経営の神様ピーター・ドラッカーの学習法、学ぶことへの追求


今回のテーマは、

経営の神様ピーター・ドラッカーの
学習法、学ぶことへの追求

について紹介します。

古今東西の偉人の知的生産の方法、

つまり学習法、勉強法
というのは気になるものです。

そして「20世紀の目撃者」と呼ばれる
経営の神様ピーター・ドラッカーも同じです。

ドラッカーは、

大学の教授職にありながら、

教室や学者から学ぶよりも、
自ら書き、教え、聞くことで
学び続けました。

若いことは上司から、
そしてその後はクライアントから
多くを学んだのです。

インターネット革命による
激動を経た現代でも、

ドラッカーの原則は健在であり、

むしろ知識社会にとって
学習法というのはより重要性を
増してきています。

そういった学ぶことへの姿勢を

知の巨人から教わることは
重要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

知の巨人の特殊な学習法

確かに幼少期、青年期から
天才の片鱗を見せていました。

小学校時代から飛び級をし、
17歳で大学に入りながら、

貿易商社で見習社員となり、

自活しながら勉強していました。

しかしドラッカーの思想の萌芽は、

大学ではなく市営図書館で
形成されたと言います。

ドラッカーの業績を考えると、

なぜ90歳を過ぎても
執筆意欲が衰えなかったのか、

不思議に感じます。

おそらくその背景には
ドラッカーなりの実践した

何か特殊の営みや
学習法があったのであろうと、

推測できます。

この推測が正しいのであれば、

ドラッカーは一体どんな
方法を使ったのか?

という学習方法が知りたくなります。

ドラッカーの学習法を学習に応用する

ドラッカーに触れ、
ドラッカーを知る者であれば、

このような思いを持つ
のではないでしょうか。

しかし、数ある著作の中で、
ピーター・ドラッカー自身が、

知識生産の技術や、学習法、
について書かれた本は

残念ながら存在しません。

仕事で成果を上げる流儀を記した
『経営者の条件』という本は、

ある意味、ドラッカーの
学習法について公開した
著作と言えなくもありませんが、

別の著作、例えば
『傍観者の時代』などでは

ドラッカー自身が
いかに勉強していたか、

といったその歩みが見られたりします。

日経新聞の「私の履歴書」
の連載をまとめた

『ドラッカー20世紀を生きて』でも、

ドラッカーの学習法の秘密が
いくつか解き明かしています。

このテーマではそんなドラッカーの
学習法や学ぶことの姿勢を
紹介して行きたいと思います。

ドラッカー流学ぶことの大原則

1994年、

ドラッカーはハーバード大学で
講演を行っており、

そこでは知識労働と知識社会に
関する原則を明示しています。

・継続学習が不可欠となる

・知識の収集と適用が重要度を高め、

個人、企業、産業、ひいては
国の競争優位の源泉となる、

・リーダーシップはあらゆる
個人に開かれたものとなる

・個人、組織、産業、国は
極度に競争的となる

・理論知のみでは不十分となる

・他者の理解が不可欠となる、

相互に専門知識を統合することが
必要になる

・仕事を行うには組織を必要とする

・知識に階層はない、
状況が必要とするものが
正しい知識である。

・・・

彼は農業やブルーカラーに
従事する肉体労働から、

知識労働への移行について述べ、

知識労働者にはキャリア選択
の道が開かれており、

もはや親の職業に縛られる
ことはないとしました。

そして現在実際に、
知識労働社は、統治的階層

とまで言わなくても、
代表的階層になったのです。

実はこの講演は、インターネット
革命が起こる直前のことでした、

グーグルが現れる4年前、
ヤフーが世に出現しつつある

そんな時代の教えなのです。

それから、時代が経て、、

学ぶことの重要性は
ますます高まっていると言えます。

経営の神様ドラッカーから学ぶこと

ドラッカーは言います。

知識労働者の条件は、

…「教育、学習である」と

以上をふまえて、、

確かにドラッカー自身は
学習法をそのままテーマにした
作品はなかったですが、

著作の端々で関連する手法を
公開してきたと言えます。

彼の学習スタイルは

シンプルに言えば、

あらゆるものを深く読み込み、

そこで吸収した全てを
自らの思考の糧とし、

それが彼を成功に導きました。

そしてその学習法は、

やる気さえあれば誰でも可能です。

そして現代でも十分成果が
保証できるやり方なのです。

これからこのサイトのテーマではまず、

そんな経営の神様ドラッカーの

著作のあちこちに
散らばったドラッカーの学習法、

知的生産法のテクニックを集め、
それを再構築して紹介します。

私自身学生時代から
何かに付けてドラッカーの本を読み、

仕事や生活に応用してきました、

ドラッカーはあらゆる組織に
ミッションが書かせないと言いましたが、

自分がドラッカーを学び
役立ててきた方法をまとめ提供することも、

私のミッションと言えるかもしれません。

このサイトを見てくれるあなたも、

少しでも何かの気づきがあれば、
私のミッションは達成されたことになります。

経営の神様から学べることは
想像以上に多いです。

ぜひ楽しみながら読み進め
あなたの成功のサポートになれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>