海外移住で得られる最大のメリットは?日本のリスクを回避する


今回のテーマは、

海外移住で得られる最大の
メリットは?日本のリスクを回避する

について紹介します。

海外移住を実行した人の多くが

「移住して最も良かったと思うメリットは?」

として答えに挙げるのが、

ストレスから解放されたこと

…と言います。

もちろん人間が生活する上で、
ストレスは欠かせないものですが、

自殺にまで追い込まれるような
「異常なストレス」は海外生活では
なかなか考えられないと言います。

そんなリスクを回避する簡単な方法は
世界を知る事かもしれません。

リスクを受けた人よりも、

世界の流れを知り、準備すれば
相対的に強くなる事ができます。

ストレスだけでなく、

テロ、政治、経済、自然災害などの
リスクを回避するライフスタイルを

選択肢として持っておく事、

それは大きなメリットであり強みになります。

私たち日本人にとって、
これからのグローバル時代、

ボーダレス時代に選択肢を持つ事は
大変有利な事になります。

スポンサーリンク

海外移住でリスクを回避

例えば日本では、

企業のリストラが始まった
10年ほど前から中高年の
自殺が急増し、

今でも状況は変わりませんが、

外国人ではリストラで自殺など
考えられないことだと言います。

カナダでは
就職の年齢制限、男女差別は
法律違反になります。

日本では当たり前のように
行われている就職差別は

カナダで行われれば
確実に人権問題となり、

国中に抗議の嵐が吹き荒れると言います。

諸外国では色々な苦境が訪れても、
人生を楽しむ」というスタンスがあり、

会社や仕事にとらわれないで
個人の幸せ、家族の幸せを
どのように実現していくかが

人生の基準となっており、

日本脱出をし
海外移住をした日本人も

海外生活でこの考えに触れ
人生を楽しもうと出来ることが
最大のメリットと言います。

海外移住のメリットはチャレンジ

ちなみに欧米の先進国では
何もしないのが一種のステイタスです。

仕事で成功すると簡単に会社を
売却してリタイア生活に入る人が多くいます。

つまりできるだけ早くリタイア生活をし、
家族とともにのんびりするのが
人生の一つの目標です。

築いた人生プランに生涯しがみついてしまいがちな
日本人とは大きな違いがありそうです。

また海外移住の別のメリットとしては、

チャレンジ

というものが挙げられます。

閉塞環境が続く日本社会への
不信や疑問といったことが契機となり、

「ここの生活を一度リセットし、
異なる土俵で白紙からチャレンジしたい」

と思う人も増えているそうです。

従来の日本人が持つ

「寄らば大樹の陰」
「長いものには巻かれろ」

といった「寄りかかり主義」
が意味をなさなくなり、

欧米諸国のような「個人の幸せ」を
追求する形へと変わりつつあるのでしょう。

海外移住は弱肉強食の時代に強い生き方

今後日本にいるだけのリスクは
ますます増えてくるでしょう。

例えばTPPは、

あらゆる商品や物流の規制を
なくそうとしています。

つまり、国と国との間で
もっと自由にもののやり取りをしましょう。

と言う動きです。

輸入関税と言うのは
その国の産業や農業などを
守るために作られた鎖国的な制度ですが、

輸入関税を撤廃し
国を超えたものの流れを加速させる制度が
TPPです。

つまりどういうことか、

TPPが制定されれば、
世界中で自由に売り買いができる反面、

弱いものは淘汰されてしまいます。

関税がなくなれば
海外の良いものが以前よりも
安く手に入るようになり、

これまで関税で守られていた
競争力の低いものが必要とされなくなります。

世界はそう言った弱肉強食の
時代に向かっているのです。

ここではその流れが
良いのか悪いのかと言う議論は別にして、

そう言う方向に進んでいるのが
世界の流れなのです。

当然日本もその流れに乗らざるを得ません。

そんな流れの中、
日本人は日本の中にだけで
安心、安全に安住できるのでしょうか?

恐らく難しいでしょう。

安住はますますリスクを増やすのです。

弱いものには残念な、
強いものがさらに強くなるような

仕組みに世界が整備していく時代の中で、

我々は何をしなければ行けないのか?

もっと世界に出て行かなければ
行けないのではないでしょうか?

世界に視野を広げる必要があり、

それはただ海外旅行をするだけでなく、

海外移住を一度でもしてみると言うのが
大きな経験となり財産となるでしょう。

世界は国境のない時代に突入

現代社会はどんどんと
国境のない時代に突入しています。

1951年に設立されたEU(欧州連合)に
参加する28カ国内では国境はなく、

約5億人の人たちが
EU加盟国内であれば

自由に国境を移動できます。

国と国同士の移動は
ますます自由に活発になっていくでしょう

もちろん海外移住は
メリットばかりではなく、
デメリットも存在します。

しかし、

海外移住について

色々と迷ったり、悩んだりする時の
一番の解決策は、

「自分にとって一番の幸せはなにか?」
「自分にとって一番重要なものは何か?」

といった優先順位を考える事です。

その一番大切なもの、
幸せだと思うものを入手する為に

海外が適していれば
日本を脱出すべきだし、

反対に日本の方が適していれば
日本での生き方を模索する事も
選択肢でしょう。

しかし海外に視野を広げると言うのは
選択肢を得ると言う事です。

リスクヘッジにもなりますし、
何より得る物が多いです。

日本を一度出ない限り
この視点を手に入れる事は難しいです。

こういった時代において
選択できる人にとって、

日本を脱出し海外移住をする事は
大きなメリットがあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>