安田財閥創始者、安田善次郎に学ぶお金のパワーと貯蓄術の知恵

安田財閥創始者、安田善次郎に学ぶお金のパワーと貯蓄術の知恵
今回のテーマは、

安田財閥創始者、安田善次郎に
学ぶお金のパワーと貯蓄術の知恵

について紹介します。

幕末から明治維新にかけての
経済的動乱の時代に、

飛躍を遂げた人物として知られ、

金融、財界の巨頭として
絶大な権力を誇った日本の資産家、

安田財閥の創始者
安田善次郎は

幕末、富山の貧しい半農藩士の
息子に生まれ、

生活に苦労する父の姿を見て育ち
次のような理由で商人になろうと決意します。

それは子供の頃、
藩の勘定奉行が借金している
大坂の商人の使いを

城下の外れまで
見送っている姿を目撃したことにありました、

封建制度の時代、

身分が高い武士、
しかも藩の重役が商人の
部下をわざわざ見送っている。。

そんな姿を見た時に
安田善次郎は

子供心に「世の中は金だ」
と悟ったと言います。

それ以来、寺子屋に通いながら
野菜や花など行商をしてよく働き、

稼いだお金を蓄えて行きます。

スポンサーリンク

安田善次郎に学ぶお金のパワー

善次郎の金銭哲学は

「金を生むのは金しかない」

お金のパワーを信じる力が強く

この信念が大財閥の基盤を
形成したのでしょう。

20歳の時、貯めたわずかな
小銭を持って江戸に出て、

玩具問屋と両替商に奉公します。

これ安田の金融業に乗り出す
発端となりました。

そして26歳で25両の蓄えを元手に
「安田商店」両替商として独立し、

実業家への道を歩み始めます。

明治13年には安田商店を
安田銀行に改組、

また日本で最初の生命保険会社
「救済五百名社」を設立、

地方銀行を次々に合併し、
日本銀行や南満州鉄道などの
創設に関与します。

安田財閥創始者、安田善次郎の貯蓄術

第一次世界大戦の勃発後、

日本の経済界は未曾有の
好況に恵まれ、

当時安田の支配する地方銀行は、
全国で20項を数え、

安田財閥の絶頂期を
迎えようとしていました。

安田が財界で羽振りを利かせる
のと反比例して、

強引非情な地方銀行合併や
株式市場の攪乱の元凶として

糾弾する声も高まります。

大富豪になってからいつも
つきまとっていたのは、

前代未聞の吝嗇漢、
今で言う天下のドケチ男…

という異名でした。

安田善次郎の貯蓄に関する
信念はとても強く、

当時の首相桂太郎が
ある慈善団体設立に当たり

三井、三菱の代表そして
安田を招いた時の事、

三井、三菱はそれぞれ100万円を
寄付しましたが、

安田善次郎は

「勲章と交換で出す銭は一銭もない。
そんなことで貧乏人は救えない」

と断り、

普段の口癖は

「この世の中は全て金。
金がないのは首がないのと同じだ」

と言い回っていたと言います。

安田財閥創始者、安田善次郎の生涯

無一文から一代で巨万の富を
築いた安田善次郎には、

お金にまつわる逸話が数多く
残っています。

老舗である三井、
政商である三菱と違い、

個人から叩き上げて金融資本で
日本最強の安田財閥を作りましたが、

拡大を急いだ為でしょうか、

あまりのも様々な毀誉褒貶を生み出し、

彼ほどその落差の激しい人物も
珍しいでしょう。

特に露骨な言動から非常な性癖など
誇大化して伝えられ、

ときに「冷血漢」「悪徳資本化」
と罵倒を受ける事も、

結果、大磯の別邸で84歳の時、
暴漢に襲われ殺されてしまいます。

お金のパワーと貯蓄術の知恵

安田善次郎は
寄付を嫌うなど守銭奴などと
悪口も言われましたが、

実際は匿名で東京大学、
安田講堂、日比谷公会堂を
寄付しています。

彼は一貫して金銭は力だと信じて
事業を大きくしていったのですが、

ただの貯蓄好きなケチなだけの
事業家ではありませんでした。

後年、彼は部下に

「明日のために蓄えるのは人間だけだ。

だから収入を使いきって
貯蓄しない人は鳥や獣と同じことだ」

と教えたと言います。

資産家になるには無駄なお金
使っては行けないのです。

そこから安田善次郎の

「収入の八割を持って生活し、
多は貯蓄するべし」

という教えは広まりました。

あなたは収入や給料の内から
少しでも貯金ができていますか?

もしそうでなければ
善次郎によれば鳥や獣以下になってしまいます。

しっかりと蓄えることは大切ですね。

ちなみにジョン・レノンの妻の
オノ・ヨーコさんは安田善次郎の曾孫です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>