忙しい人の勉強法、学習のハードル、障害を取り除く計画の立て方


今回のテーマは、

忙しい人の勉強法、学習のハードル、
障害を取り除く計画の立て方

について紹介します。

あなたがこれから学ぶに
あたっての障害は何ですか?

40代の学びには、

行く手を阻む障害物が
つきものです。

時間が有り余っている
ビジネスマンなどいません。

食うには困らないから
勉強でもしよう、

という幸せな人はともかく、

決断はしたけど、
先行きどうなるか…

という人も少なくないでしょう。

また勉強、学習をすれば
すぐに何か成果に繋がる
訳ではないので、

つい先延ばし癖がつく…という人も
多いのではないでしょうか?

やはり第一に
考えられるのは、

時間の制約でしょう。

一週間に○○時間は確保できる、

と確かめたものの、

いつもシナリオ通りに
行く訳ではありませんね。

ここでコーチングの質問は
有効に作用します。

スポンサーリンク

忙しい人の勉強法、計画の立て方

忙しい人でも上手く
タイムマネージメントができれば、

勉強する時間も確保できます。

これに関連するのが、

優先順位、プライオリティの
問題です。

いかに学びたくても、

その事に気持ちは向いていても、

目の前に在る仕事を
投げ出す訳には行きません。

そうすると、どうしても
遅れが出てしまい、

気づかれたときは周回遅れ、

そしてモチベーションダウン
という魔のサイクルにはまります。

でも、これは学習に限らず、

忙しい人が何かもう一つ
新しい事にチャレンジするときには
必ず出てくる問題です。

エースピッチャーで4番バッターで
監督でもありコーチでもある、

中小企業の社長が、

目の前の仕事に忙殺されながら、

明日の事業の種まきをする、

という場合は、

400メートル障害の
トップアスリートも真っ青なほど、

障害に次ぐ障害の連続です。

ハードルを乗り越えるには…

ハードル、障害を取り除くしっかりした
計画の立て方が必要です。

学習のハードル、障害を取り除く方法

学習の障害を取り除く方法は、
いくつありますか?

私は必ず、目標計画をする際、

ハードル、障害が起きる事を前提にして、

クライアントと一緒に
行動計画を精査します。

障害が表れてから
考えるのと、

あらかじめシュミレーション
しておくのとでは、

ほとんどの場合において
対処能力が違ってきます。

乗り越える準備をしておけば、
実際に乗り越えられるのです。

忙しい人の勉強法でも
この考え方は重要です。

時間管理が上手い人、
計画の立て方が上手い人ほど、

人生で結果を出せる人なのです。

忙しい人の勉強のハードル

あなたの状況に当てはめて、

起きる可能性のある障害を
思いつく限り拾い上げてください。

そして一つ一つに対して、

今度は考えられる
全ての対処法を書き出してみます。

これを徹底的にやった上で、

また時期を見て同じ事を
繰り返します。

先に進めば、その分
また別の障害が予期
できるようになります。

またハードルは必ずしも
飛び越える必要はないのは
ご存知だと思います。

くぐっても横切っても、
倒しても良いのです。

アスリートのようにタイムを縮める
のが目的ではなく、

ビジネスマンは
完走を目標にしましょう。

これは学習より仕事に
適用する事では、、

と思うかもしれませんが、

まさしくその通りです。

学習の自己投資とタイムマネージメント

誰でもそう思うからこそ、

仕事については、

程度の差はあれ考える
人が多いのです。

ところが、

プライオリティを下げざるを
得ない学習になると、

そこまで考えないのが普通です。

できなくても仕方がない、

という無意識の妥協が、
ほとんどの人にあります。

ですから、逆に言えば、

ここでそこまで徹底する事は、

40代の限界を突破する
自己投資を有効なものにします。

だって、そもそも本当に
やりたい事を選んだ訳でしょう。

どうしても回避できない
ハードル、障害があるとしたら、

それは何ですか?

出てきた答えは、

「そのときは潔く諦めるさ」

と、そうなればオッケーです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>