知の巨人、ドラッカーの理論を学び成長、成功を目指そう


今回のテーマは、

知の巨人、ドラッカーの理論を
学び成長、成功を目指そう

について紹介します。

これからこのサイトのテーマでは

ドラッカーの理論を学び成功を目指そう

と言うテーマで様々な情報を
お届けしていきます。

大きな企業から、小さな企業まで、

経営者からビジネスパースンまで、

彼の骨太の経営理論を学ぶ事で
更なる成功が期待できることでしょう。

「マネジメント」を発明した人物として
知られるピーター・ドラッカーのファンは
日本にも多いです。

常に、本屋には彼の本が置かれ
ロングセラーとして愛され続けています。

残念ながら、2005年に
ドラッカーは亡くなってしまいましたが、

未だにその最新の論文が
競って読まれ、

新刊本が出版されるたびに
必ずベストセラーになっています。

この傾向は数十年に渡り一行に
変わる気配がありません。

それだけ長く愛されていると言う事は
それだけ理論がしっかりしている証拠でもあります。

余計な経営知識を幅広く学ぶよりも、

知の巨人と呼ばれるドラッカーを

深く理解する事で間違いなく
人生を成長させる事ができ、

成功への確率は格段に上がる事でしょう。

スポンサーリンク

ドラッカーの理論の奥深さ

該博な知識、歴史に対する深い洞察力、
人間と組織に対する透徹した眼、
数学を読む解く力、

小さな変化から未来を展望する眼力、
逆説的な言い方で胸に刺さる警句の数々など

褒めればきりがないほどの

ドラッカーは経営学の泰斗である事は
誰もが認める事でしょう。

私も、会社員時代から、
ドラッカーの熱烈なファンでした。

ただ、、

知の巨人と呼ばれるドラッカー理論
という巨大な森は、

複雑に入り組み、

そして時代の変遷に応じて
進化し続けています。

そのせいか、全貌を捉えるのは
なかなか困難な事です。

逆説的に言えば、

誰もがドラッカーの理論を
完全に理解できていないからこそ、

毎回、本がベストセラーになる
と言う事もあるかもしれません。

しかし、彼の理論のひとつでも二つでも

人生に、仕事に、活用する事で
成果が上がっていき、

成功への道を突き進む事ができるのです。

これからこのサイトでは、

様々な角度から、ドラッカー経営学の
神髄に迫っていこうと考えています。

ドラッカー理論の説く「個人の生き方」

ドラッカー経営学から何を学ぶのか、

ドラッカー理論から学べる事は、
経営そのものだけではなく、

経営に参画するビジネスパーソンすべてが
その生き方、仕事の進め方を学べます。

今回のテーマでは、

知の巨人ドラッカーという
巨大な森と格闘するにあたり、

組織と社会に生きる個人に
フォーカスを当てていきたいと思います。

ドラッカー理論を学ぶ上で、

誤解を恐れずに言えば、

文意を必ずしも正確に理解する
必要は無いと言う事です。

こういう言い方をすると、

「ドラッカーを誤解してしまうのではないか?」

と心配する人がいるかもしれませんが、

ドラッカーを学ぶ事はあくまで手段であり、

目的本質は、あなたの仕事の成果を上げ、
目標を効率的に成長、達成し、成功する事です。

だから、正確に知るよりも
あなた自身の気づきやひらめきが大切なのです。

知の巨人、ドラッカーの理論を活用した成長法

確かに第三者にドラッカー理論を
説明する必要がある場合など、

学術研究の対象として
ドラッカーを学ぶ場合であれば、

厳密生が要求されるので、
正確に理解する必要があるでしょう。

ただ、

「ドラッカーを一般教養として学びたい」
「仕事の参考にしたい」

人にとっては、

細かい所まで正確に把握するよりも

自分が納得できる範囲で理解する事が
大切なのだと思います。

ドラッカーが研究対象としてテーマは
多岐にわたっています。

経済、経営、歴史、社会など
あらゆる分野にまたがっています。

なので、ドラッカーの成し遂げた仕事の
すべてを理解する事はきわめて難しいでしょう。

なのでこのサイトでは特に重要、

仕事の成果を出すのに重要なテーマに絞って
解説していこうと考えています。

自分自身の成果を上げ、
成功するための

個人の最大の能力を発揮させ、
価値を高めて成長し、成功していく方法を
紹介していきたいと思います。

会社や組織のマネジメントよりも
むしろ個人的な生き方として参考にしてください。

そしてそれが当然、
組織の成長にもつながり、

社会の成長にもつながるのですが。

ドラッカー自身も言っている通り

「マネジメントは一般教養である」

と、

つまり教養人と言うのは、
常に自らの生き方を自らに問うている人

ということなのです。

あくまで個人的な意見です

「生き方を問う」というのは、

時代を認識したり、
組織のあり方を考えたり、

その中でやるべき人の仕事や使命を
考えたりする事と言えるでしょう。

そして人生で大きな成果を上げ
成功していくために、

さまざまなトピックを
紹介していくつもりですが、

「イノベーションにはリスクが伴う

しかし、イノベーションを行わない
事の方がリスクが大きい。

イノベーターはリスクを明らかにし、
それを最小限にする。

だからイノベーターは保守的な人である。」

こういった名言やフレーズが
著作の随所に埋め込まれているのが

ドラッカーの魅力のひとつです。

しかし、こうした箴言の総体としての
ドラッカー理論を、

私たちは十分に理解しているとは
言えないような気がします。

「論語読みの論語知らず」
と言うことわざのように

「ドラッカー好きのドラッカー知らず」
になっている人も多いでしょう。

これはもちろん私にも当てはまります。

これから私が紹介していく話は

「私はドラッカーの理論をこう理解している」

と言うあくまでも私の解釈であり、
これが正しいとは思っていません。

なので、もし今までドラッカーの
著作を読んだ事が無い人は、

これを機に彼の著書に触れてみると良いでしょう。

途中で挫折して読破できなかった人も
もう一度チャレンジしてください。

そしてあなたなりのドラッカー理論を構築し、
成功を目指してチャレンジしていってもらえれば、

これほど嬉しい事はありません。

では、これから、知の巨人、
ドラッカー理論の世界に
一緒に入っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>