ドラッカー流の原書の読み方、外国語のインプット力も上がる


今回のテーマは、

ドラッカー流の原書の読み方、
外国語のインプット力も上がる

について紹介します。

語学が得意な人以外は
チャレンジも大きいでしょうが、

膨大な量の著作がある
ドラッカーの著書を読み進めて、
理解が深まってきたならば、

次は彼の原書にチャレンジしてみるのも
素晴らしい事だと思います。

外国語の力が伸びるだけでなく、
ドラッカーの知恵に関して再発見もあります。

実はこれはドラッカー自身が
実践していた方法でもあります。

チャレンジレベルは高いですが、

それだけリターンんもある
やりがいのある勉強法だと言えるでしょう。

KindleやiPadの普及に伴い
洋書や原書を簡単に入手して読める
インフラは整いつつあります。

また本を読むだけでなく、
オーディオブックを使い、

耳から学習する事も出来ます。

外国語のインプット力も上がる環境は
十分備わっているのです。

スポンサーリンク

ドラッカーは原書まで読み込んだ

ドラッカー自身は英語を始め
ドイツ語、フランス語、スペイン語の本を
手当り次第に読んだといいます。

マルチリンガルの知の巨人は
様々な文化の言葉から知識を
インプットしていたのですね、

そうなればもちろん世界観、知恵
アウトプットのレベルもは変わっていくでしょう。

ドラッカーが複数の言葉を
使えるようになったのは
その生い立ちに理由があるようです。

ドラッカーの父親は

オーストラリア=ハンガリー帝国の
政府高官でした。

そのため長年にわたって週三回
自宅でパーティーが開かれていたと言います。

参加者には

経済学者のヨーゼフ・シュンペーターや
フードリッヒ・フォン・ハイエク、
オスカー・モルゲンシュテルン

後のチェコスロバキア大統領の
トマーシュ・マサリク、

ウィーンの大女優マリア・ミューラーらが

いたというので圧倒的な顔ぶれです。

それはともかく、

この多様な国籍の人々が集う環境で、
ドラッカーは極自然にドイツ語や英語、
フランス語を使うようになったと

当時を様子を述べています。

最もドラッカーのような
環境はきわめて特殊に違いないです。

ただ私たちも、
外国語を学ぶ事には意義があります。

社会人のための外国語の読み方、学び方

外国語をマスターし、
別言語でインプットが出来るようになれば、

勉強テーマにしても、
その分野の追求にしても、

アウトプットに関しても
レベルが上がっていくでしょう。

ただここで、外国語の学習自体が
多くの人が選ぶ勉強テーマではないでしょうか。

外国語を勉強テーマに選んだ場合、

具体的成果として一番分かりやすいのは

TOEIC600点とか700点と言う話でしょう。

でなければ、何かの洋書を
1冊読み切ると言う事になるでしょうか。

またアウトプットをより
具体的なものにするために

その本を丸ごと訳出する
と言う手もあるでしょう。

翻訳家としてデビューする事も出来ます。

特に洋書1冊を読み切ろうと
考えている人には、

ぜひともドラッカーの原書を
テキストにされる事をお勧めします。

アマゾンなどのネット書店では
原書も簡単に手に入ります。

英語の勉強になるばかりか、

ドラッカーの思想にも
深く触れられて一挙両得です。

ただし、ドラッカーの
マネジメント論を総括した

『Management』
(日本語タイトル『マネジメント』)

などはペーパーバック版でも
839ページにも及びます。

これをテキストに選ぶ場合、
よほど覚悟で事に当たる必要があるでしょう。

一方、英語にはあまり自身が無いけど、
ドラッカーものに挑戦したいと言う人には、

『The Five Most Important Question』
(日本語タイトル『経営者に送る5つの質問』)

がオススメです。

ペーパーバック版で110ページと
分量も手頃です。

原書と併せてオーディオブックも活用する

外国語のインプット力も上がる
という意味では、

さらに併せてオススメなのが
オーディオ・ブックの活用です。

これは本の中身のテキストを
朗読したものです。

『The Five Most Important Question』

のオーディオブックの場合だと、
アップルのiTunesストアでも購入できます。

オーディオブックと組み合わせて
原書を読むと言うのはなかなか効果的です。

人間の五感をフル活動するほど、
記憶にも残りやすいです。

目だけでなく、耳からも
インプットするのは効果的です。

辞書を引きながら読んでいると、
一冊読み切るのにはかなり時間がかかります。

そこで、まずオーディオプックを
聞きながら原書のテキストをおいます。

ここでは些細な意味は無視して大意を
理解するように努めます。

そしてとにかく一冊読み終えたら
聞き終えたら

再度冒頭に戻って、
詳細な意味を確認していくと言うやり方です。

当然の事ですが、

ナレーションは録音されたときの
スピードで淡々と進みます。

そのため、テキストを目で追う場合は
強制的に文字を読まなければ行けません。

英文を読んでいると散漫になりがちですが、

オーディーブックによるこの
強制はなかなか効果があります。

また、通勤時間中に繰り返し聞くだけでも
もちろん効果があるでしょう。

またアマゾン系列のオーディオブックを
専門に扱うオーディブルというサイトだと、

ドラッカー関連のオーディオブックの
種類も豊富です。

『マネジメント』や『ネクストソサエティ』の短縮版、

『イノベーションと起業家精神』『明日を支配するもの』
の完全版などを入手できます。

オーディブルでは

オーディオブック1本が、購入可能な最低料金が
毎月引き落とされる仕組みになっています。

月に1本読み続ける決心のある人ならば
種類も豊富なので、

メンバーになるのも良いアイデアかも知れません。

もちろん途中でのキャンセルも可能です。

ただし、オーディブルが提供する
各種優遇を受けると、

ホームページからのキャンセル不可になり、
国際電話でキャンセルを申し込まなければ
ならない場合もあります。

利用する場合、インセンティブには用心すると
頭の片隅においておくのも良いかもしれません。

以上、ドラッカー流の原書の
読み方を参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>