ベンジャミン・フランクリン13の徳目に学ぶ節制と勤勉の価値観

ベンジャミン・フランクリン13の徳目に学ぶ節制と勤勉の価値観
今回のテーマは、

ベンジャミン・フランクリン13の
徳目に学ぶ節制と勤勉の価値観

について紹介します。

アメリカ独立宣言や
合衆国建国に署名をした
アメリカ建国の父の一人であり、

100ドル札にも印刷されている
ベンジャミン・フランクリンは

アメリカの政治家でもあり、
実業家でもあります。

印刷業を営みビジネスの世界で成功、

その後、アメリカ独立運動の闘士となり、
アメリカの憲法作成に貢献しました。

さらに、彼は科学者として
避雷針を発明したり、

彼自身が書いた自伝では
卓越した著述家としても知られています。

タイム・イズ・マネー(時は金なり)

と言った名言は日本人でも
誰もが知る名言ですが、

この言葉は彼の残した言葉です。

さらにフランクリンは

「失われた時間は決して再び戻らない。

そして我々が十分な時間と
言っているものは、実に短い」

と言葉を続けています。

さらに彼は

「人生の目的は富を得る事」

と明言し、

そのために勤勉と節度と言う
価値観を重視しました。

さらに13個の徳目と呼ばれる
価値観が彼の人生を支えた事は有名です。

スポンサーリンク

価値観の選択が富を築く基盤となる

今までの話は、主に選択の法則について
解説をしてきました。

選択の法則というのが富や幸福を
得るための基礎となるものです。

つまり裕福で幸せな人生になるかどうか
それを決めるのはあなた自身の選択にかかっている

ということが分かったでしょうか。

これから、信念の決め方
について解説をしていきます。

信念というのは、法則や価値観
人格といた要素で形成されており、

これらに従って決められるべきものなのです。

現代社会の私たちは、
様々な法則や価値観に囲まれて
生きていますが、

あなたの人生にとって
必要なものと必要でないもの
を積極的に分けて

あなたの核となる信念を
決める必要があります。

この過程で、できた信念こそが
あなたを富や幸福へと導いてくれるのです。

そんな重要な価値観の選択の
人生への影響について、

先人たち成功者と呼ばれる人たちが
どんな価値観を持っていたのが、

そう言った部分に注目し
参考にするといいでしょう。

そのための信念の中核をなす
価値観や法則等を説明していきます。

まずはベンジャミン・フランクリンさんの
価値観から見ていきましょう。

13の徳目と言う価値観の影響

アメリカの建国者の1人である。

ベンジャミンフランクリンさんは
13の徳目という価値観に従って
生きることをみずからの人生の指針としていました。

その徳目一つ一つを書き出した、
小さなノートを常に持ち歩き

毎日この徳目に沿った生活ができているか
どうかを自分で評価したといいます。

その徳目の中から毎週一つだけ
選びだし、集中しました。

フランクリンさんは
人生を向上させるような価値観
に従って生きたのです。

13の徳目とは、
以下のようなものです。

1.節制
2.規律
3.決断
4.倹約
5.中庸
6.勤勉
7.清潔
8.平静
9.沈黙
10.正直
11.正義
12.純潔
13.謙虚

ベンジャミン・フランクリンの13の徳目

ベンジャミンフランクリンの
13の徳目を詳しく見ていきましょう。

1.節制

食べ過ぎないこと。酔うまで飲み過ぎないこと。

2.規律

すべての持ち物について、置き場所を決める。

決まった時間に決まったことをする。

3.決断

するべきことは実行すると決断する。

決断したことは必ず実行する。

4.倹約

他人や自分に役立つこと以外
お金を使わないこと。

無駄遣いをしないこと。

5.中庸

極端にならないこと。

たとえ激怒するような侮辱を受けても
1歩手前でこらえること。

6.勤勉

時間を無駄にしないこと。

有益な仕事にすでに従事し、
必要のない行為はすべて切り捨てること。

7.清潔

体、衣服、住まいは常に清潔にしておくこと。

8.平静

ささいなこと、よくある出来事
避けられない出来事で心を乱されないようすること。

9.沈黙

他人に自分に有益なこと以外は話さない。
つまらないような会話をしないこと。

10.正直

人をだまして傷付けるようなことはしないこと。

正直かつ正当に考え、話をするときも、同じようにすること。

11.正義

人に損害を与えたり、
人を虐待したり、侮辱したりしないこと。

12.純潔

性の営みは、健康、または子孫のために
のみ行い、決してそれにふけって頭の働きを
鈍らせたり、体を衰弱させたり、

自分自身、または他人の平和な生活や信用を
なわないようにすること。

13.謙虚

イエスやソクラテスを
見習うこと。

ベンジャミンフランクリンの精神は未だに普及する

これがベンジャミンフランクリン
が取り入れた徳目です。

彼はこのような価値観のもと生きることを決断し、
情熱を持って実践しました。

その結果、彼はアメリカ随一の
科学者、発明家、外交官、作家、事業家

そして政治思想家として、
人々に知れ渡るようなったのです。

中でも人生の目的達成に
節約の重要性を説き、

「金持ちになりたいならば
収益を上げる事と同様に、
努めて節約すべきだ。

強大な植民地もスペインを
富ませてくれなかった。

それはこの国の支出が収入を上回ったから」

と言う言葉を残しています。

実際に時間と金銭の浪費は
どんな金持ちでも没落させてしまうでしょう。
100ドル札にも描かれる
ベンジャミンフランクリンの肖像画、

彼の打ち出した市民道徳の精神は
未だにアメリカ中に普及し、影響を与えています。

これこそが強力価値観の持つ
パワーと呼べるものなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>