ビジネスの効果を上げる判断、決断と選択、意思決定の原則

ビジネスの効果を上げる判断、決断と選択、意思決定の原則
今回のテーマは、

ビジネスの効果を上げる判断、
決断と選択、意思決定の原則

について紹介します。

人生は選択の連続

という事ですが、

数ある選択肢の中から
できるだけ優れた選択肢を選ぶ
事ができるほど、

人生は向上するという

シンプルなものですが、
なかなか困難な事でもあります。

ビジネスの効果を上げる
意思決定の原則について

ドラッカーの考えをふまえて紹介します。

いかなる組織であっても、

ビジネスでは意思決定の連続で
活動が維持されています。

意思決定や進路の決断と言うのは
幹部だけに限られたタスクではなく、

全社員が毎日の仕事の様々な場面で、

様々な規模とレベルにおいて
判断や決定を間断なく行わなければ行けません。

たったひとつの決断、判断で
ビジネスの将来が決まってしまう事もあります。

たったひとつの間違った意思決定で
ビジネスは傾くかもしれない、

逆にたったひとつの正しい意思決定で
ビジネスは成長していくかもしれません。

だからこそ大切な事なのですが、

マネジメントの世界では
現場への適切な権限委譲が大切にされているのも
こうした理由が挙げられます。

スポンサーリンク

意思決定がビジネスの将来を左右する

そうです。

経営トップになればその判断や選択、

意思決定の影響力は、

組織の存在を左右しかねないのです。

つまりトップに行けば行くほど、

意思決定を効果的に正しく
行う必要があるのは言うまでもありません。

だからこそ、思いつきで
感覚で決定するのではなく、

原理原則を押さえた意思決定の
プロセスを把握しておくべきなのです。

企業の中では、

上層部の誤った判断が
現場を混乱させ、

その修正のために社員が
必死で尻拭いをすると言うような、

およそ生産的でない活動に
追われているところもあります。

つまり、正しい意思決定と
その技術こそが、

マネジメントにおいて最も重要なのです。

そして効果的な意思決定のためには
様々な条件があり、

ドラッカーはこの点について、
実に有益で含蓄のある意見を述べています。

「重要な事柄だけに絞り込んで、
決定の数をむやみに増やさない事、

決定に当たって原則に基づくべきか、
ここの事情を重視すべきかを良く判断する、

賢明な決定よりも
”健全な決定”を心がける」

といったものです。

その中からいくつか
興味深い事例を紹介しましょう。

意思決定の原則と例外

ドラッカーがまず挙げているのが、

意思決定の対象となる問題の
性質を知る必要性について

…です。

つまりそれが、

基本的な問題なのか、
それとも例外的な問題なのか、

と知る必要があると言う事です。

そして前者であれば
原理原則や手順を通じて、

いつものように解決する。

後者であればその状況に従って
個別の問題として解決するのです。

ビジネスで起こる問題と言うのは、

問題を起こした当事者にとっては
例外的に感じても、

一般的には基本的な問題もあります。

もちろん、本当に特殊な問題や
これまで例のない新しい問題もありますが、

たいていは基本的な問題しか起きないので、
原則を基準に判断できる

と言うのがドラッカーの説です。

聖書には「日のもとに新しきものなし」
と言う言葉があるようですが、

自分には例外の問題と思えても、

よく調べてみると前例が
あったりする事が多いものです。

実はリサーチ不足や情報不足が原因で
「新しい」と勘違いしてしまうケースが多いのです。

つまりビジネスの効果を
上げる判断、決断と選択、

意思決定と言うのはほぼ、

「原則に則って行動すれば、
間違いが少なくなる」

とも言えるのです。

意思決定の効果を決める基準

さらにドラッカーの意思決定について
傾聴に値するのが、

意思決定においては、

「どんな決定が受け入れられやすいか」
「反対意見が少ない決定はどれか」

と言った観点からスタートしては行けない
と述べている点です。

何事も易きに流れては
行き着く先は地獄である…

事が多いですが、

意思決定も同じなのです。

決断や決定と言うのは
周りの人間関係を巻き込む事です。

どうしても顔色や気遣いをしたりして
他人の心の声を聞きがちですが、

ビジネスの効果的な意思決定では、

周囲が気に入るような「妥協的な」
決定をするのではなく、

常に「原則的で」正しい決定を
下さなくては行けないと戒めています。

心情に流されて決断をすれば
ビジネスが傾きかねません。

そうすればそのビジネスと言う船に乗る
メンバー全員に迷惑が被るのです。

甘い意思決定をしては行けません。

…そんな事当たり前だろう、、

そう思うかもしれませんが、

この当たり前の事がなかなか
できないのです。

決断、選択はある意味スキルとも言えます。

「ぶれない」意思決定を心がける

例えば、

他者の成功事例に惑わされ、
自社の経営資源の強み、弱みを
検討せずに新しい決定を下したり、

ボトムアップ重視の姿勢にこだわりすぎて、
部下の意見を汲み取りすぎて、

つい彼らに迎合する形の
意思決定をしてしまうと言うケースなど
良くある失敗例と言えるでしょう。

ビジネスにおいては、

その時々の周囲の声や流行に促されて、

本来、それほど必要でない
経営手法を導入するなど、

原則を忘れた意思決定を
行う事が少なくないのです。

決して決定しやすい判断が
正しい結論ではありません。

常に自分のビジネスの
経営原則を判断基準として

「ぶれない」意思決定を心がけます。

これは企業だけでなく、

自分自身のタスク管理
タイムマネジメントでも同じです。

自分を高めるために
自分をしっかり分析して、

生産性を上げるための
タスク管理をする必要があります。

自分の心の声の甘い声、
家族の意見などを汲み取りすぎて、

生産性の低いタスクをやっていれば
成長は臨めません。

ビジネスでの意思決定でも、
自分の生活の意思決定でも、

効果を発揮するために
原則に沿った正しい選択、決断をしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>