観光ビザで旅感覚で短期的な海外移住をして生活してみる方法


今回のテーマは、

観光ビザで旅感覚で短期的な
海外移住をして生活してみる方法

について紹介します。

前回紹介したように、

海外に滞在したいという場合、

その国で滞在許可証の
ビザを取るのが基本です。

でもここで、

観光査証(ビザ)によって、

旅と同じ感覚で生活する
短期的な海外移住をする方法があります。

このタイプの海外移住メのリットは、

最も簡単である事です。

観光ビザは誰もが手軽に取れるばかりか、

日本人の場合は多くの国で
観光ビザの事前取得が免除されているため、

パスポートだけで気軽に出かけられます。

スポンサーリンク

短期的な海外暮らしでリフレッシュ

定年後に会社の交友関係を失い、
急に近所付き合いをする事が
ままならなく

非常に寂しい思いをする事があります。

そう言った環境を抜け出すために、

短期的にも海外移住をしてみると、

素晴らしい交友関係が出来たり、
しがらみから解放される

と言う方は多いです。

また定年前の方でも、

仕事に追われて自分を見失っていた…

と言う方が、

旅感覚で行った、

2週間の海外暮らしによって
リフレッシュされたという例もあります。

悩みを抱えながら、
日本に居続けても

人間関係や仕事関係の
しがらみから追い込まれるくらいなら

たとえ少しの時間でも

自分の事を誰も知らない
異国の地で、

一個人として過ごす事には
大きな意味があるのです。

海外移住と言うのは、

肩肘を張らずに
のびのびと暮らせるメリットがあります。

しかし、長期的な海外移住を
するのであれば、

無計画は危険であり、
慎重に計画をした上で

思い切って決断し
行動すると言う段取りが必要です。

しかし短期的な期間の
海外移住でであれば

気軽に出掛ける事も可能なのです。

観光ビザで短期的な海外移住をする方法

観光ビザの事前取得が必要な国でも、

インターネットを使用した
「E-VISA」をはじめ、

航空予約時に旅行会社で
代理取得も出来ます。

国によっては空港到着時に
観光ビザを申請できる「到着査証」
もあるといった具合です。

このように査証と言う
「移住の関門」がないことから、

観光ビザで短期的な
海外移住をする方法は

リゾート地から秘境まで
好みに応じた好きな国に滞在でき、

地球の全てが候補地になることが
嬉しいメリットですね。

短期的な海外移住を充実させる秘訣

ただ、あくまで短期的でも
海外移住と言う事なので、

旅の目的は明確にしておいた方が良いでしょう。

当ても無くぶらぶら旅するのも
もちろん楽しいのですが、

拠点を決めて現地生活を楽しむのであれば

目的にあった滞在先や暮らしの
パターンを考えるべきでしょう。

次なる海外移住のステップの
ための準備なのか、

ゴルフを楽しみたいのか、

語学を勉強したいのか、

現地の人たちとふれあいを
楽しみながら暮らしたいのか、

など、とにかく

「何がしたいのか」を
考える事から始めましょう。

目的が決まれば、
どこの国にいくか、
住まいはどうするか、

など具体的な
準備も始める事が出来ます。

のんびり旅感覚より少し
意識を移住に向けた感覚が大事です。

海外移住で必要なスキル

ただし短期でもあくまで
海外で暮らすと言う事を考えるなら、

あくまで現地に滞在してもらう

と言う謙虚さを忘れないようにしましょう。

旅感覚とは言え、
ツアーの観光ではないのです。

或は犯罪に巻き込まれないよう
適度な緊張感を持ったり、

ガイドさん頼みの旅ではない

他人任せにしない責任を持って
積極的に行動する事が大切です。

買い物や食事のコミュニケーションが
出来るくらいの語学力を高めたり、

やる事はたくさんあって
とても刺激的でしょう。

下手でも自分から話しかける
勇気があれば何とかなるものです。

また海外移住においては
情報収集のスキルを上げると言うのは
とても大切な事です。

パソコンを仕えれば、
事前の情報収集にも役立ちますし、

現地から日本の家族と
やり取りするのもスムーズになります。

車を運転できれば
十種情報も増えますし、

移動範囲を調べたり、
医療情報や現地の情報など

生活するための情報を集めるのは
個人の情報収集力に左右されます。

旅感覚で短期的な海外移住で
生活してみると見えてくる事があります。

このスキルが今後の長期的な
海外移住にも役に立つのです。

お金よりも情報が大切になるケースも多く、

何事でも「自分で出来る」
と言う自信をつける事が、

観光ビザで行う短期的な
海外移住で身につけられる
最大の武器になるかもしれません。

短期的な海外移住のデメリット

とにかく
短期的な海外移住は
メリットが多いのですが、

一方でこの方法のデメリットは、

あくまで観光用であることから、
滞在期間があらかじめ決められている所でしょう。

現地で滞在延長の手続きを行ったり、

一度出国して再入国することで
滞在期間を伸ばす事も出来ますが、

通常は最長1年間が限度です。

もちろん滞在延長ができない
国もあるので一概には言えません。

また観光ビザでの就労は
「厳禁」となっていることから、

仕事をする事はできません。

収入と支出の事を考えつつ、

滞在予算を決めて、
それの応じた海外移住の滞在スタイルを
チョイスすることが必要です。

予算は月単位で決めると
必然的に一日の予算が決まってきます。

そのなかでも宿泊費用が
最も高い割合を占めますが、

1日の滞在予算の半分以下に抑えるのが
目安となるでしょう。

だた大袈裟に考えず気軽に旅感覚で
できる観光ビザで海外生活してみる

この方法はお勧めです。

次回はそんな
観光ビザで短期的な海外移住をする際の
宿泊、居住のコツについて紹介していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>