ドラッカー流、リーダーシップとカリスマ性の意外な関係の特徴


今回のテーマは、

ドラッカー流、リーダーシップと
カリスマ性の意外な関係の特徴

について紹介します。

古今東西の力のある
リーダー像をイメージしてください。

リーダーシップを発揮するためには
カリスマ性が必要である…

と言うイメージを持っている人が多いですが、

ドラッカー流リーダーシップでは
意外にもカリスマ性は重視されていません。

彼のリーダシップ論の特徴を
今回は紹介していきます。

人間は社会な動物であり、

必ず群れを作り組織を作り
発展してきました。

そのリーダーシップ像は
古今東西様々あり、

リーダーシップの弊害で
多くの人が困る事もあったのは事実です。

ただリーダーシップが重要なのは
いつの時代、どの国でも、どの組織でも
重要である事は間違いありません。

日本の企業は近年大きな
変革期に直面しています。

組織の中堅リーダーたちは、

従来の年功序列システムのもと、

上からの命令を下に伝える
中間管理職的なあり方から

部下育成により具体的な成果を
迅速に求められる方向に、

仕事のあり方が変わってきています。

そんな中で、部門リーダーとして
どう振る舞うべきか、

何をすべきか悩み、
迷っている人も少なくありません。

組織におけるリーダーシップのあり方が
大きく揺らぎ問い直されている時代、

ドラッカーのリーダシップ論から
学ぶ事は多くありそうです。

ただ彼のリーダー論は
非常にシンプルなのです。

リーダーシップにカリスマは要らない

ドラッカー曰く

「優れたリーダーシップには
カリスマ性は無用であり、

生まれながらのリーダー的資質
と言うものも存在しない」

と断じているのです。

つまりリーダーシップのために
カリスマ性がチョットくらいあれば良いかな~

と言う考え方ですらなく、

個人崇拝のカリスマ性は、

むしろ組織から柔軟性を奪い、

その結果、組織を誤った方向に導き、

下手をするとリーダー自身を
破滅させる事にもなりかねないと言う事なのです。

ワンマン的、独裁的な
リーダーシップは

むしろ組織の発展に弊害がある
というものです。

例えば、政治的リーダーを見ると、

ヒトラーやスターリンなど
独裁者と呼ばれる人は、

いずれもリーダー自身の
カリスマ性を求心力の核として
組織を率いたと言う特徴を備えています。

しかし、カリスマ性、個人の資質に
頼りすぎた組織は、

いずれも破滅に向かう事が
歴史を見ても証明されていると言う事です。

あなたの上司のリーダーシップ、

或はあなた自身のリーダ哲学は
どういったものでしょうか?

ここでその特徴をもう一度考え直してみる
必要があるかもしれません。

リーダーシップは神秘的なスキルではない

カリスマ的リーダーシップは
長期的に破滅する、、

これは企業組織でも同じです。

企業の目的は
安定的長期的な成長を続ける事、

カリスマ性を発揮した起業家が
一発当てる事は良くありますが、

その多くは長く続きません。

トップのリーダーの力量に
頼りすぎる組織は、

意思決定組織が個人に属してしまい、
システム化できないきらいがあるのです。

ワンマン的経営であるほど
決断が楽で行動が早い
というメリットがあります。

そのため、組織としての
成長は早いですが、

衰退も早いと言う
継続性に乏しい欠点があります。

また、トップダウンと言うのは
速やかに意思決定する仕組みの事であり、

決してカリスマ的ワンマンリーダーが
好き勝手な判断を下す事ではないのです。

ドラッカーは

「リーダーシップと言うのは
神秘的なものでなく、

平凡で退屈なものであり、

その本質は行動にある。

それは集団をよりよい方向へ
導くための行動手段であって、

リーダーシップを身につける事
自体が目的化しては行けない。」

と釘を指しています。

リーダーシップの本質を
しっかり軸に持っておかないと、

おかしな方向へ行ってしまいがち
なので注意が必要です。

真のリーダーシップの3つの特徴とは?

カリスマ性が要件でなければ、

真のリーダーシップと言うのは
どうあるべきなのでしょうか?

ドラッカーはここで
リーダーシップの要件を3つ挙げています。

一つ目の要件が、

「リーダーシップを『仕事』と捉える事」

つまり「組織の使命」という
大きく曖昧な理念、概念を

”チームの目標”という明確な
課題にブレイクダウンして定義し直す。

そうする事でメンバーの意欲を促し、

組織の生産性を上げ、
成果に直結させていく、

それがリーダーの特徴、第一のタスク

そうドラッカーは明言します。

そして第二の要件は

「リーダーシップを地位や特権でなく
『責任』と捉える事です。

優れたリーダーは、責任を自分で負い、
部下に存分に仕事をさせ、

彼らを誇りに感じ、
部下に成功させた自分の成功を誇りに思う」

これがドラッカーの言葉ですが、

カリスマ性を超えた
真のリーダーの持つべき心構え、

とるべきスタンスとして、
極めて示唆に富んだ内容を示しています。

リーダーシップの特徴とはシンプル

残念ながら口だけで
表面上のテクニックで
カリスマ性を演出できてしまいます。

例えば

普通の人を捕まえてきて、

高級車をレンタルし、
六本木ヒルズの前で、

女優さんと一日契約し
秘書役をお願いし

高級スーツに身を包み
写真をとってしまえば、

どんな凡人であっても
やり手ビジネスマンのように見えてしまいます。

表面上の演出を使えば、
カリスマの誕生です。

(新興宗教や詐欺的ビジネスの多くは
こうした手法を使うので注意です!)

しかし本当に必要なのは
そう言ったものではないのです。

そこでドラッカーの説く

リーダーシップ第三の要件は

『信頼が得られる人物である事』です。

信頼できないリーダーに
従う部下はいません。

ただ、ドラッカーはここでも
うがったアドバイスをしています。

「信頼されると言う事は、
必ずしも好かれる事と同義ではない」

ということです。

人間的にはいい人だが、
リーダーとしては信頼できないと言う
ケースは意外と多いものです。

カリスマ性はいらないと言っても、
誰の意見もウンウンうなずく

いわゆるいい人ではリーダーは
務まらないのもまた確かです。

では、本当の信頼感は
どこから生まれるのでしょうか?

ドラッカー理論をまとめると

「話が信じられる」
「言動が一致している」
「一貫性がある」

となるでしょう。

つまり

仕事、責任、信頼

この3つの条件が真のリーダーシップ
に必要なものであり、

カリスマ性ではなくむしろ、

まともすぎるほどの倫理感や
道徳観に基づいている事に
留意してください。

そう言う意味でドラッカー流リーダーシップは
非常にシンプルで平凡なもの、

真理の特徴と言うのはたいてい
そう言うものなのでしょう。

ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>