日本人が海外で働く求人、派遣、面接、海外での仕事を探す方法

日本人が海外で働く求人、派遣、面接、海外での仕事を探す方法
今回のテーマは、

日本人が海外で働く求人、派遣、
面接、海外での仕事を探す方法

について紹介します。

現代の日本人である私たちの
「居場所」というのは、

今や全世界に広がり、

勉学、就職、起業、生活…

というライフスタイルを
世界規模で考えて選択できる時代です。

「海外で学ぶ」
「海外で働く」
「海外で暮らす」

為に出国する人は
さらに今後増えて行くでしょう。

つまりあなたの「居場所」は
日本だけではないという事です。

さて、今回のテーマはである

「海外で働きたい」

という思いを持つ人は多いでしょうが、

では実際どうすれば良いのか

が、分からず諦めてしまう
人も多いようです。

今回は日本で海外での仕事を
探す方法について紹介します。

想像以上に簡単な部分もありますが、

注意しなければダマされかねない
悪質なケースもありますので、

しっかりと準備してください。

スポンサーリンク

日本人が海外で働く求人を探す方法

日本人が海外で働く場合、

自分で起業するか、
現地の企業に雇用されるか、

の二種類が基本です。

今回は後者の雇われる
というケースを考えてみましょう。

最も手っ取り早いのは求人を見て
応募をするという方法です。

日本で発行されるメディアに
海外での仕事の求人が掲載される
ケースは少ないので、

もっともポピュラーなのは
インターネットの求人広告です。

求人専門サイトの他にも、
現地で発行される日本語メディアのWEBサイト、

現地の日本人向けポータル情報サイト
などにも求人情報が掲載されています。

仕事を探すのは、

もちろん求人内容を見て、
インターネットで応募するだけ、

…と言っても注意
しなければいけない点があり、

インターネットは手軽なだけに、
怪しい求人も中にはあって、

前に紹介したように、

「海外就職にお金を払う」

と言うことはあり得ない話なので、

「おかしい」と思ったら
すぐに身を引くことが何よりも必要です。

日本人が海外で働くなら派遣が便利

インターネットで探すのは、

手数料もかからず
自分次第で探せるメリットがありますが、

騙されるなどのリスクもあります。

そこで自分で求人を探す
以外に海外での仕事を探す方法として
お勧めなのが、

派遣会社を使うことです。

・日系人材派遣会社

日本で海外での仕事を探す方法の
二つ目は日系人材派遣会社の活用です。

日系企業が数多く
進出している海外主要国では

「日系」の人材派遣会社も
進出しています。

それらの会社のホームページでは、

求人情報が閲覧できたり、
求職登録も手軽に行えるので、

身近な海外求人ツールとして
活躍するのがいいでしょう。

中では、日本で適時、
「合同面接会」を開いている
場合もある事は知っておきましょう。

海外での仕事を探す方法と面接のやり方

日本で海外での仕事を探す場合、

一番面倒な点は、

気軽に応募して、
書類審査に合格しても、

現地で面接がある事です。

企業によっては担当者が
日本にやってきて、

出張説明会を開く事もありますが、

そのような会社ばかりではありません。

その場合は現地に面接に
行くことになるのですが、

一回の面接のために
費用をかけて海外渡航するのは
戸惑う人もいるでしょう。

そうならないようにするためには、
数多くの会社に応募して、

少なくとも3社ほどの面接が
ためるのを待って海外面接に
出かけると言う方法もあります。

もちろん3社くらいであれば、
1日で順番にこなして行くと言う
段取りも可能ですが、

2日あれば6社の面接を
こなすことだってできます。

もちろん相手がある事なので、

そう簡単に段取りできないかもしれませんが、

少なくても海外での仕事を探す場合、

お金をかけて面接に来ることを
相手も承知しているだけに、
最大限の便宜は払ってくれるでしょう。

自己PRが下手な日本人のデメリット

もっとも求人を見て応募以外にも
しっかりコネクションを作って
自分を売り込むのも大切です。

例えばアメリカで働きたいなら、

アメリカ企業から

「この日本人は非常に
優秀なのでぜひ雇いたい」

と思わせる事です。

ボス格の人や人事に権限のある
人と仲良くなり才能を認められれば、

海外で働くのにこれほど
スムーズな事はないからです。

ここで、面接でもコネクション作りでも
言える事ですが、

日本人の特徴の気質に
「控えめ」というものがあります。

謙虚さが美徳とされますが、

それが通用し評価されるのは
日本だけと考えるべきでしょう。

海外に出ればむしろ弱みとなりかねません。

自分を主張しないでも
分かってくれると思い込んでしまいますが、

特にアメリカ、欧米圏の国では、

良い意味での自己主張、自己PRが
とても必要になるのです。

日本で働きたいと希望する
外国人の経歴書や自己PRを見ると、

自分どこの学校をどれだけの成績で卒業し、
卒論はどういうテーマで、
どんな評価を得たか、

最初に就職した会社で
どんな仕事をしてどれだけ実績を上げ、

B社に引き抜かれ、
そこでどんな評価を得たか、

ビジネスキャリアは充分で、

これこれこう言う理由や目的で
日本で働いてビジネス展開したい

…という内容がびっしりと
書き込まれています。

同じ履歴書でも日本人の場合、

紙切れ一枚に学歴と職歴、

特技も「スポーツ」と書いてあるだけ、

こんな自己紹介では、その人となりも
意欲も感じられず、興味もわきません。

本当は優秀で、やる気に溢れた
魅力的な人かもしれないのに、

控えめであるからとても
損をしているのです。

日本人の能力やスキルは総じて
世界的に見て非常に高いですが、

自己PRが下手な分、
損している気がします。

以上を踏まえた上で、

日本人が海外で働く求人、派遣、
面接、海外での仕事を探す方法を
参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>