日本人の海外移住と滞在許可証、査証(ビザ)の基本と基礎知識


今回のテーマは、

日本人の海外移住と滞在許可証、
査証(ビザ)の基本と基礎知識

について紹介します。

海外移住に関して査証(ビザ)
というのは最も重要な課題です。

簡単に言えば、

パスポートは海外での
身分証明書であるのに対して、

査証(ビザ)は
入国先での滞在許可証です。

最近ではビザが無くても
3ヶ月程度の滞在を認めている
国が増えていますが、

依然として必要な国もあります。

ビザの申請と言うのは

各国の大使館に
出向いて手続きする方法の他、

旅行代理店などを通じて
取得する方法があります。

あるいは海外に移住したい、
その国で働きたいという場合

避けて通れないのがビザです。

海外移住において
切っても切れない関係にある
査証(ビザ)の基本、基礎知識について

ここでは紹介しましょう。

査証(ビザ)に疎い日本人

査証(ビザ)という言葉を知っていても

その内容について詳しく知らないと言うのが、
日本人の最も弱点とする所です。

というものの、

世界有数の信用力を背景に、
パスポートが通用するからです。

普通の観光旅行で
海外に行く場合は、

多くの国では日本との間に

「相互査証免除協定」

というものが締結されており、

海外査証は不要で、
入国スタンプの押印のみで、
短期滞在ができてしまうからです。

査証免税とは

「観光促進を目的とした
観光客への便宜」

を図ったもので、
両国間の査証が免除となる

相互措置のほか、
片方の国だけが査証免除となる
片方措置とがあります。

しかし、観光と滞在は違います。

査証(ビザ)の種類と目的

先ほども言ったように

査証(ビザ)というのは
簡単に言うと、

その国に入国したり滞在する為の
「許可証」のようなもので、

滞在目的によって多くの種類があります。

例えば観光査証(ビザ)や
商用査証(ビザ)をはじめ、

訪問査証、就労査証、留学査証、
永住査証、リタイヤメント査証、投資査証、
乗務員査証などがあり、

国によって名称や種類、内容も異なります。

今後詳しく紹介しますが、

ここでは大きな基本の部分を
理解しておいてください。

リタイアメントビザと海外移住

例えば、

シニア専用の海外移住であれば

「リタイアメント・ビザ」

という査証を発行し、

外国人に長期滞在を
許可する国が増えています。

オーストラリアを始め、

タイやフィリピンなど
数寿国がこの制度を実施しています。

通常のビザ、或はビザなしで
保証されている期間(通常90日間)
での滞在を考えている場合、

わざわざリタイアメント・ビザを
取得する必要はありませんが、

90日以上の滞在を考えている人は

通常のビザを延長したり、
最初からリタイアメント・ビザの
準備をするなど選択肢があります。

さらに多くの人が勘違いしているのが、

リタイアメント・ビザ
と言う名前の印象から

「定年後の海外暮らしを保証する
永住権のようなもの」

と考えがちですが、

永住権とは違い、
一度取得すればそれで良い
と言うものでもないところに注意が必要です。

制約があるのがビザの特徴

例えば
オーストラリアの場合

リタイアメント・ビザ
(現在は「投資条件付き退職者ビザ」)

を取得しても、

4年ごとに訪れる更新の時期に
ビザ取得の条件を満たしていなければ
更新は出来ません。

経済的な条件は

堅実な生活を継続する事で
十分満たす事も出来ますが、

健康面の条件もあり、

体調を崩してしまうと
更新できない可能性があるのです。

リタイアメント・ビザを
用意している多くの国が

こうした制約を設けています。

受け入れ国の立場からすれば、

シニア層の取り込みは
外貨を稼ぐために必要なものの、

社会保障まで外国人に
提供しようと言う考えは無い、

と言ったところでしょう。

こうした事を考えれば、

日本人が海外移住を始めるに当たり、

リタイアメント・ビザが
必須であると考える必要は無いし、

この制度が無いからと言って
アメリカやカナダで住めない
と言う訳でもないのです。

お金があれば有利ですが
それだけが必要という事でもありません。

こうしたカラクリも今後
紹介して行くつもりです。

査証(ビザ)は国境のようなもの

つまり、海外に滞在するなら

観光での短期滞在でも
海外移住のための長期滞在でも

滞在期間を含めたすべての活動が、
所持する査証(ビザ)の決まりによって
制限されることになります。

査証(ビザ)は国境
のような役割をしているので、

「査証(ビザ)という名の国境」
と称される事もあります。

日本にだけいればこの辺りの感覚も
なかなか身に付かないです。

また入国時の「入国審査」では
査証(ビザ)を所持していても
入国を拒否されることがあります。

入国を決定できる「裁量権」という権限は、
「入国審査官」にゆだねられているので、

例えば入国審査時に目的を尋ねられ、

所持しているのは観光査証(ビザ)なのに
「働きに来た」などと答えてしまえば

入国を拒否されてしまいます。

海外移住のためにも
査証(ビザ)は重要になってくるので、

今後改めて詳しく紹介していくつもりです。

ここで基礎的な知識をしっかり
理解して覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>