仕事で成功する為の自己管理、セルフマネジメントの活用方法


今回のテーマは、

仕事で成功する為の自己管理、
セルフマネジメントの活用方法

について紹介します。

マネジメントの父である
ドラッカーからマネジメントについて
体系的な知識を学ぶことができます。

しかし最も基礎的で、
本質的に大切な事はなんでしょうか?

マネジメントの極意はつまり、
自己管理、セルフマネジメントにありますが、

自分の力を発揮するためにも
セルフマネジメントを徹底活用する方法を
理解しないと行けません。

人は自分で自分を常に
成長させる環境に置き、

イキイキと働けるように
工夫をしなくては行けないのです。

成長させるのも、
成功して豊かになるのも、
楽しく仕事をするのも、

セルフマネジメント次第なのです。

仕事で成功する為に
自分の力を発揮するための
仕組みを導入しなければいけません。

ドラッカーも、

セルフマネジメントに関する
ポイントとして3つあげています。

1.自分の強みを知る
2.自分の得意な仕事のやり方を知る
3.自分の価値観を知る

ポイント1の「強み」ですが、

自分の長所や短所、
強みや弱みをはっきりと確認する

これが成果を出す上で第一の
土台となる部分です。

自分の強みと言うのは、

過去に取り組んだ事や実績を
あげた分野と言う事でしょう。

好きなものと強みは若干違います。

私は学生時代サッカーが好きで
今でも好きですが、

プレーはへたくそだし、
サッカーの戦略や戦術はまるで分かりません。

だからこの分野に参入すれば
私は結果を出せないでしょう。

「自分はこの分野に強い」と
言ってもある程度客観的に示せないと
誰も納得しくれません。

そう言う意味では仕事の
歴史やキャリアも重要になります。

私も自分の仕事史を振り返ると
自分の関わった仕事の中で実績を
あげられた分野は

「強い分野」と言えます。

※セルフマネジメント・エクササイズ※

ステップ1.

自分の強み、弱み、短所、長所を
書き出してみましょう。

スポンサーリンク

自分の力を発揮する仕事の方法を知る

そしてポイント2の
「自分の得意な仕事のやり方を知る」
ですが、

強みが得意な分野を意味するのに対し、

こちらは自分の力を発揮できる
仕事のやり方の事です。

例えば、タイムスケジュールでは

タスクの優先順位を決めておき、
一番やりやすそうな所や得意な
部分から手をつけると言うやり方

があっている人もいれば、

順番に従って
一つずつこなしていく方法

があっている人もいるなど、

人それぞれです。

自分のパフォーマンスを最大に
引き出せる仕事のやり方は
どういう方法なのか?

それをしっかり把握しておく事が
セルフマネジメントで大切な事なのです。

肉食動物は肉を食べ
草食動物は植物を食べる

自分にやったやり方でなければ
仕事で成功して成果を発揮するのは難しいです。

ドラッカーはこの
自分の力を発揮する仕事の方法を
知る方法はふたつの側面があると言っています。

自分はどんなタイプかを知る

仕事で成功する為に
自分の力を発揮するために

まずひとつめに

自分が「読む人間」か「聞く人間」か
を知る事が大切です。

情報収集は仕事の成果を出すために
とても重要なポイントになりますが、

情報を認識するのには
大きく分けてふたつタイプがあります。

つまり対象を理解する上で

読む事と聞く事が大きな
収集手段になりますが、

読む人は文字情報を自分なりに
整理する中から理解が深まるタイプであり、

聞く人は他の人の持っている
生きた情報を聞く中から情報の
本質を掴むタイプです。

…どちらが良い悪いはありません。

どちらもメリット、デメリットがあります。

大切なのは自分がどちらかを知ること、

大切な仕事をするときに、
時間が十分にあると言うのは
稀な状況です。

緊迫した状況の中で、

得意な情報収集の方法で
短期的に効率よく状況の本質を
見抜く事を意識的に行う事が大切なのです。

自分の力を発揮させる上でも
この情報収集スタイルを知る事は重要です。

※セルフマネジメント・エクササイズ※

ステップ2.

自分の情報収集スタイルが
「読む人間」か「聞く人間」か
を判断して書き出す。

一人でやるか、組んでやるか?

さらに仕事で成功し
自分の力を発揮させる上で
知っておきたいもう一つの事が、

人と組んだ方が良い仕事ができるか、

それとも一人の方がやりやすいのか、

と言う事です。

言い換えれば、

大きな組織の方が合っているのか、
小さな組織の方が力を発揮できるか、

リーダーとしてやる方が、
力を発揮できるタイプか、
それとも補佐役タイプかといった、

自分以外の外とのつながりで
自分の得意なやり方を把握しておく事です。

ビジネスマンとして
様々な仕事をやって行く中で
色々な経験をするでしょう。

大きな組織に属したり、
一人でコツコツやったり、

リーダーとして人を率いたり、
参謀としてサポート役に回ったり、

でももっとも自分の力を発揮して
仕事の成果を出すためには、

自分の上手く行くやり方でやるときなのです。

仮に苦手なやり方をやらなければ行けない
状況に陥ったときは、

得意な情報収集のやり方をして、
得意な人との組み方を学び、

全体をデザインした上で、
足りない部分を設計していく方法を
とると良いでしょう。

※セルフマネジメント・エクササイズ※

ステップ3.

自分が最も得意で、力を発揮できる
人との組み方を把握し書き出しましょう。

自分の価値観を知る事が最も大切

ポイント3の

「自分の価値観を知る」と言う点は、

ドラッカー自身は、シンプルに
価値観としか言っていないのですが、

恐らくその意味は

「人生に置ける優先順位、
大切にしていて譲れない部分」

と言う事でしょう。

この価値観と先ほど紹介した
自分の強みが一致すれば、

その人は最も力を発揮でき、
仕事の成果をあげられるでしょう。

やりたいこと、得意な事、大切な事

これが一致して仕事ができるのは、
幸せな事ですし、

私たちがセルフマネジメントで
目指すべきポイントと言えます。

しかし、現実的に

なかなか価値観と強みを一致させる事は
難しい事かもしれません。

例えば不得意な分野で
キャリアを積まなくては行けない場合など、

組織で働く上では珍しい事ではありません。

しかしそうした場合でも、

「最後には強みよりも価値観を
優先させるべき」

とドラッカーは断言しているのです。

では、、

組織の価値観と個人の価値観が
合わない場合はどうするべきでしょうか?

自分の時間を大切にしたいが、
会社は残業を要求してくる、、

難しい問題ですが、

まず両者の折り合いをつける
努力をする事が大切です。

残業が問題ならば

勤務時間中の仕事の効率を上げて
残業時間を減らすなど

解決するアイデアはいくつかあります。

つまりそれは仕事の改善にもなり
WinWinの方法となります。

なので両者の価値観の
共存は計るべきでしょう。

ドラッカーも

「組織の価値観に染まる必要はないが、
共存する努力はすべきである」

と言っています。

その上で組織に自分の強みを
提供すれば、

個人の役割は済んだと割り切り、
自分の価値観を優先させます。

それ以上の奉仕をするかどうかは

それぞれの価値観に照らし合わせ
判断すれば良いのではないでしょうか?

これらのドラッカー流、自分の力を発揮するための
セルフマネジメントを参考にし、

仕事のやり方を見つめなおして
見てはいかがでしょうか?

※セルフマネジメント・エクササイズ※

ステップ4.

あなたの人生の最も最優先事項
価値観は何でしょうか?

把握して書き出してください。

以上を参考にして、

仕事で成功する為、成長のための
自己管理、セルフマネジメントの
活用方法を

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>