ドラッカーの説く目標管理と改善の効果を仕事に活かす方法

ドラッカーの説く目標管理と改善の効果を仕事に活かす方法
今回のテーマは、

ドラッカーの説く目標管理と
改善の効果を仕事に活かす方法

について紹介します。

成功の為に必要なことは
非常にシンプルです。

それが目標管理です。

目標を定め、

そこに向かっている過程で
適切なフィードバックをする

目標と自己規律による
行動マネジメントを

しっかりできれば良いだけなのです。

個人の成果なら自己目標管理が、
組織の成果なら組織の目標管理が、

必要と言うことです。

グスタフ・マーラーという
指揮者がいます。

彼は1910年になんと1030名もの

演奏家が参加したオーケストラとして
演奏したイベントがありました。

そのオーケストラでは、

その場に居合わせた誰もが
想像を絶するほどの感動を味わい、

当時の音楽家たちのマーラー賛美は
非常に高いものとなっていますが、

指揮者の仕事と言うのは

マネジメントの極意を
言い表していると言っても良いでしょう。

スポンサーリンク

目標管理とマネジメントのパワー

指揮者のマネジメント目標管理が
しっかりしていればいるほど、

どれだけ大勢の演奏家がいても、
ハーモニーを生み出すことができるのです。

団員全員が共通のスコア(総譜)
を手にしていること(目標)

それに向かって適切に自己規律を持って
達成目標を目指す姿勢、

リーダーが示す明確な目標が
定められていればいるほど、

全員が共通の目標に向かって
力を貢献できるのです。

前回紹介した、

勉強に効果を発揮した
ドラッカーの目標管理ですが、

これは当然ながら仕事にも活かせると

学生時代の勉強だけでなく、
職に就いてからもドラッカー自身は、

目標を設定しそれを定期的に
検証する事の重要性を
認識する経験があったと語っています。

漠然とやればどんなジャンルであれ
成果は出ないと言うことです。

彼のその理論だけでなく、
実体験から目標管理の重要性や
活用法を考えてみましょう。

ドラッカーの説く目標管理と仕事術

ドラッカーがドイツの有力夕刊紙
フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー
の編集者として働いていたとき、

フランクフルト1の
発行部数を誇る同誌の編集長は、

エーリッヒ・ドンブロウスキー
と言う50歳くらいの男で、

ドンブロウスキーは
若手の指導に熱心で、

毎週1回部下の仕事ぶりに
ついて話し合うほか、

年に2回、部下が半年
やってきた仕事について
徹底的に検討したと言います。

検証項目は次の通りです。

・半年間でやった優れた仕事は何か
・一生懸命やった仕事は何か
・お粗末な仕事や失敗した仕事は何か

これらについて話し合った後、
さらに2時間ほどかけて
次の半年間の仕事について話し合います。

検証項目は次の通りです。

・集中すべき事は何か
・改善すべき事は何か
・勉強すべき事は何か

この話し合いで、仕事の
新しい目標が決まり、

次の半年がスタートします。

実行から検証の周期こそ
長くなっているものの、

やっている内容は
エルザ先生の学習法、

すなわち目標を設定し
分析しフィードバックする
目標管理の手法と変わりがないのです。

目標管理と改善の効果を仕事に活かす方法

ただドラッカーは仕事をする中でも

始めからこの目標管理を
習慣にしていた訳ではなかったようです。

これが習慣化されるのは
ドラッカーがアメリカに渡って
大学教授になった1940年始めの頃です。

この頃ドラッカーは、
ドンブロウスキーが実践していた
方法をふと思い出したと言います。

以来、毎年1回、1年の計を
立てるとともに次の1年の目標を
考える時間を持っていたと言います。

そしてドラッカーは60年間、
この目標と自己管理による
マネジメントを実行したのです。

その手順を簡潔にまとめると
以下のようになります。

1.対象とする領域を明らかにする
2.その領域での具体的な目標を明らかにする
3.目標達成のための行動計画を立てる
4.計画を念頭に実行する
5.目標と結果を比較検討し、次の行動にフィードバックする

これがドラッカーが実践した
目標管理の基本手順です。

この基本手順は仕事でも
勉強テーマにも適応できるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>