海外移住の成功と失敗を分ける国選び、移住先のポイントとコツ


今回のテーマは、

海外移住の成功と失敗を分ける
国選び、移住先のポイントとコツ

について紹介します。

海外移住する時に
やはり最初に問題になってくるのは
国選びですね。

「海外移住するなら大好きなこの国」

とこだわりを持って決めている人もいれば、
まったく白紙状態の人もいます。

国の好みや選び方は
人それぞれなのですが、

例え大好きな国があっても、

物価やビザなどの諸事情によって、
異なる国に変更せざるを得ない場合も多いのです。

海外移住における
国選びと言うのは、

日本にいる普段から
訓練して慣れておくために、

具体的なイメージを持っておくことが
実現に向けてとても大切です。

先人のたどったシミュレーション
例を体験するのも良いですね。

もちろん、

語学レベルや趣味、嗜好、体力、
資産額、職務体験、家族の問題など、

一人一人状況が
大きく異なってきますが、

参考になる考え方を紹介します。

海外移住の国選びよりむしろ街選び

また移住先のポイントと
コツとなるのは、

国選びというよりもむしろ、
町選びといった方がいいでしょう。

同じ国でも地域によって
異なる民族が居住している
場合もあったりします。

日本でも北海道と沖縄では
ずいぶん違うように、

関西弁と関東弁は
似ているようで違いがあります。

海外諸国でも街が変われば
まるで違う国に来たかのような
印象となる事もごく普通にあるのです。

例えばメキシコであれば

首都の「メキシコシティ」は
大都市であるがゆえに

治安に不安な部分も多く、
大気汚染で知られています。

しかしメキシコシティから
南に75キロほど行くだけで、

日本人に人気の「クエルナバカ」があります。

ここは富裕層の別荘地として知られ、
平均気温20度の常春の気候も
大きな魅力となっています。

またメキシコシティから
バスで5時間ほど行くと、

コロニアル都市の中でも
最も美しい高原の町「グァナファト」があります。

他にも「カンクン」「イスラムヘーレス」
「アカプルコ」「バハ・カルフォルニア」

などがあり、
どの街が一番いいかを決めるのは
困ってしまいます。

海外移住の前に少し住んでみる

そうした海外移住の国選びは

候補の国や町へ視察という形で
しばらく滞在して見ることが必要です。

ポイントとなるのが、

いきなり移住するのでなく、
観光ビザで訪れてみると言う事、

本をいくら読んで情報収集しても
現地に行ってみないと分からない事は
山のようにあります。

そしてそのさい
ポイントとして重要となるのが、

たとえ「つまらなそう」といった
印象を受けても、

すぐに町を後にしないと言う事です。

というものの始めの印象は悪くでも
しばらく滞在して見ると、

はじめとはずいぶん違った印象に
変化する場合もあるからです。

街並みがあまり好きになれなくても、
そこに住んでいる人たちと仲良くなり、

その街の暮らしぶりにどっぷりと
使ってしまう事です気になる事もあります。

いずれにせよ、海外移住における
国選びは色々な制限の中で決まっていくのですが、

町選びは頭で考えず、
体の体感を重視したほうがいいですね。

疑似海外移住体験をする方法

海外移住に興味があるので

まず海外に行って実際に短期間でも
まずは生活をしてみたい場合、

手軽に生活できるには
どうすれば良いのでしょうか?

海外に行って、普通のホテルの止まり、

観光地を巡るだけでは、
海外で生活する実感は全く掴めません。

ホテルの周りには生活を実感させるもの、

スーパーマーケットや
商店街などはありません。

日本でもこれは同じで、

地方で泊まっても、
コンビニに行くくらいはするにせよ、

生活を実感する事とは
ほど遠くにあるのがホテルです。

そこで海外に行って、

その国の人々の生活に触れるため、

あえて生活空間に飛び込む
必要があります。

移住先のコツとしては、

そう言う機会を活かそうとする
努力をする事が大切なのですが、

そこで、最近バックパッカーの間で
とても話題になっている

インターネットサービスを紹介しましょう。

airbnbで気軽に海外移住体験

airbnb.com

と言うサービスがありますが、

どこの国にも、

家やアパート、マンションなどなど
物件を所有している人は、

自分は家の半分しか使っていない。
アパートの一室が空いて居る。
ベッドルームが余っている

と言う感じで使っていないまま
と言う人たちがたくさんいます。

そう言う空き物件を持っている人が

「空いて居る部屋をいくらで貸します」

と登録しているのがairbnbです。

このサイトの面白い点が、

空いて居る部屋を貸すだけでなく、

貸す側のホストが
家族のように扱ってくれる点です。

日本では昔「下宿」という
システムがありましたが、

これに似た仕組みで、

その国の料理、風習、習慣

その国の人々の考え方など、

現地の人と実生活を共にする事で
自然と身に付くのです。

ホストになる人は、

もともとそう言うおもてなし的な事が
好きでなければやりませんので、

必然的に人との接し方を
心得ている人が多く、

部屋を借りた側も気を使わず
まるで自分の家のように使う事ができ、

さらに現地の情報も
同時に入手する事ができるという
とても大きなメリットがあります。

このサービスを使えば、
現地の生活を疑似体験する事ができるのです。

またホテルより安いので
気軽に国選び、街選びができるでしょう。

このairbnbは

海外移住前の国選びをする際に
現地の生活を体験できるサービスですので、

ぜひ活用してください。

以上を国選び、移住先
を選ぶポイントとコツ
を参考にしてください。

ここが海外移住の成功と
失敗を分ける国選びの違いになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>