お金とネガティブな関係、経済的な不安、悩みを解放する質問


今回のテーマは、

お金とネガティブな関係、
経済的な不安、悩みを解放する質問

について紹介します。

「お金に対する不安と、
これからどうつき合って行きたいですか?」

まずはこの質問について
じっくり考えてください。

人間の悩みの中で
経済的な問題というのは
大きな割合を占めるでしょう。

私の親戚の一人が
美大の陶芸先行だったため、

陶芸家の友人が
何人かいるのですが、

話しを聞いてみると、

いつも不思議に思うのは、

どうやって食べているんだろう?

という事です。

田舎の空き家になった
民家を借りて住み、

陶芸教室などで
生活費を稼ぎながら、

作品作りを続ける人が
多いようです。

でも、

それほど授業料が
もらえそうでもないですし、

有名にならなければ、

それほど作品が売れる
わけでもありません。

時々銀座辺りでの
個展開催の案内が届くたび、

大変だろうなあと
想像してしまうのです。

スポンサーリンク

経済的な不安、悩みは尽きないが、、

この人たちと収入だけを
比べたら、

大企業で管理職を
している人など、

経済的な安定、
お金に関する限りは
何も問題ないように見えます。

ところが、

大企業の管理職を
している人など、

お金に関する限りは
何も問題ないように見えます。

ところが、そんな大企業の
サラリーマンの中で

お金の不安を抱えている
人は少なくありません。

恐らく、独立したての
陶芸家と比べたら、

年収で言えば、
5倍くらい違うでしょう。

それでもお金の不安は
つきまといます。

お金の額と経済的な不安、悩み
というのは実は関係ないようです。

ようはお金との上手い
つき合い方ができるか
どうかという事なのです。

お金とのつき合い方が下手な人

収入が少ないと言う
経済的不安を抱える人がいます。

そうかと思えば、

私の家の近くに

ケチで有名な資産家の
おじいさんがいました。

何年か前に亡くなったのですが、

財産を守る事に
固執した挙げ句、

生前贈与などの
相続対策が上手く進まず、

残された家族は大変な
ことになったそうです。

使い道のないお金が
有り余っているのに、

お金がなくなる事が不安で
人を信用しない人だったそうです。

経済的不安はお金持ちでも
変わらずにあるのだなあと、

その様子を見聞きして、

私は実感しました。

どんなにお金があっても
お金の不安はつきまとうもの
だということです。

お金とのネガティブな付き合い
ポジティブな付き合いを決めるのは、

額ではなく心理にあるのです。

経済的な不安、悩みから解放される質問

そこであなたにも
考えて欲しい事があります。

「ずっとつき合って
行くしかない不安は何で、

手放したい不安は何ですか?」

この質問に対して
じっくりと考えてみて、

お金についての漠然な
ネガティブな気持ち、不安を整理して、

区別してみましょう。

そのうえで、

お金を人生のエネルギー
に変えて行くような生き方を
したほうが、

ずっと楽しいと思いませんか。

すぐ思うような答えが
出てこなくても、

焦る事はありません。

これは経済的な不安、悩みから
解放される質問です。

今まで不安と言う殻に
閉じ込められていたのですから、

ゆで卵の薄皮を剥く
ように根気強くやりましょう。

コーチングが教えるお金とのつき合い方

これを一人で実行するのが
難しいときは、

良いパーソナルコーチを
雇う事をオススメします。

あなたのパーソナルコーチは、

あなたが受け入れるべき
現実を直視して、

出来る事は何かを見据え、

行動を起こす為の
支援者になってくれるでしょう。

その場合、例えば
以下のような質問も

効果的かもしれません。

今、持っている不安から
少しだけ解放されたあなたは、

何を試みてそうなっていますか?

小さな成果を上げた
自分を想像してください。

そこにきっと、

怪物のような不安感を取り除く
為の知恵が隠されています。

お金とのネガティブな関係を
断ち切る為には、

まずは自分の現状を少しずつでも
把握して行くことです。

例えば、

定年後の生活費をしっかり
計算し直したら、

ちょっと気分が晴れた…

そんな所から始めるのも
いいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>