と永住権は
権利としてほとんど変わらないのです。

つまりその国で、

自由に働いたり、
家を売買したり、
教育を受けたりする事もできます。

海外で住むために最強の査証と言えるのです。

さらに詳しく言うと、

ある国の永住権を所持する人が
異なる国の永住権を取得しても、

先に所持している永住権が
無効になる事はなく、

「複数の永住権を所持することができる」

と言う事になるのです。

永住権の権利や手続きなど基礎知識

ただし各国の永住権には
出国した場合の再入国許可の規定があるため、

決められた期間内に戻らないと
取り消されることになってしまいます。

ただし各国の永住権には
出国した場合の再入国許可の
規定があるため、

決められた期間内に戻らないと
取り消されることになってしまいます。

一方で永住権を取得した後、
一定期間が経つと、

今度は市民権に切り替える
資格が生まれます。

市民源と言うのはズバリ
「国籍」の事、

例えばオーストラリアの場合、

永住権をとって3年経つと
市民権を申請できます。

アメリカでも例えば
アメリカの市民権を持つ人と結婚し、
永住権をとった場合、

3年で帰化申請の資格が
与えられます。

他の国でも3年とか
5年とか期間は違いがありますが、

一定期間が過ぎれば
永住権の権利保持者は

市民権を取得する手続きを
とることは難しいことではありません。

日本人の永住権と市民権

ただし、市民権を取得してしまうと、

日本の場合は「二重国籍」を
認めていないことから、

日本国籍を放棄することになります。
(21歳以上の成人が該当)

海外では二重国籍を持つ
ことはそれほど珍しいことでありません。

オーストラリア国籍を持ちながら
カナダ国籍を持っていたり、

例えばサッカーの世界では、

ブラジルやアルゼンチンなど
南米のサッカー選手は、

祖父母がヨーロッパ出身の場合、

ヨーロッパの国籍を取り、

1チーム当たり人数が制限される
EU枠外の選手でなく、

EU枠内の選手として
登録されるケースもあります。

ところが、母国の国籍を
放棄している訳ではないので、

出身国の代表チームとして
試合にでたりもします。

ちなみにアメリカの場合は
二重国籍を認めているため、

セカンドパスポートと言う言葉も存在します。

一人のアメリカ人が違う国の
パスポートを所持している事もあるのです。

それを日本では認められておらず、

海外永住権を持つ人の中には、
このことに不満を持つ人もいます。

いずれにせよ海外移住を目指すうえで

永住権の権利や手続きなど
基礎知識を理解しておくことは
非常に大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>