ピーター・リンチに学ぶテンバガー、有望株を見つける投資哲学


今回のテーマは、

ピーター・リンチに学ぶテンバガー、
有望株を見つける投資哲学

について紹介します。

運用会社に在籍し、
株式投資に関わっている

プロの運用者の中で

ピーター・リンチの名前を
知らない人は恐らくいないでしょう。

それくらいこの業界では
著名なファンドマネージャーです。

ピーター・リンチは

アメリカ大手投信会社である
フィデリティ社に在籍し、

フィデリティ・マゼラン・ファンドの資産を
在任中の13年間で700倍に成長させた
伝説の天才的ファンドマネージャーです。

1977年に彼が運用を
引きついた当初、

1800万ドルの運用資産
にすぎなかったのですが、

その後、彼の抜群の成績に惹かれ、
投資家からの資金がどんどん集まり、

巨額ファンドに成長します。

次のファンドマネージャーに
バトンタッチした1990年には、

ファンド総額は140億ドルに
達していました。

スポンサーリンク

ピーター・リンチに学ぶテンバガー発掘法

そんな彼の投資スタイルは、
著書「ピーターリンチの株で勝つ」

の副題にもあるように、

「アマの知恵でプロを出し抜け」

個人投資家が買ってから
10倍になる株「テンバガー」
をどのように発掘すべきか、

と言う意欲的なテーマを追いかけています。

彼自身、数多くの失敗をしたものの、
結局それ以上の成功を
収めてきたと言います。

その体験談から投資の原則を
著書でまとめています。

株式投資をする人間なら、
誰だって大きく成長する株に
投資したいと考えるものです。

もしそんな会社を誰よりも早く見つけ、
投資することができれば、

少ない投資額で大きなリターンを
手にする事ができます。

しかしそんなものが簡単に見つかるはずない、、

有望株を見つけるのはとてつもなく難しい。。

と誰もが思っています。

しかしそんな思い込みに
「NO」というのがピーター・リンチです。

ウォーレン・バフェットと
チャーリー・マンガーの信念も

「自分が理解できない企業には投資しない」

と言うものですが、

リンチは

「クレヨンで説明できないアイデアには
決して投資するな」

と言います。

これはプロアマ問わず誰もが
心しなければ行けないでしょう。

投資成功のコツと言うのは、

事業内容を理解するのが難しい
天才的な分析力が必要、、

という訳ではないからです。

ピーター・リンチの有望株を見つける投資哲学

彼は投資のプロですが、

一方で株式投資においては
「アマチュア的な視点」が必要だとも考えています。

むしろ、プロの言う事に
惑わされては行けないと警告します。

例えば、
有望株を見つけることに関しては、

時にウォール街のアナリストよりも
アマチュアの方が有利であると彼は言います。

例えば、最近町にできた
ドーナツ屋さんが美味しくて人気だ

とあなたが気づいたとします。

それをピーター・リンチはこう言います。

「メリル・リンチのアナリストが
ダンキン・ドーナッツの株に気づくのは
2ドルから10ドルへと5倍ほど上昇した時であるが、

あなたなら2ドルの時点で
既にダンキン・ドーナッツの業績が
伸びている事に気づいたはずだからである」

つまり、将来成長する株は
証券会社の推奨する株だけとは限りません。

テンバガー、有望株を見つけるアマチュア投資

リンチは小売り企業への投資が
得意でした。

いつでも消費者になって
そのサービスを体験する事ができるし、

ビジネスの進展度合いを
容易にチェックする事ができるからです。

普通人が食べ物やファッションに
お金を使う事は、

消費となってしまいますが。

投資家の視点をそこに加えれば、

財産を築く為の絶好の材料になるのです。

自分が暮らす街、日ごろ利用するお店、
日常的に利用しているサービスの中にいくらでもあり、

そうしたアマチュアの目で見た
「これはすごいぞ」「このサービスは良いな」
という発見の中に、

テンバガー、有望株を見つける種
将来成長する株が案外あるものだ
リンチは話します。

例えば、ケンタッキーやマクドナルドなど、
好んで使っていた人たちは、

「こいつは良いぞ、株はどうなってるんだ」

と思うチャンスがあったと言う事であり、

そんな気づきが周りにあるはず
というのがリンチの考え方です。

「テンバガー(10倍上がる株)を見つけるには
まず自分の家の近くから始めることだ、

裏庭になければ、商店街や、職場である。

成功の最初の兆しは地域のいたるところで
見つけることができるはずだ」

ピーター・リンチが教える
有望株を発見する極意

身近にある宝を見逃して
ウォール街が発信する宝を追いかけたところで

ウォール街の住人ほどの
成功をするのは難しいと言う事でしょう。

彼の言葉で

「ファンド・マネージャーは足で稼げ」

と言う言葉もあります。

プロの投資家ほど、的外れな
事に多大な時間を割いている場合が多いです。

最新のソフトウェアを揃え、
様々な情報サービスを導入し分析するものの

企業の調査をしないのであれば、
無駄と言うのが彼の考えです。

人に依存して思考を放棄しては
富を築く事はできません。

とにかく自分の目で頭で
調査をする事が、

テンバガー、有望株を見つける
投資哲学ということです。

ピーターリンチの考え
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>