家庭でも会社でも未来を考える、お金の課題をハッキリさせる


今回のテーマは、

家庭でも会社でも未来を考える、
お金の課題をハッキリさせる

について紹介します。

コーチングでは、

未来に目線を置いた問いかけを
「未来質問」と呼びます。

ここでは前回の
お金の使い方に関する
質問を応用し、

お金を通じた家庭や仕事、
会社の未来について
考えてみましょう。

これもワークショップで
よくやるのですが、

当然人によってまったく
違う答えが返ってきます。

今、あなたの目の前、

ただし今度はすこし遠くに

あなたの未来のお金の山があります。

それはどんな大きさで、
どんな出入りをしていて、

どんな人々がそのお金を
取り囲んでいるのでしょうか?

ちょっと想像してみてください。

お金の課題をハッキリさせる質問

20代のサラリーマンで
こんな面白い回答をした
人がいました。

「右半分の山は
ちゃんと見えるけど、

左半分の山は
ベールに包まれています。

僕たちの世代だと
退職金や年金がちゃんと
もらえるのか、

あやしいじゃないですか。

僕、会社の事を
疑っているんだなと、

改めて思いました。」

ある若いOLの答えも
興味深いものでした。

「えー、何も見えない…

これって将来の事、私
全然考えていない証拠ですか?」

と、私に聞かれても困るので、

逆に問い返してみました。

「もしそうだとしたら、誰かが
あなたの将来を考えているのですか?」

家庭でも会社でも未来を考える

そのとき、彼女の顔が
すこし引き締まったように見えました。

「親…に任せている場合じゃないし、
もう少し自分に責任を持たなきゃ」

と、どちらのケースも

「未来のお金の山」を通じて、

今の自分と、これから
なすべきとこの手がかりが
見えてきました。

さて、これが40代になると、

そこに見る未来は、
すぐにやってくる近未来です。

この質問に真剣に答える事で
家庭や会社など

お金の課題をハッキリ
させることができます。

「足りない!」と

一言つぶやいた人、

「小さな山だけど、
奥さんと二人で豊かに
過ごしている感じがする」

と言った人、

「相続税の事でもめている
姿が見える、どうしよう」

と言った人もいました。

この質問はかなり興味深いものです。

あなたもぜひリラックスして
イメージしてみてください。

お金の課題と未来

多くの40代は、

今この瞬間の課題に取り囲まれています。

それは、会社でも家庭でも
同じ事でしょう。

あまりにも現実の過大に翻弄され
がんじがらめになっている人が多いです。

だからこそ、
ちょっと先の未来を見つめる
時間が必要です。

まぶたの裏に浮かんだ
未来のお金は、

あなたにどんな
メッセージを送っていますか?

そのメッセージを受け取って、
今に戻ってきてください。

先ほどの

「小さな山で豊かに暮らす」

姿を見た人は、

それが自分の願望である事に
気がづきました。

独立して起業したいと言うのが
彼の願望だったのです。

そして、まだそんな将来に
向けた準備が何もできていない
事にも気づく事が出来ます。

そして気づきを得ることができれば
後は適切な行動も明確になります。

未来を見て現在を見る、
このプロセスが重要です。

夢ばかり追っても行動に移せませんし、
現実ばかり見ていたら心が動きません。

未来のお金の山は

人生の後半戦を始める為のシグナルです。

お金の課題をハッキリさせる
今回の質問もぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>