海外での起業家、投資ビザの基礎知識と海外での会社の作り方


今回のテーマは、

海外での起業家、投資ビザの
基礎知識と海外での会社の作り方

について紹介します。

投資査証というのは、

会社を作り労働許可を取るといった
通常のプロセスとは別に、

起業家などのために
便宜を図った専用の制度です。

つまり一定額以上の投資を
行う人を優遇しようと言う

「投資促進策」の一つで、
国によって名称や内容は異なってきます。

投資査証を取得することで
労働許可と居住許可の両方、

或いは片方が自動的に
得られる国がありますが、

そもそも投資査証自体がない国もあります。

個人向けの投資査証に
設定されている必要投資額は、

物価の安いアジアの国で
300万円ほど、

通常は1000万円程度が
一つの目安となっています。

スポンサーリンク

海外での会社を作る基礎知識

もちろん投資は引き上げない限り、
労働許可、または居住許可は
永続的に有効となります。

法人向けの投資査証となると、
投資金額は一気に跳ね上がり、

必要投資額は数千万以上になりますが、
税制面などで数々の優遇措置が
受けられる場合が一般的です。

あるいは投資ビザから投資永住権を
与える制度を持つ国もあります。

また投資査証は、起業や会社経営、
投資と言った分野にあまり詳しくない人にとって、

知識を得るための入り口として
比較的分かりやすい制度です。

周辺の事情に詳しくなるためにも、
各国の投資査証を研究し、

自分に最も適した国や制度を
見つけて行くと言う方法で勉強していくと

かなり身近なものになっていくでしょう。

海外で会社を興す起業家も
これからますます増えて行くでしょう。

各国の在日大使館は
投資促進には特に熱心なので

資料の配布はもちろんのこと、
各種相談にも応じてくれます。

海外での会社設立の方法ですが、

日本でもそうであるように
会社設立手続きは

個人で行うよりも専門会社に
依頼するのが一般的です。

会社設立の手続き自体は、
どこの国でも同じようなもので、

会社の定款を作り、資本金を払い込み、
起業登記所に登録すると言った
一連の手続きは変わりません。

アメリカでの会社を作る方法

例えば、一例として、
アメリカで会社を作る場合、

もともとフロンティアスピリッツ
の国であり、

誰もがアメリカンドリームを
つかむチャンスがあり、

アイデアひとつで起業ができます。

そう言ったチャンスをつかむため
アメリカでビジネスを始める
日本人も増えていくでしょう。

アメリカで会社を興すという場合、

州ごとに起業する為の法律は
違いますが、

おもに四種類のビジネス形態があります。

・個人事業
・共同事業
・有限責任会社
・株式会社

アメリカでは毎年50万社
以上の新規会社が発足し、

2年後には45%が倒産し、
5年以内に62%の会社が消滅し、

10年後に残る会社は15%と言われています。

つまり、起業しやすく、
失敗も許容される起業文化
といえるかもしれません。

日本では一度失敗したら
「敗者」の烙印を押され
立ち直る事が難しい風潮がありますが、

アメリカのベンチャーは失敗しても
チャンスを得る事ができるのです。

例えば、

シリコンバレーでは
石を投げれば億万長者に当たる

と言われるほどですが、
彼らの多くも倒産した経験を
持っているそうです。

アメリカで起業する日本人の数は
他のアジア人に比較すると
圧倒的に少ないようです。

アメリカにいる日本人ビジネスパーソンの
9割以上が日本からの
派遣者と言われています。

彼らが4〜5年滞在して
交代して行くのに対し、

独立独歩の日本人起業家は
現地に踏みとどまり、

悪戦苦闘の中頑張っています。

今後、海外で会社を興す
日本人も増えて行く事に期待です。

海外での労働許可、投資ビザ

ただし外国人の場合は
会社設立手続きに加えて、

「外国投資局」
「外国投資委員会」といった

外国人投資管理部門の
事前許可が必要となるケースがあります。

一見堅そうな名称ですが、

個人の起業相談にも乗ってくれるので
覚えておいていいでしょう。

また会社の設立を依頼する場合は、
弁護士に頼むのが一般的ですが、

やはり言葉の問題もあって
日系の会社に依頼するのも
一つの方法です。

日系の会社は少し料金が
割高になる事もありますが、

諸事情を考えれば
仕方のないことかもしれません。

海外での会社の作り方

起業と言っても株式上場など
大きな事を考え過ぎる必要もありません。

手に職があり、チャレンジ精神があり
アイデアがある人は、

ぜひチャレンジして欲しいです。

日本の大企業の中で幽閉されている
技術者や優れた研究者も、

一度海外に出てチャレンジすれば、
世界が広がるかもしれません。

その為には制度をしっかり調べる冷静さと

行動を前に出すエネルギーとしての
情熱が必要という事です。

また自分で会社を設立したい時は
「ワンストップセンター」が
力になってくれるでしょう。

一つの窓口ですべての
許可手続きが簡単に分かりやすく
行える外国人向けサービスで、

投資促進策の一つにもなっています。

気になる外国人の
最低資本金については

安いアジアの国の場合で
200万円ほど、

規定が定められていない
小さな国の場合はケースバイケースと言う所です。

具体的な例は専門家と
良く相談しながら、

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>