分かりやすい、読みやすい、理解しやすい文章の書き方のコツ


今回のテーマは、

分かりやすい、読みやすい、
理解しやすい文章の書き方のコツ

について紹介します。

前回まで、社会人の勉強法として、
必ずアウトプットを取り入れなければいけない。

と言う話をしてきましたが、

ここで文章を書いたり、
プレゼン資料を作る際に、

どうしても分かりにくかったり
難解な表現をしてしまう人がいますが、

効果的なアウトプットのためには

分かりやすい、読みやすい分かりやすい、
理解しやすい文章を書く事を重要視し、
その方法を知る必要があります。

実はこれには
読み手にメリットがあるだけでなく、

書き手にもメリットがあるのです。

詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ドラッカーの文章はなぜ分かりやすいか?

ドラッカーの膨大な著書を読むと

テーマは幅広いですが、
とにかく分かりやすかったり、
読みやすい事に気づきます。

前に紹介したドラッカーの執筆手法で
特徴的なのが、

口述を用いている点です。

つまり、物を書くために
話す事を取り入れているのです。

この口述がテープに録音され、
アシスタントに手渡され

これがタイプ打ちされます。

そしてこれをもとに初稿を完成させるのが
ドラッカーの流儀だったと言います。

実はここに分かりやすい文章、
読みやすい文章の作り方の秘訣があります。

私が以前コピーライティングの書き方
と言う講座を受けたときに

最も印象に残っているのが、

「中学生にも理解できるように書きなさい」

と言う事でした。

そしてそのために中学生に分かりやすく
説明できるような話し方を学びなさいと
教わったのですが、

この意識を持つだけで

分かりやすい、読みやすい、理解しやすい

そんな文章に近づきます。

ドラッカーの口述には
そういった理由もあるでしょう。

話しかけるように書くスキル

人は話すときは分かりやすく
喋る傾向にあるのですが、

書くとなれば難解になりがちです。

だからこそ、
ドラッカーは執筆をする際に

まず口述で伝えたのですし、

人に読ませるための文章を
作るプロであるコピーライターも、

話す練習をしろと言うのでです。

ここで
iPhoneの録音機能を
メモ代わりに使う人や、

テープレコーダーを持ち歩き、
アイデアが浮かんだら録音する人もいるでしょう。

でも、本の執筆で、
口述を使うのは珍しいのではないでしょうか?

しかしドラッカーの手法は真似の
検討に値するでしょう。

ちなみにまだアシスタントを
雇う余裕のない私にとって

気になるグッズがあるのですが、

それがiPhoneアプリとして

音声を文字にする、
音声入力ソフトの存在です。

これがうまく使えれば、

口述からタイプ、文字化への流れが
非常にスムーズにいきます。

長い文章でなく、
コラム程度の短い文章作成から
実験してみるのも悪くないでしょう。

まず何か伝えたいメッセージがある時、

身近な誰かに口述で伝えてみる、
或はマイクに向かって話しかけてみる、

こうしたステップを踏む事で、
様々な気づきがあり、

分かりやすい、読みやすい、理解しやすい
文章を書く事も出来るようになります。

アウトプットには相手がいる

インプットとアウトプットの
大きな違いは相手がいるかどうかです。

インプットだけなら自分本位で構いませんが、

アウトプットであれば、
読み手、聞き手と必ず相手がいます。

だからこそ相手を思いやる気持ちで
アウトプットしなければ、

伝えたい事も伝わりません。

なのでアウトプットは
速さや効率を重視するよりも、

分かりやすい表現、
読みやすい文体というのを

十分に気を配るべきでしょう。

一般的に、理解できないような
難解な文章を書くほど、

「頭がいいと思われる

と思ってしまうのか
難解な表現をしてしまおうとする
人が多くいます。

私もそういった経験がありますが、

これでは自分自身の理解不十分を
他人から指摘されるのを恐れ、

自然に、或は故意に
難解な言葉で読み手を煙に巻こうとする
だけと思っていいでしょう。

ただアウトプットにおいても
独りよがりになってしまうのです。

相手を思いやる人、
自分よがりな人、

どちらから話を聞きたいかと言えば、
当然前者からでしょう。

もし書いているうちに、

表現が難解になってきたと気づいたら、

いったん、書くのを辞めてみましょう。

そして、もっと分かりやすい
表現はないか考えてみましょう。

難解な表現をしてしまっている時こと

これは自分のインプットが
足りないのではないか?

勉強内容や理解度を
再度吟味する機会とも言えます。

つまり分かりやすい、読みやすい、
理解しやすい文章を書く方法を
実践する事は、

何より自分にとってメリットがある事なのです。

成功者ほどシンプルで奥深い
人生のコツをさらっと言う傾向がありますね、

彼らは様々な知識や経験を
ふまえれているからこそ

含蓄のある言葉が言える、

しっかり理解している人ほど
分かりやすくアプトプットできると言う事です。

なので簡単に言えば、

分かりやすく、読みやすく書ける
ようになるまでしっかりと勉強する

と言うのが一番大切と言う事です。

プロこそ分かりやすく書ける方法を知っている

この考え方は本を読む際も有効で、

難解な本を読むときは、

「この難解な文章を書く本人は
本当に内容を理解して書いているのだろうか」

と疑ってかかるのです。

書いてある内容が理解できないときは、

もちろん読み手の理解力が
足りないと言う場合もありますが、

実はほとんどが読み手ではなく
書き手の問題…と言うケースもあります。

その多くは書き手の理解不足とも
考えられるのです。

或は、読者に自分のメッセージを
「伝えたいんだ」と言う熱意が低いか、

書き方が下手な可能性もあります。

特に専門書を読む際、

経済学の分野で言えば
ケインズやマルクス、シュンペーターなど

著名な経済学者が書く文章は
本当に読みにくいですね。

しかしすべての学者が難解な
文章を書いているかと言えば、

そんな事もありません。

2008年にノーベル経済学賞をとった
ポール・クルーグマンさんが書く文章は
非常に明快で分かりやすいです。

同じ経済学者の文章かと思うほど
読みやすい物です。

さらに実際にそのグルーグマンさん自身が

「経済について論じる人々が
往々にしてかられやすい誘惑とは、

やたらにもったいをつけたがると言う事だ。

(中略)

遊び心のない、もったいぶった
調子で論を展開する人々は

経済学だろうと他の分野だろうと、
新鮮な洞察を提供する事は
まったくといっていいほどない」

(ポール・クルーグマン『世界大不況からの脱出』より引用)

と言っています。

と言う事はクルーグマンさんの
文章がどのようなものかおおよその見当がつきます。

実はドラッカーも同じようなことを言っていて

「過去40年間における最大の堕落は、

分かりやすい事はレベルが低い
と考えるようになった事だ。

(中略)

どのようなレベルにあろうと、
知識を持つ人たちは、

人に理解してもらう義務を持つ」

(ピーター・ドラッカー『P・F・ドラッカー経営論集』より引用)

これもまた名言ですね。

少なくとも難解な文章を
崇拝してはいけません。

誰でも理解できる優しい
言葉で書かれたものこそ
優れた文章なのです。

分かりやすい、読みやすい、理解しやすい
文章を書く方法をしっかり実践しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>