ワーキングホリデーで海外滞在する生活スタイルの特徴と準備


今回のテーマは、

ワーキングホリデーで海外滞在する
生活スタイルの特徴と準備

について紹介します。

ワーキングホリデーの生活を充実させるための
生活スタイルを紹介しましょう。

まず準備しておきたいのが
住居環境のリサーチです。

配偶者や子供の同伴が
認められる実施国では、

家族そろっての滞在ができます。

そしてワーキングホリデーの
生活スタイルは基本長期間になるため、

家具付きの賃貸住宅を
借りるのがポピュラーな方法です。

知り合い同士で渡航する場合なら、

1つの部屋を借りて家賃を
分担するケースも多いです。

ワーキングホリデーの居住スタイル

ワーキングホリデー生活の
基盤となる住居探しとして、

ホームステイという選択肢も良いでしょう。

語学学校の申し込みをするとき
一緒に頼めばラクです。

ホームステイのメリットは、

海外暮らしに当たり、

マナーや生活習慣を
身につけやすい点でしょう。

またネイティブスピーカーの
ホストファミリーと日常的に
コミュニケーションをとれば、

語学力もアップされます。

また家具を用意しなくても
良い点も楽です。

ただ、ホストファミリーとの
相性もあるので、

どんな家族に当たるかは運次第
と言う点はデメリットかもしれません。

あるいは特殊なケースとしては、

1週間に30時間程度の家事
(家の掃除、買い物、子供の世話)

を手伝う変わりに宿泊と食事を
提供してもらう

「オ・ペア」(カナダでは「ナニー」)

という制度もあります。

この選択肢を選べば、

生活費はは安くあがり、
お小遣いをもらえる事もあり、

毎日の生活の中で語学力を
磨く事ができるという意味では、

効果的な滞在方法と言えるでしょう。

ただある程度の語学力がないと
難しいのも事実で、

しっかりとコミュニケーションをとり、
家事をこなす為の語学力が必要です。

また、経験が問われる事もあり、

このシステムでも家族との
相性が重要なのは言う間でもありません。

ワーキングホリデーで海外滞在する準備

単身で渡航する場合も同じで、

居住費用を抑えるのが、
ワーキングホリデー充実の成功の
重要なポイントとなっているため、

「シェアハウス」と呼ばれる
共有物件を探すのも一般的です。

またオーストラリアでは

「6か月ごとに雇用主を変えなければならない」

という規定があるので、

6か月を一区切りとして
違う町に移る人も多いです。

定められた規定によっては
滞在計画も変わってきますが、

いずれにしても多くの人は、
帰国時期が近づいてくると旅行者に
早変わりして各地を旅行するのが
恒例となっています。

この辺りの計画もしっかり
準備しておけば、

海外滞在は楽しくなります。

ワーキングホリデーで海外滞在の特徴

また就労先は日系企業や
日本人経営のお店である場合がほとんどで、

あるワーキングホリデー経験者は

「オーストラリアのゴールドコーストに来て
半年以上経ちますが、

仕事もプライベートでも
日本語以外の言葉を話す機会はありません」

と言ったように、

日本語だけで生活出来てしまう
環境も珍しくはないそうです。

例えば英語が上手くなりたい
というように、

語学重視の目的であれば、
この辺りは注意が必要ですね。

仕事探しも
日本語情報誌に求人広告が掲載され、

日本人経営者のお店や
日本食品店の情報ボードには
求人ビラが貼られているので、

競争は多いものの
仕事探しに四苦八苦する環境ではない
国や町もあります。

ワーキングホリデーと語学習得術

現地で働くにしろ
ボランティアをするにしろ、

その国の言葉ができる事は
第一条件です。

現地に行けば自然に言葉が
上手くなるというのは幻想です。

やはり、語学学校に通うのは
大切でしょう。

ワーキングホリデー制度のもと
語学学校に通える期間は
制限がある事も多いです。

オーストラリア:4ヶ月
ニュージーランド/カナダ:6ヶ月
イギリス/アイルランド:制限なし

その期間でいかに上達するかが
ポイントになるでしょう。

ここでも語学学校に通えば
ペラペラになると言う
幻想を持つ人もいますが、

語学上経つの為には
積極的な努力が必要です。

また現地の初心者クラスには
日本人も多く、

日本人でつるんでしまえば
日本語で会話をするようになります。

これも要注意点と言えるでしょう。

ワーキングホリデー成功のカギは準備

つまり、日本人が多く住んでいる地域は、

英語が特に話せなくても
仕事や生活が十分にできる環境が
ある事も知っておきたいですね。

この辺りのリサーチも
準備として大切ですし、

目的をしっかりさせておくのは
ワーキングホリデーを成功させるのに
大切なことです。

また配偶者の同伴が
認められていなくても、

配偶者の年齢が対象条件に
なっていれば

ワーキングホリデー査証を
別々にとるという方法もあります。

ただし、子供の同伴が認められていない
国もあるので、

生活スタイルに合わせて、

家族での渡航を考えている人は、
ワーキングホリデーの規定をチェックして
国を選ぶことも必要です。

様々なスタイルの特徴にあわせ
万全の準備ができれば、

ワーキングホリデーでの海外滞在は
非常に充実したものになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>