家計のコスト管理と財政管理、お金に関する質問で人生設計する


今回のテーマは、

家計のコスト管理と財政管理、
お金に関する質問で人生設計する

について紹介します。

会社を辞めたい、転職したい、
出来れば独立したい、

そういつも口にしながら、

口だけで終わっている人の
多くに共通する事があります。

それは人生の必要経費
が見えていない事です。

お金に関する家計の
コスト管理や財政管理が

しっかりしていないから、

次の行動に移せないのです。

これを会社に置き換えたら、
どんな状況でしょうか。

Aという主力事業が
傾いてきたので、

今のうちにBという
新事業を開発しよう
と考えています。

当然、新規事業を
スタートさせるには
投資が必要です。

どんなに将来が有望でも、
最初は赤字です。

では、どのくらいの
赤字ならゴーサインが
出せるでしょうか?

その判断は、はっきりとした
財務データがあればこそ、
出来る訳です。

スポンサーリンク

お金に関する質問で人生設計する

こんな当たり前の事が、

個人レベル、家計レベル
では出来ていない場合が
多いです。

だからこそコーチング
セッションでは、

「辞めたいけれど、
今辞めたら家族もいるし、生活が…」

という人にこう質問してみます。

「それでは、毎月いくら
あったら暮らして行けますか?」

このお金に関する質問の答えで

日頃のコスト管理や
家計の財政管理など

お金に関する意識が分かります。

「食べるためにしょうがなく働いている…」

と言う人が多いですが、

実際に食べるためにどれくらい
お金が必要か分かってない
事が多いのです。

日本のサラリーマンは
家計を奥さんに任せっきりで
自分は無頓着…

という人が多いですし、

サラリーマンであれば
基本的には確定申告
自分でする必要がありません。

そんなことも、

この質問に答えにくい

「えーと、、」

頭を抱えてしまう
理由の一つでしょう。

家計のコスト管理と財政管理

独立や転職を
考えている訳ではなくても、

収支のシュミレーションは
絶対にしておくべきでしょう。

お金を増やす作戦も
お金を守る作戦も

家計のコスト管理と財政管理など
しっかり把握する事から始まります。

リミットが見えていれば、

今や珍しくなくなってきた
賃金下げなどにも

一喜一憂する事はないでしょう。

これから先、
人生設計として

お金は必ず関わってきます。

生き残る為に自己投資したい、
子供を私学に入れたい、
住宅の買い替えをしたい、

何ど様々な人生の
「経営判断」を迫られたときに、

必要なのは、生きて行ける
最低の数字を把握する事です。

だからこそお金に関する
質問に的確に答えれる
ようになっておく事は重要です。

家計のお金の管理と人生設計する

さて、今あなたは
こう思っていませんか?

「そんなこと、考えれば
すぐに分かる事だろう」

と、

では次のように問われたら、
どう答えますか?

「その最低金額を、どこまで
減らす事が可能ですか?」

たいていの場合、

すぐに出てくる最低額は
無駄遣いだらけの数字です。

将来に備えるそろばん勘定は
ここからが本番なのです。

初めて出した
最低額を元にして、

人生のコストダウン作戦
を練ってみるのです。

たとえ今すぐその
必要がなくても、

もっと減らす事が
できると分かれば、

意味のない生活不安に
惑わされる事は減るでしょう。

これはストレス対策状も

老後に向けた人生設計を
考える上で、

とても大事な事なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>