バックパッカーのため旅を成功させる参考になる情報をお届け!


今回のテーマは、

バックパッカーのため旅を成功
させる参考になる情報をお届け!

について紹介します。

これまではどちらかと言えば、

海外に移住したり、
海外で暮らす為の

情報について紹介しました。

これからこのテーマでは、

バックパッカーのための
旅を成功させる参考になる
情報をお届けしようと思います。

つまり定住タイプの人ではなく
旅人向けの情報です。

私自身一人旅に出る前…

やはり怖かったのが事実です。

しかし勇気を振り絞って一人で
バックパックを背負って旅でたら、

世界には今まで知らなかった
自由と興奮が待っていました。

旅は色々なことを
私たちに教えてくれます。

日本にいれば味わえないような
素晴らしい体験を味わせてくれます。

しかし、

旅を成功させるにはある程度
秘訣があるのも事実です。

そんなコツや秘訣について
これから徐々に明らかにしていきます。

スポンサーリンク

バックパッカーの定義とは?

ただまず始めにここで、

バックパッカーの定義って
そもそもなんでしょうか?

よく考えると難しいです。

皆が抱えているイメージで言えば、
その姿でしょう。

基本的にはバックパック(リュック)を
背負っている。

そこにサブザックを抱え、
Tシャツにジーパン、

靴は登山靴風からスニーカー
ビーチサンダルまで、

男性であれば、日に焼けた顔に
無精髭、

そんなイメージがあると思います。

しかし、現実的には、
バックパックを背負わない
バックパッカーもいるのです。

ショルダーバッグひとつで
60カ国を放浪したという旅の達人もいます。

男性だけでなく女性の
旅人も増えています。

年齢も若者だけではなく
シニア層のバックパッカーもいます。

スーツ姿のバックパッカーは
あまりいないと思いますが、

実はバックパッカーはイメージだけでは
規定できないのです。

バックパッカーのスタイルは多種多様

ではバックパッカーを
定義するものは何でしょう?

行動スタイル…

確かに、基本的にバックパッカーは
安宿やゲストハウスを宿泊に選びます。

そして移動はバスか電車

最近ではバス並みに運賃が安い
LCC(格安航空会社)を利用します。

彼らの行動の基本は節約

できるだけお金をかけないで
旅をするのが行動スタイルです。

しかし、これも完全な定義とは言えません。

バックパッカーでも
1日1万円を超える高級ホテルに
泊まる事があります。

ネクタイ着用のレストランに
座ったりもします。

旅が長くなると、
旅は日常になり、

そういったメリハリは必要になるのです。

つまり、バックパッカーとは、
そういった外見や行動スタイルでは規定できない。

ある意味、「自由」な
ライフスタイルを持っている
旅行者でもあるのです。

ではどんな旅行者が
バックパッカーなのかということになります。

自由に旅をする人

…何だか当たり前のように
聞こえそうですが、

あえてこのサイトでは
バックパッカーをこう定義しようと思います。

バックパッカー、一人旅のメリット

もちろん誰かと一緒に
旅をする事も良いですが、

基本は一人旅がバックパッカーのスタイルです。

一人で旅する事に弊害、
デメリットももちろんありますが、

最大の魅力はやはり、

全て「自由」である事ではないでしょうか。

誰かと一緒に旅をすれば、

相手への気遣いも必要になり、
自分が行きたい場所ややりたい事が

相手と必ずしも同じでなかったら、

大なり小なり行動は制限され、

その小さなフラストレーションが
ストレスに変わり、

どれだけ仲が良い同行者とも
亀裂が生まれたりします。

だからこそ

バックパックひとつ背負って
放浪の旅にでる一人旅は

全て自力でやりくりする
大変さはあるものの、

全て自分の好きに選択できます。

自由を満喫できるのです。

旅を成功させる参考になる情報をお届け!

しかし旅をする事、
つまり世界を移動していく事は、

簡単なようで、
かなり精神力が必要になります。

このサイトでは、

バックパッカーの旅に適した
様々なノウハウや情報を提供していこうと思います。

これを参考にして
実際に旅を続けていると、

気に入った町に出会う事があるかもしれません。

気持ちのいい宿があって、
優しい人がいる食堂があり、
気候も素晴らしい、
出費も安い、

そんな町にいつかたどり着くと思うのです。

しかしもしの町に、
半年でも一年でも滞在すれば、

その人は、バックパッカーでは
なくなるのかもしれません。

現地で暮らす人から見れば
すでに「住人」の範疇にはいるのです。

旅をする事

バックパッカーというのは、

生まれた町、住んだ町、今までいた土地を
離れ旅にでて、

旅先で出会った気に入った町とも
決別を何度も経験していく、

旅人なのです。

旅のスタイルに正解不正解はありません。

人それぞれ求めているものは違うはずです。

私自身の一人旅の経験を通じ、

トラブルやリスクを経験し、
そして得てきた事があります。

私自身旅をマスターして
何もかも分かる訳ではなく、

まだまだ模索段階ですが、

ぜひあなたと一緒に「旅について」
考えながら、意見をシェアしたいと思います。

世界を知りそして自分を知る

そんなバックパッカーのための
参考になる情報を紹介していきます。

楽しみながら読み進めてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>