F1レーサー佐藤琢磨に学ぶチャレンジの勇気と夢実現力の秘訣


今回のテーマは、

F1レーサー佐藤琢磨に学ぶ
チャレンジの勇気と夢実現力の秘訣

について紹介します。

F1ドライバーというモータースポーツの
頂点と言える最難関にチャレンジし続ける
佐藤琢磨さん

様々な壁やチャレンジを乗り越えながら
活躍していく彼の行動や思考から
色々なことが学べそうですね。

「やりたいと思った事は
とことんまでやる」

F1レーサーとして活躍する為には

ただ運転技術や才能を磨くだけでなく、

恐怖心など感情コンロトールする事、

世界で活躍する為の語学力や
また資金調達の奔走も欠かせません。

様々な才能を集結させて
夢の実現に向かう佐藤琢磨さん

彼の思考について少し触れて行きましょう。

スピードの世界の魅せられる幼少期

1977年、東京都生まれの
佐藤琢磨さんは

幼いころからタイヤがついている
乗り物が大好きで、

保育園の時から、
園内をキックボードで一日中乗って
遊んでいるような子供だったそうです。

人間の足では到達できない
スピートの世界を味わえる事に
魅力だったそうです。

家族旅行では、車を使って
ドライブに行くことが多かったそうですが、

助手席に座っていれば
幸せになってしまうような子供だったそうです。

子供のころから車が
とにかく好きだったそうです。

10歳の子供の時に、
家族で鈴鹿にF1日本グランプリを
観戦にいった所、

衝撃が走ったそうです。

そして中学生になると
「将来はF1レーサーになる」
という夢を抱くようになります。

やるからにはとことんやる

琢磨選手は学生時代に自転車競技の
世界に没頭します。

「やるからにはとことんやる」

こういったスタンスで何事にも取り組む
姿勢を大切にしていたそうです。

大学時代にはインターカレッジに
出場するまでの実力の持ち主だったそうですが、

19歳からレーシングカートを始めます。

モータースポーツの世界は
英才教育を受ける人が多く、

アイルトン・セナや
ミハエル・シューマッハなど

F1ドライバーに上がる人の多くは、
3,4歳のころからカートになっている人も
少なくないそうですが、

琢磨選手には経験がありませんでした。

一般的には遅いスタートだったそうですが、
様々なうよ曲折を経て遂に、

2002年にオーストラリアGPでF1デビュー

日本を代表するF1ドライバーの一人です。

自分を信じる事

そうして幼少期から憧れた
F1の全てを注いできた佐藤琢磨さん、

ひたすら良いレースをする事を考え、

その為にトレーニングで体を鍛え
千分の一秒でも早く走りたいと
常に努力しています。

より早く、より正確に
自分に満足することなく、
自分を高め続けています。

佐藤選手が、
インタビューで語っていたのですが、

自分を振り返ってみると、
モータースポーツの世界を
ほとんど知らなかったがゆえに

人ができる事なら絶対もできる
と無謀な自信を抱いた…

と言っています。

彼の成功哲学は、

夢を実現する為の原動力は、
自分の信じたことは
とことんやってみたいと言う思い

人がそれぞれ自分の限界を持っているのは、
それが自分の力で打ち砕くためのものだと思います。

どんな場面でも自分自身の
全力を尽くすのが大切なんですね。

ノーアタック・ノーチャンス

佐藤琢磨さんが大切にしている言葉は

「ノーアタック・ノーチャンス」

やりたいと言う気持ちを誰よりも強く
やりたい事に対して情熱を持ち続けていれば、

たとえハードルが高くても、
道は開けると信じていると

琢磨選手は言います。

2008年にスペインGPを持って
財政難により所属チームがF1から撤退、

F1の世界で活躍する為には、
才能や努力だけでなく、

その特殊性から経済的に
非常に負担のかかるスポーツです。

ノーアッタック・ノーチャンス

と思い続け、またF1復帰を目指し頑張っているそうです。

「始り」も「終わり」も
決めるのは自分自身です。

他人が何と言おうが自分が
「まだ終わらない、続けたい」

と心に決めているのであれば
終わることがないのです。

すべては自分の心がけ次第です。

F1という最難関のチャレンジをし続ける
琢磨選手は諦めない天才なのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>