ドラッカーの考える利益以外の企業マネジメントの目的や使命

ドラッカーの考える利益以外の企業マネジメントの目的や使命
今回のテーマは、

ドラッカーの考える利益以外の
企業マネジメントの目的や使命

について紹介します。

利益…お金…成長…

というのは確かに甘い響きです。

が、この甘い響きには罠もあります。

「自分さえ良ければ良い」

という考えが否定されるのは
おとぎ話のグリム童話の中だけ…

と考える人もいるかもしれません。

しかし人類のシステムは
共存共栄するようにできているものです。

利益至上主義を謳う経営者もいますが、

ドラッカーの考える企業マネジメントの
目的とはどういったものでしょうか?

マネジメント論の大家である
ドラッカーの企業マネジメントの

理念や手法に関する言説は
実に多岐の領域に渡っています。

その定義、役割、方法、課題など
様々な角度から論じられ、

体系化されています。

こう言ったものを読むほど、

まさしくドラッカーは
近代マネジメント理論の
先駆者であると感じます。

彼の先見性は卓越したものがあります。

そして企業マネジメントの目的として

彼は、企業が果たすべき
社会的責任におけるマネジメントについて

深く言及しています。

つまり企業の最終目的は
「金儲け」だけではないと言う事です。

利益以外にも大切な事があるのです。

スポンサーリンク

企業の社会に与える影響

例えば、

企業が騒音や工業廃水などで
公害問題を起こしてしまった時

最も理想的な責任の取り方は
企業活動をストップして

悪影響を完全に排除する事です。

私たちが誰しもが離れられない
社会に悪影響が及ぼすのであれば、

その悪影響は排除すべきである…

確かに理想ではありますが、

現実的にそれは難しいです。

そんなときこそマネジメントの出番なのです。

社会に与える影響を最小限に
食い止めるために組織的な
行動をとらなければ行けないと言う事、

その対処法としてドラッカーは

「影響を取り除く行動そのものを
新しい事業の機会へと転換する事が
企業マネジメントの役割、目的である」

と言っています。

車の排気ガス場問題になるなら

大気汚染を取り除くような製品を
作り出して悪影響を排除するとともに

それを新しいビジネスに変えて
新市場を創造せよと言う事です。

ドラッカーはこの主張をしたのが
もう半世紀も前の事、

今ではこう言った

ビンチをチャンスに変える事業例は
珍しくなくなっています。

福島の原発問題が起きた時、

それまで聞いた事もなかった
ガイガーカウンターが高値で取引された

などは記憶に新しいですが、

環境問題と言う
極めて社会性の高い分野で

その問題解決を事業につなげる
ベンチャー企業も多くあります。

大気よりキレイな排気ガスを
出す車を研究する自動車メーカーもあります。

走れば走るほど
大気が正常化されるとなれば、

まさに新しいイノベーションです。

使命を持ったビジネス、

こうした問題を機会、チャンス、

と捉えるダイナミズムを
企業マネジメントでは創出する必要があり、

そえこそが企業の社会的責任

と言うのがドラッカーの指摘です。

これからますます進むであろう
グローバル社会において、

重要になってくる考え方です。

自分たちの会社だけ、
自分たちの社会だけ、
自分たちの国だけ、、

で考えれば良い時代は
とっくに終わっているのです。

そのときに日本から世界をリード
するような企業は生まれてくるのでしょうか?

私自身はポジティブな期待をしています。

企業の使命、目的とは?

「金儲けはキレイ事でなない!」

という意見にもついつい
私たちは翻弄されてしまいます。

しかし、

時代が進むにつれ、
情報化が進むにつれ、

企業の社会的責任は複雑かつ
重くなってきています。

もちろん利益を上げる事は大切ですし、

その利益から税金を支払う

と言う最低限の責務はもちろんの事、

地域住民や障害者の雇用、
自社製品の廃棄回収、
海外途上国への支援など

社会からの様々な要請に答える
「積極的責務」が求められています。

むしろ使命感を持った企業ほど
これからは伸びて行くのではないでしょうか。

また単に、社会に悪影響
マイナスの影響を与えなうようにする

といった消極的責務にとどまらず、

本業の中で培い、社内で蓄えられた

知識、技術、人材などの資源を
社外にも提供し、

社会の問題解決のために
能動的に貢献していかなくてはならないし、

そうした活動に積極的な
企業が高い評価を受け、

収益を伸ばしていくと言うのが

ドラッカーの考えです。

これから未来の大切になる
企業マネジメントの考え方です。

「企業の目的は利益でなく社会的責任」

今ではその考えを
好むと好まざるに関わらず、

企業はそのような環境におかれ
そう言った企業マネジメントの目的を
おくようになってきています。

ただ、

そうした責務を果たすのは
企業の使命であると言う正論を吐きながら

その責務を事業化せよ

と言う当たりは、

理想家でありながら
リアリストである

ドラッカーの面目躍如と言えます。

利益も利益以外もどちらも重要、

こうした絶妙なバランス感覚が

ドラッカーが日本の企業や
経営者に信奉される

要因の一つなのでしょう。

今一度、あなたの関わる仕事の
企業マネジメントの目的や使命を
ここで考える機会を持ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>