強み、弱み、機会、脅威、経営戦略SWOT分析を学習に活かす

強み、弱み、機会、脅威、経営戦略SWOT分析を学習に活かす
今回のテーマは、

強み、弱み、機会、脅威、
経営戦略SWOT分析を学習に活かす

について紹介します。

前回勉強テーマの設定として
強みの分析と言うポイントを紹介しました。

この分析をもっと深ぼりする為に、

さらに今回は、機会という
ポイントに着目してみてください。

「強み」「弱み」「機会」「脅威」

は経営学で言うSWOT分析を
構成する4つの要素ですが、

「強み(Strengths)」
「弱み(Weakness)」
「機会(Opportunities)」
「脅威(Threats)」

の4つの頭文字をとって
SWOTと呼びます。

一般的に、SWOTは

ビジネス環境の分析や戦略の
制定のフレームワークとして
利用されています。

アメリカのビジネススクールで
よく使われる例では、

アメリカの鉄道と航空業界の
ケーススタディが紹介されます。

昔アメリカでは、
鉄道が陸上における旅客運送については
独占的な状況であったため

航空業界の誕生と
その成長に対して鈍感で、

手遅れになるまで競合相手として
認識しなかったそうです。

意外な競争相手が視覚から
現れる事は多く、

こうした視点からの分析が
重要と言われています。

前回紹介したように、

自分の強みを活かす為に、

自分の強みと弱みを
認識する事は重要です。

しかし、

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

というように、外部要因も
分析する事で盤石になります。

ビジネスは常に自分だけでなく
相手がいる訳ですから。

また、この経営戦略SWOT分析を
学習に活かす事も可能なのです。

スポンサーリンク

強み、弱み、機会、脅威と経営戦略SWOT分析

客観的に自分を把握する為に
このフレームワークを使ってみましょう。

まず組織の内部環境について
「強み」と「弱み」を分析します。

同様に、組織を取り巻く

外部環境について
「機会」と「脅威」を検討します。

機会と言うのは、
将来のトレンドを考慮した際の
絶好の時期、

すなわちチャンスの事です。

一方で脅威と言うのは、
自分にとって不都合な状況や
要因をさします。

いわば将来のどこかで
ぽっかりと口を開けている
落とし穴のようなものと考えられます。

このSWOT分析では

内部環境(強みと弱み)
外部環境(機会と脅威)

を入念にチェックして
経営組織の戦略を立案する点が
大きな特徴です。

そのときに最も重要視するのが、

内部環境の強みと外部環境の機会です。

強みを活かせたら、
その分野で充分勝負できるでしょう。

しかしヒット続きでなかなか
ホームランは出ないかもしれません。

チャンスをつかめば、
大きな波に乗る事ができます。

しかし、それでは
どうしても運に頼らざるを得ません。

ここでです。

絶好の機会に最大の強みを
ジャストミートできたら、

ホームラン並みの大きな
成果を得られる事は間違いありません。

また二義的ではありますが、
脅威によって弱点を突かれないように

万全の体制をとっておく事も
重要になります。

以上を勘案して戦略を練るのが
SWOT分析の定石です。

例えば、

ウォークマンを生み出しヒットさせた
ソニーがどのようにアップルと言う
競合相手をSWOT分析したのか、、

など考えれば興味深いですし、
戦略的思考は身に付くでしょう。

経営戦略SWOT分析を学習に活かす

ビジネスにおいては、

競合商品とのコスト、性能、
機能の比較表があるとして、

この3つの比較基準のうち
どれが決め手なのか見解が
分かれる事も少なくありません。

こうした同業者間の比較について
質問をする際に有効なひな形が
経営戦略SWOT分析なのです。

そしてSWOTを活用できるのは
何も経営組織の戦略立案ばかりでなく、

個人の戦略策定にも活用できます。

また勉強テーマの設定にも
利用価値が高いのです。

前回までに紹介している
勉強テーマの設定の基準は、

自分自身の「強み」と「弱み」を
認識して、

「弱み」ではなく「強み」に
焦点を合わせると言うものでした。

つまりSWOT分析で言えば
自分自身と言う内部環境に
フォーカスしたものと言えます。

しかし、自分自身の事ばかり
考えていたのでは、

独りよがりになるのは当たり前です。

同じ計算が得意であっても

そろばんのスキルを武器にする
会計のスキルを武器にする

では違いが生まれるのは当然です。

いくら自分が好きで強みがあると言っても、

世間で全く注目を浴びないものであれば、

それは社会人が成果を出すための勉強
とはいえません。

ただの趣味の勉強で終わってしまうのです。

なので外部環境にも目配りした
勉強テーマの設定が欠かせないのです。

そのときに基準となるのが「機会」
と言う事です。

アップルはこのSWOT分析による
競合他者を分析が得意と言われていました、

スティーブ・ジョブズは
独創的な人で、新製品はいつも
革新性を感じさせるものでした

ただ、同社の秘密主義は有名であり、

恐らくこうした分析もかなり進んでいたのでしょう。

イノベーションには多角的な分析が
必要という事でしょう。

強み、弱み、機会、脅威という
内と外から自分と自分のビジネスを
見直す事は、

戦略を立てる第一歩として重要です。

ぜひ時間をとってこのSWOT分析を
学習に活かすようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>