天才的カリスマ、スティーブ・ジョブズの才能と成功の秘密


今回のテーマは、

天才的カリスマ、スティーブ・
ジョブズの才能と成功の秘密

について紹介します。

アップル社のカリスマ創業者

スティーブ・ジョブズは世界を変えた
天才的な経営者でした。

iMac,iPhone,iPad…

世界中をあっと驚かせるような
製品やサービスを世に送り出し、

ファンを熱狂の渦に巻きこんだ
スティーブ・ジョブズ

マイクロソフトの独壇場だった
IT業界にiMacで攻勢をかけ、

「トイストーリー」や「モンスターズインク」で
映画業界に革新をもたらし、

ウォークマン以降、携帯音楽プレーヤー市場の
トップを走っていたソニーをiPodで、

携帯市場をiPhoneで覆し、

私たちのライフスタイルを一変させた男、
それがスティーブジョブズです。

彼がこの世を去ったのが2011年10月5日

世界中で多くの人が彼の死を悼み、
涙を流しましたが、

巷では、ジョブズとアップルの
復活の謎を解き明かすための本などが
たくさん出版され、

彼の成功の秘訣や、
彼のカリスマ性の秘密を迫ろうとしました。

スティーブ・ジョブズの才能と成功の秘密

「なぜ彼は成功できたのか?」
「なぜ彼は世界を変えるインパクト
与えることができたのか?」

これは私が誰しも抱いている疑問です。

彼はなくなった以後も、
私たちの興味を駆り立てる存在です。

ジョブズは、英語で言う

Irresisitibility(抵抗できない魅力)

を持っていた稀有な才能の持ち主でした。

彼と付き合いのあったビジネスマンたちは
その才能を「現実歪曲フィールド」と呼びました。

「残りの人生を、砂糖水を売って終えるか、
世界を変えるチャンスをつかむか、

君はどっちを選ぶんだ?」

これは1981年に当時
ペプしコーラの事業担当社長だった

ジョン・スカリーを引き抜くため
ジョブズが発した

必殺の口説き文句と言われています。

スティーブ・ジョブズの人心掌握術

才気あふれるジョブズは
決して持論を曲げず、

気配りとも無縁の人であった為、
周囲に多くの敵を作りました。

その反面、人並みはずれた
理想主義者であった彼は、

希有な「人たらし」でもあったのです。

これが先ほどのフレーズです。

ペプシをただの砂糖水と
切って捨てる所がいかにも
ジョブズらしいですが、

こう言われればその情熱に
ほだされるしかないでしょう。

スカリーはその説得により
アップル社の社長を引き受けますが、

業績悪化に伴い二人はやがて対立、

ジョブズは、決算報告を受け取る為の
1株を残して持株を全て売却し、

辞表を叩き付けます。

このジョブズの始めての挫折も、

後にアップル再生へと繋がって行くのです。

天才的カリスマの才能と成功の秘密

彼の成功の秘訣は、

卓越した創造力、
美しいデザイン、
尽きる事のないパッション、
固い決意、
諦めない行動力、
商品への愛着とこだわり、
驚異のプレゼン能力、
IT革命というトレンド、

そして強烈なカリスマ性…

実に様々な要因が語られます。

しかしこれらはあくまでも一つの要素です。

ジョブズがこうした素質や能力を
身につけた「元となる根源」を
解き明かす決定打は、

未だ示されていないのではないでしょうか?

では、そもそもこうした素質や能力が
生れてきた根源にある「才能の秘密」

これが一体どこにあるか。

まだまだ解明されていない部分もあります。

人類の脳や心理の秘密を
このサイトで一緒に解き明かして行きましょう。

そして恐らく、ジョブス自身の
才能と成功の秘密は、

以下の言葉に隠されているのではないでしょうか?

天才的カリスマ、スティーブ・ジョブズの言葉

2005年6月12日

スタンフォード大学の卒業式で、
ジョブズが卒業生に送ったスピーチ

「点と点をつなぐ」スピーチは
あまりにも有名です。

名門大学でスピーチを
行ったジョブズ自身、

実は大学を卒業していません。

リード大学と言う所を中退した
ジョブズは、

コーラの空き瓶を売りさばいたりして
なんとか凌いでいたそうです。

一方で、ジョブズはこう考えました。

大学を中退したのなら、
カリキュラムに従う事はない、

好きな授業を受講しようと、

カリグラフィー(西洋書道)
の授業に潜り込み

それに夢中になったそうです。

一見これはパソコンと関係の
ないように思えます。

しかしこの経験がマッキントッシュの
コンピューター設計に役立ちます。

Macは美しいフォントを持つ
当時世界で唯一のコンピュータになったのです。

どこで何が役立つか分かりません。

だから今いる場所でしている事を
しっかりと身に付けた方が良い、

それが彼の言葉です。

「点と点のつながりは予測できません。

後で振り返って、
点の繋がりに気づくのです。

今やっている事がどこかに
繋がると信じてください。

その点がどこかに繋がると信じていれば、

他人と違う道を歩いていても
自信を持って歩き通せるからです。

それが人生に違いをもたらします。」

他にも、

「Stay hungry, Stay foolish」
(ハングリーであれ、アホであれ)

というフレーズは、世界中に人々に
たくさんの勇気を与えました。

私たちも今やっている事を
真剣に取り組む事が、

未来につながるという事を信じるべきでしょう。

そう知れば今の仕事にも
必ずやりがいが見つかります。

天才的カリスマ、スティーブ・ジョブズ
の言葉から学ぶ事は多くあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>