社会人と学生の勉強の違い、効率的な学習のコツは計画にあり

社会人と学生の勉強の違い、効率的な学習のコツは計画にあり
今回のテーマは、

社会人と学生の勉強の違い、
効率的な学習のコツは計画にあり

について紹介します。

ナポレオン・ボナポルトは、

軍事行動を極めて緻密に
計画した人物として有名です。

興味深いのは個々の
軍事行動が最初から最後まで

計画通りに進んだことは
一度もなかったそうですが、

それでも彼は体系的な計画、

そして考えられる限りの
全シナリオの徹底検討により、

何度も成功を手にしたのです。

ビジネスマンである私たちも、
勉強、仕事において、

計画を立てることは大切です。

しかし計画通り行くことはない訳ですが、

慎重に計画を立て、準備し、
徹底的に考えることで、

不測の事態に対しても
柔軟に臨機応変に対応できるのです。

そして、社会人の勉強のコツは
計画にあります。

これはピータードラッカーの
勉強法の基本的な方針は、

「3ヶ月と3年」という

長期型勉強が参考になります。

スポンサーリンク

社会人と学生の勉強の違い

学生時代のように
与えられた課題を学ぶのでなく、

結果を出し効率的に学ぶためには
社会人は勉強の計画を立てる必要があるのです。

学生時代は、あらかじめ
先生がいて、宿題があって、
やるべきことも向こうが決めます。

しかし、社会人は自分から
動かない限り、

フィードバックもやるべきことも
自分のレベルの把握も分からないのです。

だからこそ効率的な学習の
コツは計画にあるわけです。

そして計画にもスキルが必要です。

たいていの場合計画を立てるとき

あまりに楽観的に考えたり、
悲観的に考え過ぎる場ありがあります。

「今の調子が今後も続く、
そしてこれからの将来も明るい」

とただポジティブなイメージを
すれば良いと言う訳ではありません。

詳しい具体的な例は
次回以降紹介して行きますが、

まずその勉強の流れの
全体像を見ていきましょう。

大まかには4つのステップです。

1.勉強テーマを決める

2.勉強計画を立てる

3.インプットする

4.アウトプットする

効率的な学習のコツは計画にあり

つまり3ヶ月、あるいは3年の
勉強のテーマを決め、

計画を立て、情報をインプットし
成果をアウトプットすると言う事です。

あまりにも当たり前に
聞こえるかもしれませんが、

頭で分かっていても
実際にできていない人も多いと思います。

特に2つ目の、勉強計画を立てる

と言う事ができていない人は
案外多いのではないでしょうか。

この勉強計画を立てると言うステップは、

以下の点が重要になります。

まず目標を決め、
その達成度を検証し管理する

と言う事、

計画能力を高める方法が
「フィードバック」です。

学生の勉強は先生による
フィードバックがありました。

しかし社会人になれば
なかなか適切なフィードバックが
得られません。

また万人に平等に与えられた
「時間」を有効に管理する事も
欠かせない事です。

さらに何をすべきか、何をしないのか、
TODOやNOT TODOを明確にし、
要するに優先順位を決める必要があるのです。

こういった勉強の計画は
3つのステップに細分化できるので、

社会人の勉強は効率化するのです。

このステップを通じて

またテーマの設定から
成果のアウトプットをするまでが

ドラッカー流の勉強法を
疑似体験すると言う事でもあります。

そしてこのスキルはもちろん
仕事にも生かせるようになり、

個人的な成果が出るようになるでしょう。

そしてそれが組織を管理することにも
上手く活用することができるようになり、

有能なリーダーになれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>