仕事、勉強に役立つ約束、宣言、コミットメントの効果とやり方

仕事、勉強に役立つ約束、宣言、コミットメントの効果とやり方
今回のテーマは、

仕事、勉強に役立つ約束、宣言、
コミットメントの効果とやり方

について紹介します。

宣言や宣誓と言えば、

裁判所で「嘘はつかない」と
裁判長に宣誓したり、

アメリカの大統領が就任時に
宣誓演説をする場面など
思い浮かべるものですが、

自分がとる将来の行動を明らかにし、

必ず実行すると
約束したものやその行為を

コミットメントと呼びます。

またそうした約束をする事を
「コミットする」と言いますが、

これは学習にも応用できます。

前回紹介した、勉強の目標を
何かに書き留めると言うのは、

自分の将来とる行動について
コミットしているものに他なりません。

そしてその目標が書き留められたもの
がコミットメントなのです。

目標をコミットメントする
と言う方法はいろいろな形があります。

学生時代に受験勉強で

「○○大学合格」

などと紙に書き出して
机の前などに貼った
経験があるかもしれませんが、

大人になれば最も一般的なのは
手帳に書き込むと言う事です。

またドラッカーのように、

目標とその結果のみを記す
独立したノートを用いる手もあります。

さらに年間スケジュール帳を
利用しているのであれば、

ページの一定スペースを
目標記入ページにすれば良いです。

これなら目標の一覧表示も
ぐっと楽になるに違いありません。

最初はいろいろな方法、やり方を
試してみてフィットする方法を
使えば良いでしょう。

スポンサーリンク

コミットメントは宣言して効果が生まれる

ところで、コミットメントには
その表現形態により、

約束力や信頼力が
高まったり低くなったりします。

コミットメントもスキルなのです。

例えば、領収書の裏に
走り書きしたようなコミットメントの
信頼性はあまり高くありません。

すぐに忘れて言い訳に直行です。

一方で、わざわざ買ってきた
画用紙にコミットメントを清書して
リビングに張り出すとともに、

家族に目標とする成果を
発表し宣言したとします。

このコミットメントは、
手帳にこっそり書き込んだ
コミットメントより

信頼度が非常に高くなります。

つまり実現化する確率が高まります。

公にしたコミットメントは、
それが本当に達成されるのかを

周囲に監視される事になるからです。

いい意味でプレッシャーがかかり、
サボる事、逃げる事ができなくなります。

手帳の隅に書き込んだコミットメントは

達成できなくても誰にも
怒られないですし恥もかきません。

なので簡単にコミットを
反故にするケースが多いです。

この辺りの人間心理を理解して
上手くコントロールするのが、

上手いコミットメントのやり方なのです。

仕事、勉強に役立つコミットメントのやり方

以上のような事から、
目標のコミットメントは、

私的に隠すよりもオープンにする方が
その拘束力は強くなりますし、

これは仕事にも勉強にも使えます。

少し勇気が要りますが、一度宣言
してしまえばやるしかなくなります。

信頼している人と約束をして
それを破れないと言うモチベーションは
かなり高いものです。

ダサいと思われたくない、
みっとも無い所を見せられない、

という気持ちも強くなります。

奥さんや子供たちから

「またまたコミットメント通りに
いかなかったわねえ〜」

何ど言われて、平気でいられる
人はそうそういないでしょう。

俄然、目標達成を
目指して努力する事になります。

自分で行動を起こすきっかけになります。

つまりコミットメントを
オープンにすると言う事は、

退路を断つ事に他なりません。

そう言う意味でも成功というのは
一人の力だけではうまく行かないものです。

周りを上手く巻き込むほど
パワーは増えて行く訳です。

このシステムが目標を
達成するための力強いエンジン
として働くようになり、

目標達成まで行動し続ける
エネルギーとなるのです。

もちろん仕事にも勉強にも応用できます。

適切な約束、コミットメントで効果が出る

ただ、、

逃げ場がなくなり、
にっちもさっちもいかなくなる事もあり、

これをホールドアップ
(お手上げ状態)と言います。

宣言、宣誓は片手を上げるもので
両手を上げればそれは諦めという意味です。

あまりにプレッシャーがキツすぎると、
思考停止のような心理状態になります。

例えば

「3ヶ月で、行動心理学を究めなければ
もうお小遣い一切いらない」

などと言う恐れ多い
コミットメントは、

宣言したその途端に
お手上げになるのが目に見えています。

「来年は必ず1億円稼ぐ」
「一週間で10kg痩せる」

など極端で守れる可能性が極めて
低い約束をすれば逆効果になるのです。

出来なかったときに

「ごめん、あれは嘘」

何ど言えば、次回の
コミットメントの信頼性は
大幅に下落せざるを得ません。

目標は高くあるべきですが、
不可能な目標では意味がありません。

その辺りを勘案し、なるべく
コミットメントをオープンにして、

ホールドアップは配慮して
バランスよい目標達成のエネルギーに代える

自分の事を良く理解して、
上手くモチベーションを引き出す、

これが勉強でも仕事でも役立つ
コミットメントの方法と言えます。

以上、約束、宣言、コミットメント
の効果とやり方についてぜひ参考
にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>