海外移住で起業する道、海外ビジネスのメリットとデメリット

海外移住で起業する道、海外ビジネスのメリットとデメリット
今回のテーマは、

海外移住で起業する道、
海外ビジネスのメリットとデメリット

について紹介します。

「日本はダメだ、これからもっとひどくなる」

と言う意見もあれば、

「やっぱり日本が最高で、
日本で働くのが一番良い」

と言う意見もあります。

どちらが正しいのでしょうか?

恐らくどちらも正しいのです。

どの国に住み、働くにしろ、
良い面もあれば悪い面もあると言うことです。

日本人に生まれて最高に幸運なことは、

どの選択肢であれ基本的に
全て自由に選べると言うことです。

インターネットにアクセスすれば
豊富な情報を自由に閲覧でき、

ほとんどの国にビザなしで行けます。

どんな国の語学でも学べる
環境だってあるのです。

不況だと言われていても
バイトであっても頑張って働けば、

航空券を買ってどの国にも
自由に行ける経済力もあります。

これはよくよく考えれば
非常に幸運なことだと気づかされます。

スポンサーリンク

日本で起業する、海外で起業する

何かをしたいと考える時に、

日本以外の国であればまだまだ
どうしようもなく立ちふさがる壁が高い…

と言うケースもありますが、

自分が成長を望めば
これほどチャンスがある国は珍しく、

安心と成長の両方をバランスよく
提供してもらえる環境にいるのが日本人です。

貧しい国に生まれた人より、
様々な状況に置いて、

スタートラインが非常に高い位置にあり、
人生に置ける選べる選択肢が
非常に多いのです。

起業と言うのは誰にとっても
どの国でやるにしても、

ハードルは高い者でしょう。

海外に移住して働く、
その道はただ就職して働くだけでなく、

起業するという道もあります。

雇われる立場ではなく、
自分でビジネスを興すのは、

素晴らしいチャレンジとなるでしょう。

今回はそんな海外で起業するうえでの
メリットやデメリットについて紹介しましょう。

海外移住で起業するメリット

海外で起業する最大のメリットは、
安定的な労働許可と言えるでしょう。

というものも、海外就職と言うのは
あくまでも雇用される就職先があってのこと、

一見当たり前のようですが、

もし転職するとなると、
原則的に労働許可は無効となり、

新しい就職先で新たに
ビザの取得をしなければいけなくなります。

また労働許可の更新が
制限される場合もあります。

対して海外起業の場合は、

自分の会社で自分の労働許可を取得、

つまり自分の会社や事業に
問題が生じない限り永続的に続くことから、

身分が安定するのです。

海外ビジネスのデメリット

逆にデメリットは
日本国内と同じで費用とリスクが伴う

特に海外の場合は1円で
会社が作れたとしても

それだけでは「労働許可」が取得できません。

海外のあらゆる国には、
外国人用の最低投資金、

または最低資本金という
ものが設定されているからです。

もう一つのデメリットがパートナーの問題です。

外資100%が認められる場合は
問題ないですが、

外資50%といった具合に
現地パートナーとの共同出資が
規定されている場合、

信頼できるパートナーがいないと
会社を設立する事も出来ません。

つまり会社を設立する以前に
パートナー探しから始める必要性に
迫られる事もあるのです。

海外起業でまず注意したいのが
日本人です。

なぜ日本人に注意が必要がと言うと、
日本人が多く訪れる国では

悲しい事に怪しい日本人がいる
という事実があるからです。

特にビジネスをしようと
近づいてくる日本人に対しては
危険性も否定できないので、

色々な話を聞いても
鵜呑みにしないで

必ず裏を取ることが必要です。

海外移住で起業する時に気を付けるべきこと

相手から持ち込まれる話には
耳を貸さないのが鉄則です。

また国によっては会社設立時に
必要となるのが現地パートナーです。

もちろん素晴らしい人と巡り合えば
この上ないパートナーとして
ビジネスに力を発揮してくれますが、

反対に信頼できない人を
パートナーに選んでしまったときは
頭の痛い問題が生まれます。

いつの間にか会社を乗っ取られたり、
お金に関わる損害を生むことに
なってしまうからです。

例え、裁判になったとしても
先進国ならまだしも、

途上国では日本人が
裁判に勝つと言うのは至難の業です。

というのも、一部のアジアの国などでは
基本的に自国民保護の姿勢が
ハッキリしているからです。

海外ビジネスで上手くやるのは、

実は人を信用できるかどうかが
最大の難関です。

疑ってばかりいても、
いつかは信用するかどうかの判断が
求められるため

最後にはその人が日本で培った
社会経験や、

眼力や人間性が問われるでしょう。

起業するというのはやはり困難です。

お金の為だけでなくやりがいや
チャレンジなど人生の価値観は
人それぞれです。

だからこそメリットも
デメリットもあるのですが、

この道を選ぶのであれば
慎重に進めるべきでしょう。

どのみちを選んでも、
幸せになれるチャンスもあれば、
不幸になるリスクもあります。

大切なのは自分で調べ、考え、
そして選択することなのです。

選択する為に必要なのはまずは情報です。

海外で起業すると言う選択肢も
ぜひ検討してみて欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>