アンソニー・ロビンズに学ぶ脳を徹底的に使う成功哲学の極意


今回のテーマは、

アンソニー・ロビンズに学ぶ
脳を徹底的に使う成功哲学の極意

について紹介します。

独自の開発した成功哲学を広め、

個人や企業、プロスポーツチーム
などに指導、

世界ナンバーワンコーチと
称される彼は、

全米にとどまらず、
世界中に大きな影響を与えています。

彼の開催するセミナーには
世界中から多くの人が集まります。

そんなアンソニー・ロビンズが
考える成功哲学の極意

…それは

「自分自身の無限の可能性を信じる事です」

人間の信じる力
良き未来を作ると考えます。

まず良き事を信じ、

その為に毎日具体的な
小さな事を積み重ねて行く事、

簡単で、具体的で、誰にでもできる事が
大きな結果を導き出す

アンソニー・ロビンズに学ぶ
脳を徹底的に使う成功哲学の極意を
一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

アンソニー・ロビンズの成功哲学

アンソニー・ロビンズは

成功する為にまず学ばなければならないのは、

「コミュニケーション能力」

だと言います。

成功する人はみな
コミュニケーションの達人ですが、

何よりもも自分自身の声を聞く、

つまり、

自分とのコミュニケーション力に優れている

という事です。

ある出来事が自分にとって
どんな意味を持つのかを良く考えることで、

人生で経験する様々な事柄を
「成功」と「失敗」に分けるのでなく、

その「結果」を見ようとします。

結果について検討し評価し、
改善につなげる事は

あらゆる進歩の基礎ですが、

これを行うためには、
あらゆるものに対して心を開いて
いなければなりません。

私たち人間は失敗から学べる
「学習動物」なのです。

成功も失敗もひとつの行動で変わる

成功も失敗も、決して
たった一つの出来事からの結果ではなく、

小さな出来事の積み重ねなのです。

失敗と言うのは、

電話をかける事を、
もう1キロ歩く事を、
「愛している」と言う一言を、

怠った結果なのです。

逆に成功と言うのは、

積極的に小さな出来事を積み重ね、

忍耐強く、愛情を豊かに
行動した結果の現れなのです。

今日、起こす行動をまずは
少し成功に近づく一歩として
踏み出しましょう。

人生の成功に向かって今日、
あなたが起こせるシンプルなアクションは
なんでしょうか?

アンソニーは著書で

成功する人の7つの特徴を挙げていますが、

・情熱
・信念
・人生戦略
・明確な価値観
・バイタリティ
・愛情
・コミュニケーション力

の七つです。

これらの特徴は互いに関連していますが、
それぞれの特徴を自分自身に当てはめると

誰しもが学び実践できる
「成功法則」があることが分かってきます。

アンソニー流..成功への最短の道とは?

アンソニー・ロビンズ流の
成功への最も近い道というのは

「既に成功した人々の態度を見習う事」

と言います。

これはNLP(神経言語プログラム)
におけるもっとも基本的な考え方です。

NLPでは、あらゆる人間は
同じ神経組織を持っているので、

忠実に真似ることで同じ結果を出せる。

つまり

「他の誰かにできる事は自分にもできる」

と考えています。

この誰かを手本にして見習うと言う
行為は実は誰しもがやっている事なのですが、

大半の人はそれと意識せず行っています。

でも自分にとって役に立つ人や
技術を意図的に選ぶことができれば、

自分の運命をコントロールできます。

優れた師やメンターに恵まれる事に
越したことはありませんが、

これはアンソニーに言わせれば
絶対的な条件という訳ではありません。

読む事さえできれば、真似は可能です。

先人たちが成し遂げた偉業の例は
数え切れないほどで、

ここから学べないと言う方が難しい事です。

飲み会で酔っぱらった上司の
適当なアドバイスを真に受けたり、

同僚たちのゴシップ中心の
井戸端会議に加わっている暇はありません。

もしあなたがよりよい、
人生を送りたいと切に願うならば、

ゴシップやどうでもいいトピックではなく、

現実の中でも本の中でも構わないので、
手本となる成功者や相談相手を探すのです。

友人や家族ではなく、
こういった人々を見習うべき手本にすることが
大切なのだと言うのが

アンソニー・ロビンズ流の
成功者に学ぶという事なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>