コンラッド・ヒルトンに学ぶホテル王のイメージ力と思考法


今回のテーマは、

コンラッド・ヒルトンに学ぶ
ホテル王のイメージ力と思考法

について紹介します。

今や世界中に広がるヒルトンホテル
の創始者であり、ホテル王と呼ばれる

コンラッド・ヒルトンさん、

今では過去の人となり、
彼の曾孫である

パリス・ヒルトンのほうが
よく知られているでしょうが、

戦後、アメリカのビジネス界を
代表する成功者です。

彼の思考からビジネスの秘訣を
学ぶのは興味深いでしょう。

世界で最大級のビジネスと
ブランドを立ち上げた秘訣について

また大きな夢を持つことの重要性を
教わることができます。

スポンサーリンク

ヒルトンさんが最初にホテルを買ったのは

ヒルトンさんは本名を

コンラッド・ニコルソン・ヒルトン
(Conrad Nicholson Hilton, Sr.)

と言い1887年12月25日に
クリスマスの日に生まれました。

そして特に裕福であったわけでなく、
ヒルトンさんが最初にホテルビジネスを
始めたのが1919年。

後のヒルトンホテルになる
高級ホテルを買収したのが、
1930年のことです。

今では90カ国以上で4,000軒以上の
ホテルを運営しているヒルトングループですが、

当然最初はゼロからのスタートなのです。

そしてその成功の礎には
コンラッド・ヒルトンさんの
パッションとマインドがあります。

コンラッド・ヒルトンのイメージ力

ヒルトンさんの
成功哲学などを調べていると

彼の創造力、イマジネーションに
長けた思考法は興味深いです。

ヒルトンさんが最初にホテルを
買収するはるか前に

自分がホテルを経営する所を
イメージしていたそうです。

少年時代のヒルトンさんは

良くホテルのオーナーになる
遊びをしていたそうです。

幼少期から彼の脳内は
創造性を養っており、

そして、ヒルトンさんの成功は、
貴族の未亡人のものだった荒廃した物件を
購入した時から始ります。

彼はその手で美しさを取り戻し、

一級の物件として
生まれ変わらせました。

そこからホテル王の始りです。

ヒルトンさんの言葉で興味深いのが、

「最初の物件を見つけたとき

現状としてみるのでなく、
改装後のホテルとして

細部まで鮮明な写真を思い描いた」

と言います。

イメージの力を最大限に
利用している例と言えるでしょう。

コンラッド・ヒルトンのチャンスを捕まえる能力

後に国際的なホテルチェーンの
創設者として知られるようになった
ヒルトンさんですが、

彼がテキサス州の外で
ホテルを買ったときは既に
50歳に近かったのです。

でも、遅咲きであったことが
プラスに働いたそうです。

時間をかけてホテルの買収と
運営の経験を積み、

業界に精通することができたため、
ヒルトンのフランチャイズを
確立する頃には、

冒険をする必要がなくなっていたのです。

失敗してヒルトンの
名前に傷がつく危険が
なくなっていたと言う事です。

ヒルトンさんの成功の秘訣は、

何をしてよいか分からないけれども

大きなチャンスを
つかみたいと渇望している人に、

インスピレーションを与えてくれるでしょう。

ヒルトンが最初のホテルを
見つけたように、

思いがけない出会いや買い物、
或いは旅が

いつ人生を変えてくれるか分からないのです。

例えまだ人生の目的を
見つけていなくても、

豊かになりたいという夢が
叶えられなくても、

チャンスが訪れた時に
それを捕まえる準備ができているなら、

何も心配する事はないと言う事、

これこそがホテル王である
コンラッド・ヒルトンさんの教えです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>