時間の無駄にしない為、社会人の勉強に必要なのは具体的成果


今回のテーマは、

時間の無駄にしない為、社会人の
勉強に必要なのは具体的成果

について紹介します。

残念な事に、どれだけ
努力をしたとしてもこの世界の
全ての知識を知る事はできません。

さらに私たちには寿命があります。

有限の時間の中で
無限の情報がある…のであれば、

あなたの人生に必要な
情報を絞って学ばなければ

それは無駄になるとも言えます。

勉強と言えば、、

本を読んで教科書の内容を覚え、
テストで良い点を取る!

事と勘違いしている人もいますが、

そうではないのです。

社会人にとって

勉強テーマを決める際、
期限と同じく決めないと行けないのが

アウトプットする具体的成果です。

例えば、

「自分は行動経済学の概略を理解する」

「お腹が出てきたから
ダイエットノウハウを調べる」

というのは、
期待すべき具体的成果とは言えません。

これでは勉強テーマを
ただ決めるだけです。

具体的成果と言うのは、
できるだけ目に見える物であるべきです。

言い換えれば、

五感で感じる事ができるもの、
手に持てる物であるとか、
数字で表せる物です。

目標と言うのはこういった
具体的な成果と結びつける事が
きわめて重要なのです。

この点は何度も強調しておきたい
ポイントです。

スポンサーリンク

時間の無駄にしない為の社会人の勉強

具体的成果を明確にせず
勉強をはじめてしまうと、

結果も曖昧でうやむやになります。

ダイエットの知識も知っただけでは
お腹は減りません。

その知識を活かして
行動を変えて初めて効果が出ます。

どれだけ優れたテクニックを
知っていても、知っているだけでは無意味です。

社会人の勉強が中途半端に
終わるケースは、

目標が具体的成果と
結びついていない場合が多いのです。

では具体的成果として
もっとも典型的な形態が

勉強テーマに関する文章化です。

勉強テーマについて、
ひとつのまとまった文章にします。

これが具体的な成果物として
最も現実的な形態でしょう。

文章化の典型例は本にする事ですが、

現代社会では書籍にこだわる
必要も無いでしょう。

文章化にも多様なタイプがあり、

論文やレポートのような
文字形式もそのひとつです。

また、プレゼンテーションソフトを用いて
勉強した内容を整理する事も考えられます。

いわば学習内容のプレゼン資料化です。

時間の無駄にしない為、
こうしたアウトプットから
勉強を考えるべきなのです。

アウトプットで勉強のレベルが上がる

ブログに記事をアップしたり、
YouTubeで動画をアップする、

というのもアウトプットの
一つの方法として良いでしょう。

こういった物を作るには
たくさんのメリットがあります。

レポートや学習内容のプレゼン資料化では、
第三者に自分が勉強した内容を
分かりやすく説明します。

それをいざ文章化しようとすると

理解していたはずの内容を
うまく理解できないことがたびたび起きます。

これはいわゆす

「理解しているつもり」

と言う状態です。

勉強内容を文章化すると、

この理解しているつもりの
箇所が次々と明らかになります。

もちろんこれらの点ついて
さらに勉強しなければ行けないです。

つまり、勉強内容を文章にして
アウトプットする事は

より深く学ぶ事に他なりません。

自分の為になる訳です。

さらに、勉強内容を
自分の言葉で文章化する事で、

勉強した内容がより強固に
頭の中に定着すると言う効果もあります。

これは文章化すると言う行為が、
勉強内容を記憶に深く刻み付ける
と言う作業に他ならないと言う事でしょう。

勉強の具体的成果として
更なる知恵の定着を促すのです。

本来、こういった成果物は
義務や責任と結びつくのが好ましいです。

社会人の勉強に必要なのは責任感

例えばサラリーマンであれば、
上司から報告書の提出を求められたら

期限通り報告書と言う
成果をアウトプットするはずです。

これはその提出が義務であり
責任であるからです。

学生でも教授にレポートの
提出を求められる事がありますが、

やはり大人は責任感が違うものです。

期限に遅れるとか、
成果物にならないとか、
なったとしても質的に満足いかない、

そんな問題が生じれば
仕事上きわめて具合が悪いです。

なので厳しい期限と明確な成果物は

それを実現する上での
大きなモチベーションとなるのです。

ただプライベートな勉強の場合、
こういった動機付けが弱くなります。

ちょっとくらい期限に遅れても
怒る人は誰もいないし、
誰にも迷惑をかけません。

いい加減な成果物をアウトプットしても
職務上の危機に瀕する事もありません。

成果物を全くアウトプットしなくても
まったく問題がないなのです。

問題が無いと言う事が問題です。

なのでプライベートな勉強で
成果を上げようと思ったら、

厳しい自己管理が不可欠になります。

ここでもマネージメントの
スキルが重要になってくるのです。

具体的なアウトプット手法
については今後も詳しく紹介しますが、

時間の無駄にしない為、社会人の
勉強に必要なのは具体的成果なのです。

この点を肝に銘じ、勉強する上で、
目標と具体的成果を結びつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>