todoリストとnot-todoリスト、優先順位と劣後順位は全て大切

todoリストとnot-todoリスト、優先順位と劣後順位は全て大切
今回のテーマは、

todoリストとnot-todoリスト、
優先順位と劣後順位は全て大切

について紹介します。

時間は、我々の人生に置いて
絶対的にかけがえのないものです。

あなたが行うことは全て
時間を必要としますし、

あなたの業績や成果と言うのは、
時間の使い方と直接繋がっているのです。

何もかも全てできる訳ではありませんし、
全てが重要な訳でもありません。

もし時間を管理しなければ、

他のことも効果的に管理
できなくなります。

普段、無意識で時間を使う人は、
コントロール力が無いという事です。

意識的に何をして「何をしないか」まで
明確に決めておく事が、

生産性を高めるポイントになります。

時間を効果的に使う
タイムマネージメントと言うのは、

成功するため、
すばらしい業績を上げる為の

基本となるのです。

偉業を成し遂げた人間はもれなく、

時間の使い方を絶えず注意し、
工夫し、意識しているものです。

ここで、効率的な
タイムマネージメントのために

TODOリストとNOT-TODOリストは
どちらも大切なのです。

スポンサーリンク

勉強でも仕事でも大切な選択の極意

やらなければ行けないリスト

いわゆるTODOリストは
誰しもが作った事があるでしょう。

スケジューリングの基本だからです。

しかし選択と言うのは、
選択しない事を決める事でもあります。

なぜなら

「今実行すべき事」を決めると言う事は

「今実行すべきでない事」
を決める事でもあるからです。

リストアップした個々のTODOが
等しく同じ重要性を持っている
事はありません。

それぞれの重要性には
相対的な軽重があります。

また時間の先行性にも
相対的な軽重があります。

言うまでもありませんが、

相対化と言うのは変化する
ある対象を基準にした場合と言う事です。

基準にする対象が変わるため
軽重が変化します。

これに対して基準を固定化
する事は絶対的です。

なのでTODOリストが出来たら

内容の重要性と時間の先行性を考慮して
リストアップしたTODOリストに
優先順位をつけます。

これを確保した空き時間に
割り振っていく事で

計画を立てられるのです。

todoリストとnot-todoリスト

こう考えると、計画作りと言うのは
選択に他なりません。

そしてTODOリストを選択する事や
優先順位を決めると言う事は、

ある意味では反対の
劣後順位を決める事とも言えます。

つまりNOT-TODOリストです。

そして本当に重要で判断が
難しいのは、

何をしないかを決める
NOT-TODOリストかもしれません。

この点について、
ドラッカーは以下の名言を残しています。

「現在どの仕事と取り組まないでおくか
という決定をなし、そして、あくまでも
その決定を忠実に守る事が困難なのである」
『経営者の条件』

大切な事に取り組まなければいけない時間に

何の成果も上がらない電話対応や
どうでも良いメールチェックをしては
いけないと言う事です。

こういった事は今すべき事でない
NOT-TODOリストを実行している
典型的な例とも言えるのです。

「やる事を決めたら
やらない事は自然とやらないだろう・・・」

と考えている人もいるかもしれません。

しかし、意外にも明確にしておかなければ
私たちの脳はすぐに他に目移りをするのです。

愛する奥さんがいれば
他の女性に目移りしないと

断言できる男性がどれほどいるでしょうか。

コミットメントというのは
常に明確さが要求されるのです。

優先順位と劣後順位は全て大切

NOT-TODOリスト
やらないことを決めるだけで、
時間は有意義に使えます。

例えば、

イギリスの数学者であり、天文学者の

スティーブン・ホーキング博士は、

現代を代表する数学者であり、
科学者としての業績を上げていますが、

ご存知の通り、不治の病に冒され、
身体が不自由です。

車いす生活でタイピングで
意思疎通をする訳ですが、

他の人より、時間的、肉体的な
障害があったとしても、

時間を上手く使うことで
偉業は達成されるのです。

ホーキング博士自身、
ご自身の著書内でこう語ります。

「診断を下される前の私は、
人生に飽き飽きしていた。

やる価値のあることなど一つも
ないように感じていた。

けれども退院した直後に、
自分が処刑されようとする夢を見た。

私は突如気づいた。

執行猶予が認められるなら、
自分にできること、やりがいが
あることはたくさんあるのだと。

(中略)

実際、私の将来には暗雲が
たれ込めていたが、

自分でも驚いたことに、
以前よりも生活をエンジョイしていた。」

そうです。

もしあなたが人生を充実させたい、
成果を向上したいと願うなら、

忙しい、時間がないと愚痴る前に、

まず時間の使い方をチェックすべきなのです。

そして、
todoリストとnot-todoリスト、
優先順位と劣後順位を全て把握して、

自分の行うタスクを管理することが
タイムマネージメントの秘訣の一つなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>