海外短期滞在での宿泊手段、海外生活における宿泊費の考え方


今回のテーマは、

海外短期滞在での宿泊手段、
海外生活における宿泊費の考え方

について紹介します。

観光ビザで短期的な海外移住をする時、

海外短期滞在における宿泊手段が
費用の最も高い割合になるのですが、

宿泊手段はさまざまあり、

主だったものでは、

ゲストハウス、ユースホステル、
YMCA、YWCA、中級ホテル、
アパートメントホテル、コンドミニアム・レント、

観光用ホテル、賃貸シェアハウス、
賃貸住宅、ホームステイ…などがあります。

単身の場合の海外短期滞在
で宿泊費を安く済ませたいのであれば、

ゲストハウスのドミトリーの利用がいいでしょう。

ドミトリーは海外の
ポピュラーな宿泊手段で、

部屋の中に二段ベッドを並べた
共同部屋です。

バックパッカーが主に利用する事で、
基本的には寝るだけがメインです。

プライバシーは無いものの、

色々な国の旅人達と
コミュニケーションを取れるのが
最大のメリットですが、

盗難などの危険性もあるので、
確かな荷物保管の設備がある
宿を選ぶのがポイントです。

中級ホテルは、一般的にゲストハウスの
施設よりも設備が整っていますが、

値段はゲストハウスと大差ない場合も多いです。

というのも中級ホテル料金は
「定価」がないのも多く、

交渉次第でどうにでもなるケースが
珍しくないので驚くほど安く
利用できる事もあるのです。

スポンサーリンク

海外では住居のシェアも当たり前

日本でもシェアハウスなど
ルームシェアが一般になってきましたが、

また欧米などでは
賃貸住宅をシェアするスタイルもあるので、

シェア物件で住居費用を軽減する事も出来ます。

海外短期滞在でも
選択肢の一つとして考えて良いでしょう。

特に女性同士のシェア利用は
生活をするうえでメリットも大きいです。

母親、父親いずれかと子供を
連れた親子の海外短期滞在の場合は、

家族で経営しているアットホームな
ゲストハウス、またはホームステイがいいでしょう。

子供のことを考えると、
家庭的な環境が望ましいからです。

いずれにせよ週料金、月料金、
その他長期割引があり、

料金交渉をする事も出来ます。

その際、選択の最重要ポイントは
経営する家族との相性です。

相性が合わなければ最悪になるので、

まずは数日宿泊してから
長期契約をするかどうかを見極めると良いでしょう。

ホームステイや他人とのルームシェアは
人によっては最高になったり、
最低になったりするものです。

出会いは運任せ…と言う部分があり、
コントロールできない部分が多いので、

大幅割引をしてくれるからと、
くれぐれも長期分の前払いだけは
辞めておいた方がいいです。

気に入らなかった場合の
返金トラブルになるのを避けるためです。

海外移住と短期賃貸住宅

また家族での海外短期滞在ならば、

自炊設備が整ったものもいいでしょう。

短期賃貸住宅に入居するのが一般的ですが、

ポイントは家具や生活設備が
付いた物件を探すことです。

欧米では家具付き物件も
珍しくないので探すのに苦労しませんが、

それ以外の国では色々と
探さないと見つからないケースも出てくるでしょう。

賃貸住宅以外では、
アパートメントホテルと言うのもあり、

規模やグレードはさまざまですが、

高級コンドミニアムのレントタイプが、
一般的に短期滞在用であるのに対して、

アパートメントホテルは
長期滞在用です。

生活用の備品が付いた、
いわば日本の「ウィークリーマンション」
のようなものです。

選択のポイントは、
家族用のタイプがある施設を選ぶことです。

普通のホテルに自炊設備と
食事用テーブルが付いただけと言う
タイプも多く、

単身や夫婦だけならいいですが、
家族で生活するとなると、
ちょっと物足りないかもしれません。

宿泊費は高めの場合も多いですが、

探せばリーズナブルなところもあります。

これは今後生活をするかもしれないと言う
海外移住を念頭に置いた場合には
素晴らしい選択肢となるでしょう。

短期的な海外移住の準備で大切な事

今後自分のこの国に
長期滞在するかもしれないと
念頭に置いた上で、

海外短期滞在では様々な
宿泊手段にトライをしてみて、

海外生活の練習をすると良いでしょう。

「海外の高級ホテルでリラックス♪」

という旅行も楽しいでしょうが、

シビアに宿泊手段、宿泊費を考えてみて
色々なリサーチをしましょう。

見知らぬ土地でも3日も滞在すれば
周辺のチリを理解できたり、

10日も経てば、
お気に入りのカフェの常連客にもなれます。

1ヶ月を過ぎれば
周りの人たちから町の
住人として認められるくらいに
成長できるかもしれません。

ただし海外移住で最も大変なのは

自分自身の内面を変化させることです。

うまくやっているつもりでも
内面に問題があればぼろが出ます。

考え方を順応させる…

という意識で出掛けてみてください。

海外暮らしの準備を
旅行会社などに全て任せてしまい、

自分で何一つ努力しないまま
海外移住に出掛ければ、

必ず現地で痛い目にあいます。

海外移住を成功させるには
自分の性格や行動パターンを
しっかりと理解している事、

旅立つ前に自分と向き合う時間を
作っておく事が重要です。

とは言えナーバスになりすぎて
あまり細かい事を気にしていれば、
第一歩が踏みだせないまま終わってしまいます。

旅立ちの前に多少の準備不足は
当たり前の事です。

世界最高峰の山に登頂する…
と言う訳でもないので、

海外移住に完璧な準備を
求める必要はありません。

肝心なときに自分を信頼できるか、

どんな状況でも前向きに
取り組めるかという面が重要です。

自分を知る事は難しいですが、

短期間でも海外に暮らしてみると
自分の事を知る良いきっかけになります。

考え方を変えれば見えるものが変わってきます。

ぜひ以上を参考にして、
海外短期滞在における宿泊手段を
選ぶ際の参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>