日々を充実させる方法、時間をかけて着実に目標を成し遂げる


今回のテーマは、

日々を充実させる方法、時間を
かけて着実に目標を成し遂げる

について紹介します。

もしこの文章を読んでいるのが
夜であれば、

今日一日の事を振り返ってください。

もしくは読んでいるのが
昼間であれば、

昨日の事を振り返って下さい。

そして以下の質問に
答えてみてください。

あなたは今日(昨日)
急いでいましたか、

じっくり行動していましたか?

もちろんこれは感覚のことなので、
厳密に計れないでしょうが、

どちらかと言えば、、

という答えで構いません。

一日の情景を思い出した時、
急いでいた感じがするか、

じっくり過ごしていた
感じがするか、

それを感じ取ってください。

ワークショップなどで
試しに聞いて見ると、

もちろん参加者の層によりますが、

「急いでいた」

という答えが多い印象を受けます。

人生を急がせる現代社会

急いで目標達成したい事は
理解できます。

ただ、

日々を充実させながら、
時間をかけて着実に目標を
成し遂げるほうが、

人生はうまく行くものです。

急がば回れではないですが、

遠回りこそ近道と言うのが
人生だったりします。

そもそも時間管理に
課題があると思うのも、

急いでやらなくては
ならない事が、

目の前に横たわっている
からではないでしょうか。

これは世の中の構造
でもあるのでしょうが、

できる人ほど「急いでいる」
傾向にあります。

彼らに周囲の期待が
集中するからです。

やるべき事が、
どんどん増えてくるのです。

これは会社組織の中だけ
の話しではありません。

地域社会ならば、

よく気がついて
人望のあるお世話好きな人、

幼稚園や小学校の
父兄の集まりでも、

リーダーシップを発揮できる
お母さんほど、

次々に頼まれ事が
舞い込んできます。

日々を充実させる方法

それはある意味、
充実した日々でしょう。

期待された役割を
担う事は、

人間にとって本質的な
喜びだと思います。

しかしコーチングをしていると、

こう言う人が壁に突き当たる
のを見ることがあります。

「自分は一体どこへ
向かっているのだろう」

と、先の事が見えない
不安にかられます。

先を考える余裕がなく、

いつも出会い頭の
勝負をしている結果です。

それもいいですが、

やはり自分が本当にやりたい
目標を達成する為に

時間を使って欲しいのです。

それが人生を濃くする
日々を充実させる方法です。

身に覚えのある人は、

毎日、また一週間のうちで、
そして一ヶ月のうちで、

それぞれの間隔で
立ち止まる時間を設定しましょう。

私の場合、コーチングタイムを
そう言う時間にしましょうと、

その必要のある
相手には提案します。

時間をかけて着実に目標を成し遂げる

一年かけて、
何を練り上げたいですか?

間隔をグンと伸ばして、
考えてください。

一年に限る事はないですが、

普通10年だと長過ぎるし、
半年だと短すぎると思います。

キーワードは、

練り上げる…

陶芸作品でも作るつもりで、

じっくりと時間をかけて
成し遂げたい事を考えてください。

第二の人生の
イメージを固める、

と言った壮大なテーマも
あるでしょう。

大学の社会人講座に
通うにあたって、

一定の成果を目標に
するのもいいでしょう。

5キロ痩せると言った目標も、

健康上の緊急性がなければ、

じっくり取り組んだ方が
成功率は高いようです。

時間をかけて着実に
目標を成し遂げるのが
やはり王道なのです。

忘れて欲しくないのは、

緊急性の低い事も、

ちゃんと時間管理を
していく事です。

ゆったり実行するのと、
厳しく実行するのとは、

相反する行動ではありません。

目標を成し遂げるために

じっくり着実に大切なことを
適切にやる人こそが

結果を出す人なのです。

今回の質問もしっかり
考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>