海外移住における資金、費用の目安は?お金にまつわる問題

海外移住における資金、費用の目安は?お金にまつわる問題
今回のテーマは、

海外移住における資金、費用
の目安は?お金にまつわる問題

について紹介します。

多くの人が気になるであろう
海外移住にかかる費用、資金

移住目的や滞在の手段、
生活レベルによって費用は
大きく変わってくるのですが、

そうはいっても「一体いくらくらい」
と知りたい人のために、

海外移住のお金の問題や
費用の目安を紹介します。

世界のどこに住もうとも
お金からは逃げられません。

どこにいても収入を得られるように
なる力を身につける事は大切ですが、

お金の使いかも大切です。

人生で何を選択するべきか…

それはもちろん人によって違います。

でも金はないよりも
あった方が良いでしょう。

お金があればあるほど有利はのは
間違いありません。

お金持ちであるほど、
海外で生活する場合も、

自由度も豊かさも上げる事はできます。

しかし、お金がないからと言って
諦めなければ行けない訳ではありません。

日本で好きでもない仕事をして
お金のために拘束され続けるよりも、

自由を選ぶ事で実は
より豊かなライフスタイルを
築いていく事もできます。

海外移住=お金持ち

という事ではないのです。

ここで大切なのは
健全なお金のバランス感覚を持つ事、

時間とお金に対する
正しい考え方を身につけてほしいのですが、

海外移住における費用の
目安をここでは紹介します。

スポンサーリンク

働かずに海外移住する際の費用の概算

日本は世界有数の物価の高い
国として有名ですが、

最近では不況やデフレがあり、
新興国の発展などもあり、

そこまで世界と日本の生活費の
差は無くなってきました。

まず働かないで滞在する為には、
アジアや中南米などの物価の安い国では、

月10万円前後が目安です。

と言ってもこれらの国では
管理職クラスの高給与が
月15万円前後となるので、

この金額でも生活レベルに
問題はないでしょう。

その国で収入を得ないで
働かなくても十分に豊かに暮らしていけます。

欧米などの先進国は
日本と同じレベルで考えれば良いので、

月20万前後となります。

「就労不可」とされている
リタイヤメント査証のケースでは、

年金受給額が条件化され、

国によって月4万円~30万円と
既定の幅があります。

設定金額には「十分生活ができる」
という意味も含まれているので、

先進国になるほど、
年金受給規定額が高くなります。

なので海外移住における資金、費用
の目安としてこの金額は参考にできます。

海外移住で用意する資金、費用の目安は?

ビザと言う問題さえクリアすれば、

海外で働きながら暮らせば良い
という考えもありますが、

貯金はある程度あれば安心です。

また就労ができる
ワーキングホリデーでは、

基本的にアルバイトで
生活を賄う事も出来ますが、

各国の大使館では当面の生活費、

予備資金の費用として
50万円ほどの所持を勧めています。

永住権プログラムでは
現地預金が必要な制度の中で
最も安いのが、

2万ドルのフィリピン

入国後に返金される
アルゼンチンの資産証明は10万ドル

もちろん預金が不要の代わりの
技能証明が必要な制度もあります。

またリタイヤメント査証では、

現地預金や資産証明が
必要な制度の中で最も安いのが

タイの80万バーツ(≒240万円)

人気のオーストラリアで資金は
最低4000万円必要になります。

こうしたビザの問題も今後
詳しく紹介して行くつもりです。

地域格差を変えればお金の価値が変わる

日本の平均年収は
国税庁のデータでは412万、

これは余りにも雇用形態を
平準化しているので、

600万前後と考えましょう。

もしそれだけの収入を保持し、
海外移住をすれば、

逆に生活コストが下がり、
可処分所得が増える場合が多いです。

ただこれは国内でも同じです。

2011年の厚生労働省の
発表した都道府県別月収平均額は

東京が一番高く37万2900円
最下位の青森は22万2200円

順位が下がるに連れて
物価や家賃も安くなります。

だから例えば

東京で仕事をしながら
生活の拠点は家賃の安く
生活費の抑えれる地域におけば、

同じ収入を得ながら
生活費も抑える事も可能です。

こう言った生活費の差を
上手く利用するのが、

海外移住のノウハウの一つですが、

地域格差を利用したり、
通貨格差を利用すれば、

使えるお金は同じ
お金を稼いだ場合でも

お金の価値を高める事は可能です。

行為した格差を利用する方法を
アビトラージと言いますが、

こうしたアビトラージを利用し
組み合わせる事で

ライフスタイルをクリエイティブに
する事もできるのです。

日本国内だけでも
こうした工夫は可能ですし、

それを世界まで広げれば
チャンスは無限に広がります。

またインターネットを使った
お金を稼ぐノウハウもたくさんあります。

場所と時間の自由を味わい
ネット回線とパソコンさえあれば
稼ぐ事もできます。

この場合、現地の労働ビザを
とる訳にはいきませんが、

そう言った方法も今後
具体的に紹介していくつもりですが、

お金がなければ海外生活はできない
という思い込みは捨てましょう。

以上ザッとですが、

海外移住に必要な資金、
費用について紹介しました。

お金の問題は誰にもつきまとう問題です。

まずは、資金、費用の目安を
ある程度理解しておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>