人生を変化させる決断と完璧な計画、タイミングの意外な関係


今回のテーマは、

人生を変化させる決断と完璧な
計画、タイミングの意外な関係

について紹介します。

決断とタイミングには
意外な関係があります。

「いつか旅に出よう」
「いつか独立して起業しよう」

など胸に夢を抱えて
生きている人は多いですが、

彼らの大半は、
いつまでも決断できず
タイミングを計っている人がいます。

が、

いくら待ってても
完璧なタイミングなどありません。

私は昔、お母さんに
尋ねたことがあります。

彼女にとって最初の子供

つまり私をいつ産むのか
どうやって決めたの?…と、

そして答えは単純でした。

「子供が欲しかったからね。

お父さんも私も別に遅らせる
理由はなかったし、

子供を産むのにぴったりの
タイミングなんてないのよ」

と、、

そうなんです。

重大な事を決めるのに、

タイミングなんてどうでも
良いのです。

決断をしたときが
ベストタイミングなのです。

スポンサーリンク

ベストのタイミングはやってこない

確かに計画をする事は大切です。

ある程度、チャンスをうかがう考えも
時には大切になります。

しかし完ぺきなタイミングなどありません。

完璧な計画ができてから…

では時間だけが過ぎてしまいます。

決断をしたのであれば、
いち早く行動に移すべきなのです。

「今の仕事を辞めるのにふさわしい
タイミングを待って辞める?…」

そんなタイミングなんて、
夜空の星が一列に並ぶのを
待っているのと同じくらいあり得ません。

会社を辞めるのは確かに
怖いかもしれませんが、

人生あなたのやりたい事をやるべきです。

頭ではそう思っていても、、

「いつが時が来る」

と思い込んでいるのですが、

そのまま時間だけが過ぎてしまいます。

そうです、完璧なタイミングなんて
いつまでもやって来ないのです。

完璧な条件なんてありえません。

「いつかやろう」

は一種の病気です。

ある種妄想の恐怖にとらわれ
幻想を見ているだけなのです。

この病気を持っている限り、
あなたの夢は墓場まで持っていかれて
実現することはなくなります。

人生に変化を起こすには、

CMで奇しくも流行った通り、

「いつやるの?」

「今でしょう!」

なのです。

後から修正すればいい

あなたの夢リストの横に

いくら賛否両論を並べたてて
タイミングを計ろうとしても、

結果に大した差なんてありません。

あなたにとって大事な事ならば、

そして

「いつかはやりたい」

と思っているならば、

とにかく、

今、

それをやりましょう。

それから、途中でコースを
修正すればいいのです。

後から幾らでも変えていいのです。

間違っていたら軌道修正できます。

取り返しのつかない失敗を
しなければ、何も問題ありません。

フレキシブルに柔軟に
目標を達成すれば良いのです。

どのくらい時間をかけても最高の
タイミングなどやって来ないのですから、

あなたのやりたいことが

周囲の人々を悲惨な事に
巻き込まない限りは、

まず実行してみて

既成事実化してしまいましょう。

待っていても人生に
変化は起こせません。

突拍子もないアイデアであるほど、

あなたの両親も、パートナーも
上司も、親友も、

まずは感情的になり、
否定してくるでしょう。

反対してくる人は
必ず出てくるでしょうが、

でも、実際に何かが
起きてしまえば、

彼らもそれを受け入れるでしょう。

周りの人たちは否定するものです

99%の人間は変化を恐れます。

現状維持を好みます。

だからこそあなたが
変化をしようとする際に、

相談を持ちかけたならば高確率で
否定してくるのもです。

彼らはあなたが成長して
次のステージに行く事を恐れているのです。

自分が置いていかれるんじゃないかと、
ビクビクしているだけなのです。

なので、

彼らが受けるダメージがそれほどなく
或いは回復可能なようであれば、

彼らにNoというチャンスを
与えてはいけません。

普通の人は、スタートする前に
みなストップをかけます。

しかし、一度動き出していれば
横やりは入れにくくなります。

まあ、ちょっと困った奴と
思われるくらいはあるかも知れませんが、

良いじゃないですか、

もし失敗したら謝れば
すむ事ですから。

計画の罠にはまりすぎると
動きがとれなくなります。

新しい事をやるのは勇気がいります。
最初の一歩は怖いものですが、

踏み出さなければ何も始まりません。

とにかくやってみないと分からない

人間と言う動物はたいてい

得意な事はごくわずかで、

他の事は救いようのないほど
みじめなものなのです。

だからこそやってみないと
分からないことだらけです。

やってからわかることがほとんどです。

なので決断して行動に起こすのです。

タイミングは考えても分かりません。

だから、
「考ええてやる」のではなく
「やってから考える」と考えをシフトしましょう。

これを繰り返すと、
自分の得意なものが分かってきて、

得意なものをやり続けると
だんだんと結果が出てきます。

それが分かれば一点集中して
大きな成果を生み出すのです。

私は、マーケティングや
商品アイデアのアイデアを出す事
はすごく得意なのですが、

その他の仕事は
まるで使いものになりません。

細かい事務作業など、
人の何倍もの時間がかかります。

スポーツでもそう。

私は、何か重いものを上げたり
物をほおり投げたりすることに
向いているのです。

でもこのことをずっと見ない
ふりをして色々チャレンジしました。

泳いでみればおぼれているよう、

野球をすれば原始人のよう、、、

でも、格闘技は向いていました。

自分の得意な事をやることで
ようやくうまく生き始めたのです。

前回紹介した2割8割の法則を
もう一度ここで認識してください。

ライフスタイルを構築し
自由と富を獲得するニューリッチ
になるためには、

得意な事に目を向けなければいけません。

余計な事をしていれば
時間はいくらあっても足りないのですから、

人生を変化させる決断と
完璧な計画、タイミングの意外な関係
をぜひ意識して欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>